犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬のアレルギー性皮膚炎の症状 原因と治療・予防法は?

皮膚病にかかることがあります。

様々ある皮膚病の中でも特にかかる可能性の高いのがアレルギー性皮膚炎です。

アレルギー性皮膚炎犬種年齢に関係なくかかる可能性があります。

 

 

では、アレルギー性皮膚炎になる原因はなんなのでしょうか。

また、アレルギー性皮膚炎治療法予防法はどのようなものがあるのでしょうか。
 

犬のアレルギー性皮膚炎の症状 原因と治療・予防法は?

 

 

 

 

犬がアレルギー性皮膚炎にかかる原因

アレルギー性皮膚炎にかかる原因特定物質にアレルギー反応を起こすことにあります。

特にダニハウスダスト、植物などがその主な原因になっています。

 

 

その他にも様々な物質アレルギーの原因になることがあります。

このようにアレルギーの原因となる物質はたくさんある為、
どの物質がアレルギー性皮膚炎の原因になっているか判別しづらいです。

 

 

アレルギー性皮膚炎原因となっている物質が分からなければ、
治療をしたり改善をしたりすることも難しくなってしまいます。

そのような場合にアレルギーの原因となっている物質簡単に調べることができます。

 

 

それが、病院アレルゲン検査を行ってもらうという方法です。

アレルギーの原因となっている物質を個人特定するのはとても大変なことなので、
病院検査を受けるのが一番早く確実な方法です。

 

 

病院アレルゲン検査を受ける場合には時間短時間で済みます。

また、検査を受けた時に獣医の方からいろいろなアレルギーに関するアドバイスを受けることも可能です。

獣医の方からのアドバイスはとても役立ちます。

 

 

犬のアレルギー性皮膚炎の治療法

アレルギー性皮膚炎は完治するということはありません。

しかし、である程度かゆみを抑えることはできます。

 

 

使用する症状によって異なります

長期間重い症状が続いている場合には使用する薬の量も多くなり、
使用頻度くなってしまいます。

 

 

症状が改善するにつれて薬の使用量使用回数っていきます。

主にアレルギー性皮膚炎に使用されるステロイド剤です。

 

 

ステロイド剤かゆみ抑える薬ですが、長期的な使用により副作用が出てしまいます。

しかし、その副作用も他の薬と併用することにより抑えることが出来るので、
病院処方してもらう際に副作用のことを気にする必要はありません。

病院を処方される際にステロイド剤のほかに様々な処方されます。

 

 

それらのほとんどがステロイド剤副作用抑える薬です。

なので、病院処方されるはきちんと全部飲ませてあげるようにしましょう。

 

 

犬のアレルギー性皮膚炎の予防法

アレルギー性皮膚のもっとも適切な予防法アレルゲンを遠ざけることです。

アレルギーの原因となる物質のことをアレルゲンといいます。

 

 

アレルゲンとなっているものがほこりなどの場合には掃除をこまめにして、
の体にほこりが付着しないようにし、犬の体内ほこりが入らないようにするようにしましょう。

 

 

食事の中アレルゲンが含まれている場合には
食事アレルゲンが含まれていないものに変えるようにしましょう。

 

 

最近ではアレルゲンとなる材料が含まれている場合にはパッケージ記載されています。

きちんとパッケージ材料名確認して、アレルゲンが入っているかを見るようにしましょう。

 

 

また、ダニ植物などがアレルゲンになることもあります。

ダニアレルゲンの場合にはカーペットなどを定期的に掃除し、日光に当てるようにしましょう。

日光に当てることでカーペット布団にいるダニ除去することができます。

 

 

植物アレルゲンとなっている場合には、まずどの植物アレルゲンになっているか知る必要があります。

部屋の中に飾っている植物アレルゲンになっている時には
他の植物と取り換えたりしてがその植物接触するのを防ぐ必要があります。

 

 

散歩道にある植物原因の場合には散歩ルートを変える必要があります。

アレルギー性皮膚炎予防法はとにかくからアレルゲンとなるものを
遠ざけることにあります。

 

 

 

 

犬のアレルギー性皮膚炎の症状と原因と治療・予防法のまとめ

犬のアレルギー性皮膚炎の症状 原因と治療・予防法は?

 

 

アレルギー性皮膚炎犬種年齢に関係なく発症する可能性があります。

発症した場合には炎症を起こしたりします。

 

 

アレルギー性皮膚炎原因は様々あり、
個人アレルギー性皮膚炎原因特定するのはとても大変です。

アレルギー性皮膚炎原因を調べるには病院に行って検査をしてもらうようにしましょう。

病院検査を受けるとアレルゲンを教えてくれるだけでなく、薬の処方をしてもらうことができます。

 

 

さらに生活で気を付けることなどのアドバイス獣医からしていただくことができます。

アレルギー性皮膚炎になった場合にはとにかくアレルゲンから遠ざける必要があります。

 

 

アレルゲンは様々で一概にどのような行動をしなければならないということはできません。

なので、アレルゲンに合った適切方法アレルゲンから遠ざけるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル