犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の食物アレルギーの症状 原因と治療・予防法は?

食物アレルギーは人間だけでなく、やその他の動物にもあります。

アレルギーの原因となる物質は様々で人が気づかないようなものも
アレルギーの原因となることもあります。

 

 

では、食物アレルギーの原因となる物質はどのようなものがあるのでしょうか。

また、食物アレルギー症状はどのようなもので治療法などはあるのでしょうか。
 

犬の食物アレルギーの症状 原因と治療・予防法は?

 

 

 

 

犬の食物アレルギーの症状と原因について

犬の食物アレルギー症状はたくさんあります。

脱毛発疹などの目に見える症状のほかにも
腸炎などの消化器官症状が現れることもあります。

 

 

鼻、耳などには特に症状が現れやすくなっています。

一度アレルギー症状発症してしまうとアレルギー反応
その後も起こるのでアレルギーとは一生付き合っていかなければなりません。

 

 

食物アレルギーになる原因遺伝ストレスなど様々あり、
何が原因アレルギーになるとは一概にいうことはできません。

しかし、免疫機能がうまく機能していないことが原因アレルギーになります。

 

 

犬の食物アレルギーの治療法

現在、食物アレルギーには的確な治療法は存在しません。

なので、食物アレルギーとは長い期間付き合っていかなければなりません。

 

 

しかし、食物アレルギー食事によってある程度コントロールすることができます。

食物アレルギー食事によってコントロールするためにはまず、
食物アレルギー原因を調べなければなりません。

 

 

一般的に食物アレルギー原因となる物質が口にする機会の多い
肉類乳製品です。

 

 

犬の食事にアレルギー原因となる物質が入っている場合には、
一定期間同じ食事を与えることでアレルギー反応が出れば、
その食事の中に入っているアレルギー物質アレルギーの原因になっているということができます。

 

 

ですが、この方法で犬のアレルギー原因となっている物質を調べるためには
長期的な観察必要になります。

また、主な犬の食物アレルギー原因となる物質
アレルギーの原因ではなかった場合の判別が難しいという難点もあります。

 

 

そのような時には病院アレルゲン検査をしてもらうのが便利です。

病院アレルゲンの検査をしてもらう利点は確実アレルギーの原因となっている物質を、
判別することが可能である点と、
アレルギーの原因となる物質を判別するまでの時間短くて済むという点にあります。

 

 

他にも、アレルギーの原因となる物質を調べてもらう同時に
犬の健康診断などもしてもらうことが可能なので、
ついでに病気にかかっているかを調べることもできます。

 

 

もちろん病院アレルゲンの検査をしてもらう場合には費用がかかります。

食事などを利用して自分でアレルギーの原因となる物質の判断が困難だと思う場合には
病院利用するようにしましょう。

 

 

犬の食物アレルギーの予防法

犬のアレルギーの原因となる物質を知ることが出来れば
アレルギーが出ないようにするための予防法を行うことができます。

 

 

そもそもアレルギーになることに対する予防法というのは現時点では存在しません。

ですが、食物アレルギーになった後にアレルギーの症状が現れないようにする方法
存在します。

 

 

それが食事による予防法です。

最近のドッグフードにはアレルギー物質がきちんと記載されています。

 

 

ここで犬のアレルギーの原因となっている物質を知っていれば、
アレルギー物質を避けてドッグフード選びを行うことができます。

ドッグフード記載されているアレルギー物質を調べるうえで
注意しなければならないがあります。

 

 

それが、加工のされ方によって表記違うことがあるという点です。

人間の食べ物と同じようにドッグフード様々な材料を使って作られています。

その材料の中にはアレルギーの原因となる物質が入っていることも十分にあります。

 

 

しかし、加工のされ方によってはアレルギー物質として表記されていないということもあります。

そのような時の対処方法としては、自分で調べるというのが一番確実です。

 

 

インターネットなどでも表記のされ方違い説明していることもありますし、
心配な場合には製造会社に問い合わせてみるのもひとつの手です。

 

 

重要なのは、犬の食物アレルギーの原因となる物質をしっかりと理解し、
そのアレルギー物質が入っているドッグフードなどを与えないようにするということです。

 

 

 

 

犬の食物アレルギーの症状と原因のまとめ

犬の食物アレルギーの症状 原因と治療・予防法は?

 

 

にはもちろんのこと他の様々な動物にもアレルギーはもちろんあります。

アレルギーになると脱毛したり、発疹がでたりするなど目に見える症状だけでなく、
消化器官異常が出ることもあります。

 

 

犬のアレルギーの原因となる物質調べる方法には自宅での食事による方法
病院に行ってアレルゲンの検査を受ける方法があります。

アレルゲンの検査を受けた方が確実にアレルギーの原因を知ることができます。

 

 

犬の食物アレルギー症状に対する予防法の1つとして
ドッグフードに入っている原料確認するという方法があります。

 

 

その時にアレルギー物質が入っているかどうかわからない場合には
インターネットで調べたり製造会社問い合わせたりするようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル