犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬が舌を出しっぱなしにする病気?考えられる原因と対処方法

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

犬が舌を出している姿というのは、犬を飼っている方であるほど
日常的によく見られる光景の1つであると言えますよね!

ですが、犬が長時間に渡って、舌を出しっぱなしにしていると
何かの病気ではないか、と心配にもなってしまいます。

 

 

そこで今回は、犬が舌を出しっぱなしにする原因
その対処方法について、ご説明していきましょう!

見たことがある表情から、滅多にしない表情まで
あらゆる舌を出した犬の表情から、ぜひあなたも、愛犬のメッセージを
読み取るチャレンジをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

犬が舌を出しっぱなしにする原因

犬が舌を出しっぱなしにする病気?考えられる原因と対処方法

 

 

犬が舌を出しっぱなしにするのは、そもそもの体温調節
目的として行っている行動であると言えます。

そのため、運動の後や気温の高い夏場ほど
舌を出しっぱなしにしている姿を見られるということ。

 

 

ただし、長時間舌が出しっぱなしであったり、室内などの涼しい空間に
いるにも関わらず、舌を出しっぱなしにする時間が長い場合は
何らかの病気である可能性も考えられます。

その中でも、特に可能性が高くなってくるケースは
呼吸器系の病気であると言えます。

呼吸器系の病気に罹っている場合、犬は呼吸をするために
舌を出しっぱなしにすることが多くなります。

 

 

また、呼吸器系の他にも、心臓に関する病気や
緊張などのストレスを受けている場合も
このように舌を出しっぱなしにする時間が増える傾向があります。

とりわけ、呼吸器系の病気や心臓の病気に罹っていると
呼吸自体が困難になり、結果として
舌を出しっぱなしにせざるを得なくなるということ。

これらの背景から、体温調節以外の用途で
舌を出しっぱなしにしている時ほど、まずは何らかの異常がある
と考えて、対応してみるのが妥当であると言えます。

 

 

犬が舌を出しっぱなしにする時の対処方法

このように、犬が舌を出しっぱなしにしているのには
何らかの理由があり、それによって対処方法も異なります。

以下3つのケースに分けながら、その対処方法を
1つずつ確認していきましょう!

 

 

①体温調節

体温調節のために、犬が舌を出しっぱなしにしている時は
何よりもまず、犬の体温を下げることに重点を置きたいところ。

 

 

犬の体温は、人間と異なるので、人間にとっては暑いとまで
感じにくい温度でも、犬にとって暑く感じることは
決して珍しくないので、特に、夏場の外出には注意が必要です。

この、犬が舌を出しっぱなしにして体温調節する行動ですが
意外にも非効率であり、体内の水分を必要以上に消費するので
その場合は、水分補給を忘れないようにしましょう。

 

 

②病気

何らかの病気が原因で、犬が舌を出しっぱなしにしている場合は
そのタイミングに、違和感を覚え易いと言えます。

特に何もせずとも、舌を出しっぱなしにしている時には
病気が原因である可能性を疑ってみた上で、それでも尚
原因が分からない時は、病院で確認してもらいましょう。

 

 

③ストレス

ストレスが原因で、犬が舌を出しっぱなしにしている時は
その根本的な原因を、なるべく早い段階で取り除くようにしましょう。

特に、引越しや見知らぬ地への移動は、大きなストレスになるので
そうした環境の変化から、犬が舌を出しっぱなしにすることが増えた場合は
ストレスが原因である可能性を、視野に入れておきましょう。

 

 

病気以外の舌を出しっぱなしにする原因

犬が舌を出しっぱなしにする病気?考えられる原因と対処方法

 

 

このように、犬が舌を出しっぱなしにしているのは
体温調節と病気の2つが、主な原因であることが分かりました。

ですが実際には、他にも犬が舌を出しっぱなしにしてしまう
特徴的な理由は存在すると言えます。

 

 

その1つで、非常に印象的な原因になりかねないのが
歯並びによって、舌を出しっぱなしにしてしまうケースです。

犬は舌が長いため、普通に呼吸をしているだけでも
舌が口の外に出てしまうことは珍しくありませんよね。

前歯は、舌が外に出ないように止めるための
いわゆるストッパーとしての役割も担っています。

 

 

ところが、このストッパーの位置にあるべき前歯が
キレイに生えていないと、上手に舌を支えられず
結果的に舌が出しっぱなしの状態になってしまうということ。

年を重ねて、歯が抜けてしまった老犬に限って
舌を出しっぱなしにしていることが多いのは
意外にも、こうした原因が背景にあると言えます。

これは特定の病気ではないので、特に気にする必要はありませんが
よほどの歯並びの悪さでない限り、飼い主さんは
犬の愛嬌の一面として、受け止めてみてはいかがでしょうか?

 

 

犬が舌を出しっぱなしにする原因と対処方法のまとめ

ここまで、犬が舌を出しっぱなしにする
主な原因と対処方法について、様々まとめてみました。

犬が舌を出しっぱなしにしてしまうのには
大きく分けて、以下3つの理由があるということ。

 

 

①体温調節をするため
②心臓や呼吸器系に何らかの病気を患っているため
③通常とは異なる前場の生え方であるため

これら、犬が舌を出しっぱなしにしてしまう原因は
一見しただけでは、判断が難しくなっています。

犬のことをよく観察し、なぜ舌を出しっぱなしにしているのか
という部分を、きちんと見抜けるようにしましょう。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク