犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬は体温調節が苦手?舌を出しているのは体温調節をしているの?

※当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。

 

【期間限定】Amazonで販売中の電子書籍を無料プレゼント!

当サイトのコンテンツがAmazonで書籍化されました!

 

今だけの期間限定で
現在もAmazonで販売している電子書籍を無料でプレゼント中です!

 

✅あなたの散歩方法は間違っている!?愛犬が最高に喜ぶ散歩術

 

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

よく犬は体温調節が苦手であるといわれています。

犬は全身が毛で覆われているため冬の寒さには強いのですが、
夏の暑さには弱くなっています。

 

 

これが犬は体温調節が苦手であるといわれている原因なのですが、
では、犬はどうやって自分の体温を調節しているのでしょうか。

今回は犬の体温調節法について説明します。
 

犬は体温調節が苦手?舌を出しているのは体温調節をしているの?

 

 

犬が舌を出しているのは何のため?

犬が舌を出して、荒い呼吸をしている姿を目にすることがあります。

実はこの舌を出して呼吸をするという動作が
犬の体温調節についてとても重要な役割を果たしています。

 

 

パンティングといわれるこの動作は荒い呼吸をすることで体内の水分を蒸発させ、
体温を下げるという方法です。

犬はパンティングの際に胸筋や横隔膜を使うことにより効率的に水分を蒸発させています。

 

 

しかし、このパンティングには大きな欠点があります。

それが、胸筋や横隔膜を使わなければならないため、
パンティングによって下げた体温が筋肉運動によって上がってしまうということです。

 

 

なので、パンティングによってある程度体温を下げてもすぐに体温が上がってしまうため、
このパンティングはあまり効率の良い体温調節法だとはいうことができません。

 

 

パンティング以外の体温調節法

このようにパンティング体温調節能力はあまり高くないため、
犬は他の体温調節法も持っています。

それが汗をかくことです。

 

 

犬は汗をかかないと思われがちですが、そんなことはなく、ある程度の汗をかきます。

熱い時に汗をかくことで気化熱を利用し、体温を下げているのです。

ですが、犬の汗腺は人間ほど多くはありません。

 

 

なので、犬は人間より汗をかく量が少ないのです。

汗をかく量が少ないということは汗の気化熱で下がる体温も小さいということです。

 

 

そのため汗を利用した体温調節もあまり効果が大きいとはいえません。

このように犬は体温調節が苦手なため、涼しい場所を求めます。

 

 

暑い日に日陰に入ったり、冷たいコンクリートの上に寝転がったり、
穴を掘ってその中に体を入れたりするのは暑いと感じている時に
少しでも体温を下げようとしているからです。

 

 

暑い場所で注意しなければならないこと

犬は体温調節が苦手なため、
飼い主が気を付けてあげなければならないことがいくつかあります。

犬は体温調節によって体温を下げることがうまくできません。

 

 

なので、犬が熱中症にかかる危険性はとても高いです。

犬の熱中症は悪化すれば最悪、命を落とす危険性があります。

 

 

なので、犬が熱中症にならないために犬の体温を下げる方法を考えなければなりません。

例えば犬が家にいるときには冷房を消さないようにするといったことです。

 

 

犬は全身を毛に覆われているため同じ気温でも人間よりも厚いと感じます。

なので、冷房をつけて犬の体温を下げる場合には少し低めの温度設定が
犬にとっては快適な温度になっています。

 

 

また、冷房をつける際に扇風機も一緒に付けておくと効率が上がります。

扇風機の風は犬の毛の中にこもっている熱を外に出す効果があります。

 

 

なので、扇風機と冷房を併用することでより効率よく犬の体温を下げることが出来ます。

他にも気温が高くなる夏になると犬の毛を短くするようにするというのも
犬の体温調節を手伝うことになります。

毛が短くなればそれだけ熱がこもりにくくなります。

 

 

なので、毛が長い時と比べると体温を下げやすい環境になります。

また、夏場には犬に水を与えることを忘れないようにしましょう。

犬の体温調節には水分が必要不可欠です。

 

 

パンティングの際にも体内の水分を使いますし、汗をかくのにも水分が必要になります。

なので、夏場には与える水の量を少し多くするくらいの考え方をするようにしましょう。

 

 

もし、水が切れていて犬が水分補給をできなくなってしまった場合、
脱水症状になる危険性もあります。

脱水症状によって命を落とすということもあります。

 

 

なので、犬の水が切れることがないように気を付けてください。

犬を熱から守る方法は他にもあります。

 

 

例えば夏場だけ散歩の時間を少し変更するだけでも犬の体を熱から守ることができます。

人間が考えているよりも犬は熱に弱いです。

 

 

なので、少しでも犬の体を熱から守るためにいろいろな工夫をしたり、
気を付けたりするようにしましょう。

 

 

犬の体温調節についてのまとめ

犬は体温調節が苦手?舌を出しているのは体温調節をしているの?

 

 

犬が舌を出しているのは体温調整をするためです。

パンティングと呼ばれるこの行動は犬が体温調節をするために行いますが、
体温調節機能はあまり高くありません。

 

 

犬は発汗機能も人間に比べて低いので夏場には
犬の体温調節について飼い主が注意しなければなりません。

犬が脱水症や熱中症になってしまうと最悪の場合、命を落としてしまう危険性があります。

 

 

なので、飼い主が様々な工夫をすることで
犬のことを熱から守ってあげなければなりません。

散歩の時間をずらすといった小さなことでも犬にかかるダメージは大きく変わってきます。

 

 

犬のエキスパート「西川文史先生」の犬のしつけ方法

雑誌「いぬのきもち」で創刊の年から監修を担当し、
テレビやラジオ等、幅広いメディアに多数出演されている
「西川文史先生」犬のしつけDVDが発売されました!
 

犬のしつけ革命~科学的に確立された犬の問題行動を改善する方法~【4000組以上の犬と飼い主に関わってきた犬のエキスパート 西川文二  監修】DVD4枚組

 

 

DVD購入後180日間は、何度でも西川先生に直接質問することも可能です。

西川先生に質問すれば、あなたの愛犬に合ったしつけ方法を、
西川先生が直接アドバイスしてくれますよ。

 

 

DVDの内容を実践されたにもかかわらず、
結果が全く出なかった場合はDVD代金を返金していただけます。

 

 

当サイト管理人の愛犬「コロタン」も
西川先生のしつけ方法でトレーニングしました。

その結果、散歩中の「引っ張りぐせ」や「拾い食い」「他の犬に吠える」といった
問題行動がすべて改善されましたよ。
 

コロタン

 

 

当サイトの読者さんも、
多くの方が西川先生のしつけ方法で、トレーニングされ、
様々な問題行動が改善されたとの報告も受けています。

安心の返金保証がついていますので、愛犬のしつけにお悩みの方は、
まずは西川先生のしつけ方法を試してみると良いですよ。

 ↓ ↓ ↓

西川文史先生の「犬のしつけDVD」の詳細はこちら

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の書籍がAmazonで独占販売中!

すべて、通常価格1,250円(税込)のところkindle版(電子書籍)が
今だけの期間限定で20%OFFとなる1,000円(税込)で販売中です!

このチャンスを見逃さないでくださいね♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




当サイトについてと愛犬「コロタン」のご紹介

コロタン

コロタン

こんにちは、当サイト運営者の長野康弘です。

当サイトにお越しいただき、ありがとうございます。

当サイトでは愛犬と楽しく生活するために、「子犬のしつけ方法」や「犬の気持ちについて」「犬の豆知識」等のコンテンツを掲載しています。

また、愛犬コロタンの日常や、旅行に行った時の様子などもご紹介しています。

詳しくはこちらのページでご紹介していますので、よかったらご確認ください。

当サイトについてと愛犬「コロタン」について詳しくはこちらをご覧ください。

また、当サイトのコンテンツがAmazonで書籍化されましたので、Amazonで販売中の書籍についてもご紹介しています。

こちらのページを最後までご覧いただいた方には、Amazonで販売中の電子書籍を無料でプレゼントしていますので、ぜひご覧くださいね。

当サイトについてと愛犬「コロタン」について詳しくはこちらをご覧ください。

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。


スポンサーリンク