犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬が小刻みに震えるのは病気?~考えられる原因と対処方法~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

日頃から、愛犬を観察していると、時折小刻みに震えている
なんて場面に遭遇した飼い主さんは、少なくありません。

飼い主さんをはじめ、人の感覚で言えば、小刻みとはいえ
犬が震えていると、何か病気に罹ったのでは、と不安にもなります。

 

 

そこで今回は、犬が小刻みに震える原因とその対処方法について
それぞれのポイントに分けながら、ご紹介していきましょう!

愛犬の健康管理はもちろん、コミュニケーションの在り方にも
通づる部分があるので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

 

なぜ犬は小刻みに震えるのか?

犬が小刻みに震えるのは病気?~考えられる原因と対処方法~

 

 

犬が小刻みに震えるのには、いくつかの理由がありますが
実際には、どのような背景があるのか、気になるところですよね。

こちらでは、以下3つのポイントに分けながら
その特徴を紐解いていきましょう!

 

 

①寒さ

最も頻度の高い震えの理由としては、やはり「寒いから」
という、比較的シンプルな答えが挙げられます。

これは人間同様、犬もまた、身体を小刻みに震わせることで
体温を上昇させていると言えます。

 

 

②過度なストレス

犬の震えの中でも、過度なストレスによる震えは
意外にも、その割合が多くなりがちな理由の1つです。

犬は個体の大小を問わず、一定以上のストレスに曝されると
一般的に、身体を震わせる習性があります。

 

 

③病気

この他、病気が原因で、身体を小刻みに震わせるケースも
決して珍しくありません。

その場合、犬の身体に大きな痛みが伴っている可能性もあるので
より注意深く、犬の様子を観察するようにしましょう。

 

 

犬が小刻みに震えた際の対処方法

このように、犬が小刻みに身体を震わせる際は
いくつかの原因に振り分けられることが分かりました!

ですが、実際に犬が身体を震わせる原因の中で
最も注意しなければならないのは、病気による症状である場合です。

 

 

病気による小刻みな震えの場合、身体の震え以外に
下痢や嘔吐など、他の症状も併発している可能性が高いため
この場合は、なるべく早い段階で、病院へ連れて行きましょう。

また、老化による筋力低下が原因で、身体を小刻みに震わせる
こともありますが、この場合は、筋力の低下を抑えるためにも
適度な運動とバランスの取れた食事を与えましょう。

 

 

この他、病気以外にも、ストレスや寒さが原因で
身体を小刻みに震わせることがあります。

寒さが原因の場合は、室温を上げたり、犬の体温が下がらないように調整し
ストレスが原因で震える場合は、その原因を取り除いてあげましょう。

 

 

不安が原因でストレスを感じている場合は、飼い主が傍にいるだけでも
犬のストレスを、大きく軽減させられると言えます。

このように、犬の小刻みな震えには、それぞれ原因によって
対処方法が異なるので、しっかり原因を調べてみましょう。

 

 

犬の震えの原因となり得る病気とは?

犬が小刻みに震えるのは病気?~考えられる原因と対処方法~

 

 

犬は病気が原因で、身体を震わせることがありますが
どのような病気の時に、このような症状に至るのでしょうか?

主に以下2つのパターンを押さえながら
犬の体調管理のヒントにしてみましょう。

 

 

①体温の上昇

人間と同じく、体温が、通常よりも高くなっている時に
犬もまた、身体を震わせることがあります。

犬は体温が高まり過ぎると、最悪の場合、死に至ることもあるので
身体を震わせている時はまず、発熱の有無を確認しましょう。

 

 

また、発熱していなくても、熱中症などに罹った場合は
体温が高くなり、身体が小刻みに震えることがあります。

夏場の散歩の後は特に、飼い主さんも愛犬も
きちんと水分補給を行い、長時間の外出は避けましょう!

 

 

②てんかん

人間だけの病気と捉えがちですが、犬であっても
てんかんを患っている場合は、身体を小刻みに震わせます。

 

 

てんかんとその他の病気では、身体の震わせ方が少し違いますが
てんかんの震え自体を初めて見る方にとっては
その違いが少々分かり難い場合も珍しくありません。

てんかんの震えの特徴としては、急激に震え始めることと
意識が無くなる場合がある、ということが挙げられます。

 

 

この他、肺炎や気管支炎などといった病気でも
犬は身体を小刻みに震わせることがあります。

病気により、犬が身体を震わせる時は、それが改善されることで
震えも治まることがあるので、何かしらの病気ではないか
と感じた時は、病院で診察してもらいましょう。

 

 

犬が小刻みに震える病気の原因と対処方法のまとめ

は時折、小刻みに震えることがありますが
これには色々な原因があると分かりましたよね。

身体を震わせている原因によって、対処方法も変わるので
犬がなぜ震えているのかを、きちんと理解する必要があります。

 

 

犬がどのような時に、どのような場所で震えているのか
という部分を観察するだけでも、その原因の特定に役立ちます。

しかし、場合によっては、どれだけ犬の行動を観察しても
なぜ震えているのかが分からないこともあるので、その場合は
無理に自分で調べようとせず、病院で獣医の診断を受けましょう。

特に病気が原因の震えの場合、飼い主さんが犬の行動を
しっかり観察していても、その判別が困難である
なんてケースは、決して珍しくありません。

 

 

病気が原因で震えを起こしている時ほど、発見が遅れるだけで
犬が死亡してしまうこともあります。

なので、犬の震えの対処方法が分からない時には
まず病院に行って、診察をしてもらうようにしましょう。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク