犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬のお留守番は何時間まで?長時間お留守番できるの?

犬を飼育している家庭で心配になるのが
犬のお留守番はどの程度の時間がいいのかということです。

 

 

買い物に行くときや所用で家を空けるときにいつも犬を連れて行けるわけではありません。

なので、犬にお留守番をさせることも少なくないと思うのですが、
実際、犬をお留守番させる時間は何時間までにした方が良いのでしょうか。
 

犬のお留守番は何時間まで?長時間お留守番できるの?

 

 

今回は犬のお留守番について、何時間までのお留守番なら心配いらないのか、
犬にお留守番をさせる時にどのようなことに気を付ければいいのかということを説明していきます。

 

 

 

 

犬のお留守番は何時間までがいいのか

犬にお留守番をさせるにはどれくらいの時間までなら良いのでしょうか。

この問いに対する明確な答えはありません

 

 

犬種によってもお留守番することが出来る時間は異なりますし、
それはもちろん個体によっても違ってきます

 

 

なので、犬のお留守番の時間は何時間までにするべきである
ということを断言することはできません

 

 

しかし、犬にお留守番をさせるうえで、
お留守番をさせている時には犬に食事を与えるといったいつも行っているようなことが
出来ないということは意識しておく必要があります。

 

 

そのため、どれだけ長い時間お留守番をすることが出来る犬であっても
半日以上お留守番をさせないようにしましょう。

 

 

また、犬の体調が少し悪そうに思えたり、
何らかの異変が有ったりする場合にはお留守番させる時間を短くするようにしましょう。

 

 

犬にお留守番をさせる時に気を付けた方がいい事

犬をお留守番させるうえで気を付けておいた方がいいことがいくつかあります。

その一つが食事です。

 

 

犬をお留守番させておく時間が
1時間や2時間程度の極短い時間であるなら食事については気にする必要はありません。

 

 

しかし、犬にお留守番をさせる時間が分からない場合や
お留守番の時間が長くなってしまうことが決まっている場合には
食事についてよく考える必要があります。

 

 

あらかじめ食事の量を多めに用意しておくというのも方法の一つとなっています。

また、についてもきちんと用意しておいてあげるようにしましょう。

 

 

水をきちんと用意しておかなければ、犬の体調不良の原因になることもあります。

なので、犬にお留守番をさせる時にはきちんとが用意できているかを
確認するようにしましょう。

 

 

犬に長時間のお留守番をさせることは犬にとってとても大きなストレスになります。

なので、お留守番が終わった後にはきちんと犬とのスキンシップを取ってあげるようにしましょう。

そうすることで、お留守番中にたまったストレス解消することが出来ます。

 

 

犬のお留守番のしつけの方法

犬にお留守番をさせている間、犬のことを見ている人はいなくなるので、
予想外の行動をとる時があります。

 

 

そのような行動を減らすために犬のお留守番についてもしつけをしておく必要があります。

飼い主がいなくなった瞬間から暴れまわったり、無駄吠えを開始したりする犬も少なくありません

しかし、このような飼い主がいない間の行動はなかなか気づきにくいものとなってしまいます。

 

 

なので、まず、犬がお留守番をしている間にどのような行動をとっているかを調べる必要があります。

犬の行動を調べる方法にはいくつかあるので自分に合った方法を取るようにしましょう。

 

 

その上で、犬がおとなしく待っていれば問題はありませんが、
問題行動をとってしまっている場合にはしつけを行う必要があります。

 

 

犬のお留守番に対してしつけをする場合に帰ってきてから叱るという方法をとる
飼い主の方もいますが、このようなしつけに意味はありません

 

 

犬の短期記憶は人間よりも弱いものとなっています。

そのため、時間が開いてから怒られてもなぜ怒られているのかということを理解できないのです。

 

 

なので、家に帰ってから物が散らかっているのを見てしまうとついついその時に犬を叱ってしまいがちですが、
このような叱り方はしないように心がけるようにしましょう。

 

 

しつけをしていても長時間のお留守番は犬の問題行動を引き起こす可能性を上昇させてしまうので、
お留守番のしつけをしているからといって長時間のお留守番
日常的にさせることはやめるようにしましょう。

 

 

 

 

犬のお留守番は何時間までかのまとめ

犬のお留守番は何時間まで?長時間お留守番できるの?

 

 

犬を飼育しているとどうしても犬にお留守番をさせなければならないことというのはあります。

なので、お留守番をさせることは仕方のない事ではありますが、
お留守番をさせる時間はなるべく長くならないように気を付けましょう。

 

 

長時間のお留守番は犬にとってとても大きなストレスになります。

また、長時間のお留守番は犬の問題行動の原因にもなります。

短時間のお留守番と長時間のお留守番を比べた場合に
長時間のお留守番の方が犬が問題行動を起こす可能性がとても高くなるということが分かっています。

 

 

なので、お留守番のしつけをしていたとしてもなるべく
長時間のお留守番は避けるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル