犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬を飼い主に服従させる!主従関係をしつけるテクニックとは?

犬を飼育するうえで主従関係というものがとても大切になってきます。

主従関係がうまく結べていないと、なかなか犬が言うことを聞いてくれず、
しつけをするだけでも一苦労となってしまいます。

 

 

さらに、主従関係がうまく結べているかどうかで、犬の行動にも大きな差が出てきます。

なので、犬と飼い主との間にはきちんとした主従関係を築く必要があります。

 

 

では、犬を飼い主に服従させるためにはどのようにすればよいのでしょうか。

今回はこのような、犬を飼い主に服従させて、
主従関係をきちんと築くためのテクニックについて説明していきます。

 

 

 

 

犬を飼い主に服従させる方法

犬をきちんと飼い主に服従させるために必要なのは信頼関係です。

飼い主と犬の間に信頼関係がないと、主従関係もうまく結ぶことができません。
 

犬を飼い主に服従させる!主従関係をしつけるテクニックとは?

 

 

では、どのようにすれば犬との間に信頼関係を築くことができるのでしょうか。

まず、信頼関係を築くためには犬を甘やかすばかりではいけません。

 

 

しつけがうまくいったときなどにご褒美を与えるのは良い事なのですが、
必要以上に犬を甘やかしてしまうと飼い主よりも立場が上であると勘違いしてしまいます。

 

 

その結果、飼い主の言うことを聞かなくなったり、
主従関係を結ぶうえでの弊害になったりすることもあります。

 

 

ですので、甘やかしすぎるということは犬を服従させるための信頼関係づくりにおいて
一番やってはいけないことなのです。

 

 

こうして、褒める時には褒める
それ以外の時には必要以上に構いすぎないという一定の線引きをすることにより、
よりより信頼関係を結ぶことが可能となるのです。

 

 

犬との間の主従関係を確認する方法

とはいっても実際にどれくらい犬との間に主従関係を結ぶことが出来ているのかを
判断するにはどのようにすればいいのでしょうか。

 

 

主従関係がきちんと結べているかどうかということが分からなければ、
どのように関係を改善すればいいのかもわかりません。

 

 

では、どのように主従関係がきちんと結べているか判断すればよいのでしょうか。

まず、判断するためにはいくつかのチェック方法があります。

 

 

その一つが犬の名前を呼んでみるということです。

きちんとした主従関係が結べていれば、飼い主が犬の名前を呼んだ際に、
犬はちゃんと反応を示します

 

 

名前を呼んだときに飼い主の元までくるようになっていれば
よりよい関係であるということができます。

 

 

次に、飼い主の言うことをきちんと聞けるかどうかということを確認する方法です。

飼い主の命令内容を一度で聞くことが出来るようになっていれば、
きちんとした主従関係を結ぶことが出来ていると判断することができます。

 

 

また、飼い主が犬の身体に触った時に拒絶反応を示さなかった場合には
信頼関係もある程度きちんと結べていると評価することができます。

 

 

これらの項目を調べることによって飼い主と犬との間に
きちんとした主従関係が結べているかどうかを判断することができます。

 

 

犬との間に主従関係を結ぶときのテクニック

まず、いい主従関係を結ぶために必要なことは、良い行動をしたときだけ褒めるということです。

これはしつけをする際にも同じことが言えるのですが、
犬は褒められるとその行動をとるようになります。

 

 

つまり、善い行いだけ褒めていけばしつけになると同時に
主従関係を結ぶのにも役に立ちます。

 

 

また、ある程度のスキンシップを定期的に取り入れるようにしましょう。

スキンシップを取ることにより、犬と飼い主とのつながりも強くなり、
より良い信頼関係を生み出すことができます。

 

 

信頼関係の強さは主従関係にも影響を与えるので、
スキンシップは定期的に取るようにしましょう。

 

 

スキンシップを取る際にはあまり長時間スキンシップをとりすぎないということに
注意をするようにしましょう。

 

 

スキンシップをあまりとりすぎると、犬はストレスをためてしまう可能性があります。

なので、スキンシップを取る際には適度なスキンシップを心がけるようにしましょう。

 

 

犬と主従関係を結ぶときにはこれらの点に気を付けることにより、
より良い主従関係を結ぶことが出来ます。

 

 

 

 

犬を飼い主に服従させる!主従関係をしつけるテクニックのまとめ

犬を飼い主に服従させる!主従関係をしつけるテクニックとは?

 

 

犬と飼い主の間には主従関係が必要になっています。

主従関係がうまく結べていない場合、
しつけがうまくいかなかったり、犬が好き勝手に行動してしまったりします。

 

 

これらの身勝手な行動をおさえるためにも主従関係はきちんと結ばなければなりません。

主従関係がきちんと結べているかどうかはいくつかの項目を確認することで
知ることが出来るようになっています。

 

 

また、主従関係をよりよく結ぶためのテクニックも存在するので、
犬との間にきちんと主従関係が結べているかどうか
不安に感じてしまっている場合にはこれらの方法を試すことにより、
主従関係がちゃんと結べているかを調べることができます。

 

 

犬との生活においていろいろな場面で主従関係は役に立つので、
この機会にぜひ確認してみるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル