犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の反抗期のしつけ方法!犬が反抗期に見せる行動とは?

にも反抗期があります。

この犬の反抗期自我芽生える時期に入ります。

反抗期に入ると飼い主の言うことを聞かなくなってしまいます。

 

 

なので、反抗期に見せる行動についてきちんと理解し、
正しいしつけをしなければなりません。

反抗期に入ったに対してどのようなしつけをすればよいのかを説明したいと思います。
 

犬の反抗期のしつけ方法!犬が反抗期に見せる行動とは?

 

 

 

 

犬が反抗期に見せる行動

犬の反抗期生後半年から一年で始まります。

反抗期に入るのがとても早いです。

 

 

そして、反抗期に入ると今までしてこなかったような行動をするようになります。

もっともわかりやすいのが飼い主言うことを聞かなくなるという点です。

 

 

反抗期に入る前にしつけをした行動をするように言っても
その行動をしないようになります。

お手やお座り、待てといった行動しないようになります。

 

 

また、トイレ指定した場所にしなくなるというのも反抗期に見せる行動です。

反抗期に入る前にきちんとトイレを教えて
できるようになっていても反抗期に入るとトイレをきちんとできなくなります。

 

 

スキンシップのためにをなでようとしたときに噛みついてきたり
うなってきたりするようになるというのも反抗期特有行動です。

 

 

特に、お年寄りや子供に対してはこの噛みついたり
うなったりという行動をとることが多くなっています。

これは、反抗期になるとお年寄りや子供のことを
自分より立場であると考えるようになることが起因しています。

 

 

このように反抗期には今までしてこなかったような行動をとるようになります。

このような反抗期特有の行動をするようになったらきちんとした対処をしなければなりません。

対処法を間違ってしまうと反抗期終わった後行動にも影響を与えてしまうようになります。

 

 

犬の反抗期のしつけ方

反抗期のしつけ方として最も重要なのが甘やかさないことです。

反抗期に入ったに何を言ってもなかなか聞く耳を持ってくれません

 

 

そこで、飼い主の中にはしつけをすることをやめ、
やりたいようにやらせる人もいます。

 

 

しかし、にやりたいようにやらせ続けると、反抗期中問題行動が増え、
反抗期が終わった後の行動にも問題行動が増えるようになってしまいます。

 

 

なので、反抗期中でなかなかいうことを聞いてくれない状態にあってもやっては
ダメなことをやった時にはきちんと注意するようにしましょう。

あまり多くのことに対してしつけをするとにもストレスまってしまいます。

 

 

なので、しつけをする内容をある程度限定することで反抗期のしつけ
よりスムーズに行うことができます。

しつけの際にいい行動をするとをあげるというしつけ方反抗期の時にも有効です。

 

 

しかし、このをあげるしつけをする時に気を付けなければならないことがあります。

それが、餌をあげすぎないようにするということです。

をあげすぎると餌をもらうために問題行動を起こすようになる場合があります。

 

 

反抗期のしつけ方が分からなくなった時には

反抗期問題行動に対して様々なしつけを行うようになります。

しかし、の中には反抗期中しつけをしてもなかなか問題行動治らない犬もいます。

そのような時にはドッグトレーナーに相談することをお勧めします。

 

 

ドッグトレーナー相談することにより、
反抗期に入った犬に対するしつけ方を教えてもらったり、
飼い主の代わりに犬のしつけをしてもらったりすることが可能です。

 

 

ですが、ドッグトレーナー依頼する場合にはどうしてもある程度の費用が掛かってしまいます。

なので、できるだけ自分しつけをしてみて、
それでもどうしようもない場合にドッグトレーナー依頼をするようにしましょう。

 

 

 

 

犬の反抗期のしつけ方法と反抗期に見せる行動のまとめ

犬の反抗期のしつけ方法!犬が反抗期に見せる行動とは?

 

 

犬の反抗期生後半年から一年で始まります。

犬の反抗期には個体差があり、もっと早く反抗期に入るもいれば、
もっと遅く反抗期に入るもいます。

 

 

反抗期の時期にが見せる行動にはいくつかあり、
これらの行動反抗期に入る前には行わなかったようなことです。

また、反抗期に入るとこれまでしつけをした内容できないようになることがあります。

 

 

この場合には、反抗期が終わってからしつけしなおす必要があります。

反抗期にはきちんとしたしつけをする必要があります。

 

 

反抗期の時期にしつけをうまくできないと
反抗期が終わってからの問題行動の原因になることがあります。

なので、反抗期時期のしつけはきちんとしなければなりません。

 

 

反抗期しつけ方としてしつけをする内容をある程度限定するという方法があります。

この方法を取ることでにかかるストレス軽減できるので、
犬の反抗もある程度抑えることが出来ます。

 

 

もしも、反抗期の犬しつけをうまくできない場合はドッグトレーナー依頼するのもひとつの手です。

ドッグトレーナー依頼した場合は適切なしつけをしてくれます。

また、正しいしつけ方を教えてもらうこともできます。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル