犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬は体温調節が苦手?舌を出しているのは体温調節をしているの?

よく体温調節苦手であるといわれています。

は全身が毛で覆われているため冬の寒さには強いのですが、
夏の暑さには弱くなっています。

 

 

これが体温調節苦手であるといわれている原因なのですが、
では、犬はどうやって自分の体温を調節しているのでしょうか。

今回は犬の体温調節法について説明します。
 

犬は体温調節が苦手?舌を出しているのは体温調節をしているの?

 

 

 

 

犬が舌を出しているのは何のため?

を出して、荒い呼吸をしている姿を目にすることがあります。

実はこの舌を出して呼吸をするという動作犬の体温調節についてとても重要役割を果たしています。

 

 

パンティングといわれるこの動作荒い呼吸をすることで体内水分蒸発させ、
体温を下げるという方法です。

パンティングの際に胸筋横隔膜を使うことにより効率的水分蒸発させています。

 

 

しかし、このパンティングには大きな欠点があります。

それが、胸筋横隔膜を使わなければならないため、
パンティングによって下げた体温筋肉運動によって上がってしまうということです。

 

 

なので、パンティングによってある程度体温を下げてもすぐに体温が上がってしまうため、
このパンティングはあまり効率の良い体温調節法だとはいうことができません。

 

 

パンティング以外の体温調節法

このようにパンティング体温調節能力はあまり高くないため、
は他の体温調節法も持っています。

それが汗をかくことです。

 

 

をかかないと思われがちですが、そんなことはなく、ある程度の汗をかきます。

熱い時をかくことで気化熱を利用し、体温を下げているのです。

ですが、汗腺人間ほど多くはありません

 

 

なので、は人間より汗をかく量が少ないのです。

をかく少ないということは汗の気化熱がる体温も小さいということです。

 

 

そのためを利用した体温調節もあまり効果が大きいとはいえません。

このように体温調節苦手なため、涼しい場所を求めます。

 

 

暑い日日陰に入ったり、冷たいコンクリートの上に寝転がったり、
掘ってその中に体を入れたりするのは暑いと感じている時
少しでも体温を下げようとしているからです。

 

 

暑い場所で注意しなければならないこと

体温調節苦手なため、
飼い主気を付けてあげなければならないことがいくつかあります。

体温調節によって体温を下げることがうまくできません

 

 

なので、犬が熱中症にかかる危険性はとても高いです。

熱中症悪化すれば最悪命を落とす危険性があります。

 

 

なので、犬が熱中症にならないために犬の体温を下げる方法を考えなければなりません。

例えばが家にいるときには冷房消さないようにするといったことです。

 

 

全身覆われているため同じ気温でも人間よりも厚いと感じます。

なので、冷房をつけて犬の体温を下げる場合には少し低めの温度設定
にとっては快適な温度になっています。

 

 

また、冷房をつける際に扇風機も一緒に付けておくと効率が上がります。

扇風機の風犬の毛の中にこもっている熱を外に出す効果があります。

 

 

なので、扇風機冷房併用することでより効率よく犬の体温を下げることが出来ます。

他にも気温高くなる夏になると犬の毛を短くするようにするというのも
犬の体温調節手伝うことになります。

短くなればそれだけ熱がこもりにくくなります。

 

 

なので、長い時と比べると体温下げやすい環境になります。

また、夏場にはを与えることを忘れないようにしましょう。

体温調節には水分が必要不可欠です。

 

 

パンティングの際にも体内の水分を使いますし、をかくのにも水分が必要になります。

なので、夏場には与える水の量を少し多くするくらいの考え方をするようにしましょう。

 

 

もし、が切れていて犬が水分補給をできなくなってしまった場合、
脱水症状になる危険性もあります。

脱水症状によって命を落とすということもあります。

 

 

なので、切れることがないように気を付けてください。

から守る方法は他にもあります。

 

 

例えば夏場だけ散歩時間を少し変更するだけでもの体を熱から守ることができます。

人間が考えているよりも犬は熱に弱いです。

 

 

なので、少しでも犬の体から守るためにいろいろな工夫をしたり、
気を付けたりするようにしましょう。

 

 

 

 

犬の体温調節についてのまとめ

犬は体温調節が苦手?舌を出しているのは体温調節をしているの?

 

 

犬が舌を出しているのは体温調整をするためです。

パンティングと呼ばれるこの行動は犬が体温調節をするために行いますが、
体温調節機能はあまり高くありません。

 

 

発汗機能人間に比べて低いので夏場には
体温調節について飼い主が注意しなければなりません。

脱水症熱中症になってしまうと最悪の場合、命を落としてしまう危険性があります。

 

 

なので、飼い主が様々な工夫をすることで
のことを熱から守ってあげなければなりません。

散歩時間をずらすといった小さなことでもにかかるダメージは大きく変わってきます。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル