犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬を叱った時の態度は?これって反省しているの?

を飼っていると悪さをしたり、
言うことを聞かなかったりして叱る機会も度々ありあます。

しかし、犬を叱った時態度を見て、本当に反省しているのかな、
と思うことも少なくないのではないでしょうか。

 

 

犬を叱った時態度反省しているの態度と
反省していない時態度にはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は犬を叱った時態度について説明していきます。
 

犬を叱った時の態度は?これって反省しているの?

 

 

 

 

犬を叱ろうとすると逃げだしてしまう理由

が悪さをし、飼い主犬に対して叱ろうとすると、
飼い主逃げ出してしまうことがあります。

 

 

このように飼い主が叱る前逃げ出してしまうのは反省していないからなのでしょうか。

実は、のこの飼い主叱ろうとする態度には反省は全くありません

それどころか飼い主叱られているという意識さえ持っていないのです。

 

 

飼い主叱る為に近づくと、
飼い主いかけられているんだと勘違いします。

そして、飼い主いかけられるのを楽しんでいるのです。

 

 

つまり、犬が叱られる時逃げるのは反省しているわけでも、
飼い主に対して恐怖を抱いたりしているわけでもなく、ただ単に遊んでいるだけなのです。

 

 

なので、ろうとすると犬が逃げ出して困っている飼い主
にきちんと怒っているということを伝えなければなりません。

しつけをやり直すことや、
上下関係結びなおすことで叱っている最中に逃げ出すということがなくなります。

 

 

犬を叱ろうとすると吠えたり、怒ったりする理由

叱ろうとしたときの態度はたくさんあり、
逃げ出すこと以外にも犬を叱ろうとすると吠えたり
うなったりして怒るという行動をとることがあります。

 

 

このように犬を叱ろうとする犬が怒ったりしてしまうのは、
飼い主立場逆転していることが原因です。

群れでの立場にこだわります。

 

 

自分よりも立場の相手に対しては絶対服従の様相を見せますが、
自分立場の方がであると考えている場合には反抗したり、ったりします。

 

 

このような場合には犬に自分の方が家庭では
立場であることを認識させなければなりません。

きちんと叱り悪いことをしているという認識を与え、
そのことをちゃんと覚えさせることにより、悪い行動はなくなります。

 

 

上下関係をはっきりさせるためにはしつけ必要です。

しつけの際にを使ったしつけ一番効率の良いしつけとされています。

 

 

しつけをきちんと行うことで、犬との間の関係改善されて、
叱っている時飼い主に対してえたり、ったりすることがなくなります。

 

 

犬を叱った時に落ち込んだような態度を取る理由

叱った時に逃げ出したり、怒ったりすることもありますが、
中には叱っている時落ち込んだ様子を見せることもあります。

この落ち込んだような様子を見せるときに本当犬は反省しているのでしょうか。

 

 

結果から言うと、犬が落ち込んだような態度を見せていても実際には反省はしていません

犬が落ち込んだような態度を取る原因は、これまでの経験に関係しています。

 

 

これまで、飼い主怒られた時落ち込んだような態度を取ることで
飼い主怒りが収まった場合などにその時のことを思い出して同じような態度を取ります。

 

 

また他にも、飼い主が怒っている姿を見て、恐怖を感じ、
おびえているという場合もあります。

どちらにしても犬は飼い主に叱られた事柄について反省することはありません。

 

 

これは短期記憶深く関係しています。

短期記憶人間の短期記憶よりも弱く
数秒から数十秒程度物事忘れてしまいます。

 

 

なので、犬を叱ろうと思ってもは自分が行ったこと自体覚えておらず
なぜ怒られているのかわからないのです。

なので、犬が悪いことをした後っても犬は反省しません

 

 

唯一犬が反省するのが、犬が悪いことをした瞬間に叱ることです。

悪いことをしてすぐ叱った場合には犬は自分がした行動に対して
飼い主怒っているということを理解することができます。

 

 

このように犬には叱って反省するということはほとんどありません。

なので、叱るタイミング付ける必要があります。

 

 

 

 

犬を叱った時の態度のまとめ

犬を叱った時の態度は?これって反省しているの?

 

 

犬は叱った時様々な態度を取ります。

飼い主が叱っている逃げ出したり、飼い主が叱ると逆に怒ったり
飼い主が叱っている時に落ち込んだような態度を取ったりと犬を叱る時には様々な態度があります。

 

 

飼い主が叱っている時逃げ出したり、
怒ったりするときには飼い主の間の主従関係がうまく結べていない可能性があります。

 

 

は自分より立場が上相手には服従しますが、
だと思っている相手には反抗的態度をとります。

また、落ち込んだような態度を取っていても実際には反省していません。

 

 

短期記憶弱いため、
自分悪いことをした後に叱られても何に対して叱られているのか覚えていないのです。

このように叱った時態度には様々あります。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル