犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の嘔吐の見分け方について~嘔吐の色や状態で知る体調~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

を飼っていると、ある日突然、愛犬が吐き出してしまった
なんて経験をお持ちの飼い主さんは、少なくありませんよね。

犬が嘔吐をしてしまった時に、その色をよく観察してみると
様々な色の嘔吐があることが、よく分かります。

 

 

犬の嘔吐の色の違いは、それぞれの原因によって異なり
その色を基に、原因を見つけることもできます。

そこで今回は、犬の嘔吐の色や状態の違いを中心に
それらの違いから分かる、それぞれの原因をご紹介していきます。

 

 

犬の嘔吐の色

犬の嘔吐の見分け方について~嘔吐の色や状態で知る体調~

 

 

初めに、犬の嘔吐について、そのにフォーカスしながら
それぞれの特徴をお伝えしていきましょう。

犬は、黄色の嘔吐をすることがありますが、この場合
胆汁を吐いていることが、原因であると考えられます。

 

 

胆汁は、犬が食べたものを昇華するために分泌されるものであり
黄色の嘔吐をした場合、この胆汁が逆流している可能性が考えられます。

胆汁が逆流するのは、胃の機能が低下している証なので
黄色の嘔吐が続く場合は、病院で検査してみる必要があります。

 

 

また、犬が白色の嘔吐をする時は、胃液が通常よりも多く
分泌されていることが原因であると考えられます。

この、白色の嘔吐が出ている場合、犬が強いストレスに曝されているか
空腹状態が長時間続いている証でもあるので、こうした場合も
ストレスの原因を可能な限り取り除き、適切な食事を摂らせましょう。

 

 

犬が泡を吐き出してしまう原因

次に、犬の嘔吐の中でも、を吐き出してしまうケースについて
その背景をお伝えしていきましょう。

そもそも、犬が吐き出す泡には、嘔吐と同じく種類がありますが
白い泡や黄色い泡などが、その主であり
これらの泡の違いによって、その理由や原因が異なります。

 

 

黄色い泡は、前述した黄色い嘔吐に近いため
胆汁が混ざっている可能性が高く、胆汁が混ざる
基本的には吐き出す泡も黄色になります。

また、犬種や体調によっては、食べ物を食べていない時にも
嘔吐の代わりに、黄色の泡を吐き出すケースもあります。

 

 

一方、白い泡を吐き出す場合は、こちらも同じく
胃液が多い事の証拠となるので、白い泡も黄色い泡と同様に
食べ物を食べていない時に吐き出されることが多いと言えます。

白い泡や黄色い泡を吐き出してしまう場合、その原因の多くが
病気やストレスであるため、飼い主さんとしてもぜひ
この部分の様子については、事前に把握しておいてあげましょう!

 

 

嘔吐が血混じり・ネバネバになる原因

犬の嘔吐の見分け方について~嘔吐の色や状態で知る体調~

 

 

最後に、嘔吐するものが、血混じりである場合と
ネバネバしている場合に考えられる、主な原因について
紐解いていきましょう。

 

 

①嘔吐が血混じりになる

犬の内臓が傷ついている時は、嘔吐にも血液が混入して
しまうことがあるため、吐き出した物が、血混じりである場合は
内臓の中に、何らかの傷を負っている可能性が高くなります。

 

 

他にも、腸捻転などの病気が原因で、嘔吐に血液が混じることがあり
この場合、治療が少しでも遅れてしまうと、容体次第では
命に関わるケースも十分にあるので、注意が必要です。

嘔吐に血液が混じってしまうのは、通常ではまずあり得ないので
犬の嘔吐物に、少しでも血液が混じっている時は
迷わずすぐに、病院へ連れて行ってあげましょう。

 

 

②嘔吐がネバネバになる

また、犬は嘔吐したものが、ネバネバしていることもありますが
こうしたネバつきの原因は、おおよそ、唾液と胃液であると言えます。

嘔吐がネバネバしていると、重大な病気に罹ったように感じられますが
胃液と唾液の分泌量が多いことが原因であるケースが多いため
とりわけ、過剰に気にする必要はありません

 

 

しかし、このネバネバの嘔吐が、長期間持続している場合は
何かの病気が原因であることも考えられるので
不安な時は、念のために、病院で検査をしてもらいましょう。

また、ネバネバの嘔吐であっても、すぐに検査を受けるべき
稀なケースも存在しますが、その1つのパターンとして
他の症状を併発している場合です。

嘔吐をしている時に、元気がなかったり、発熱がある場合
重大な病気の可能性が高まるので、この場合にはすぐに
病院で適切な処置を受けておきたいところ!

 

 

また、短時間で何度も嘔吐を繰り返す場合も注意が必要なので
こちらも様子を見ながら、不健康な様子が見えたら
一度検査してもらうのが、ベターであると言えます。

犬を飼った経験が少ない方であれば、犬が嘔吐をする度に
都度驚いてしまうかもしれませんが、まずは、犬の嘔吐をしっかりと観察し
その原因を突き止めて、対応策を選べるようにしておきましょう!

 

 

色と状態で見分ける犬の嘔吐にまつわるまとめ

このように、犬の嘔吐にも様々な種類があり、すぐに対応すべき嘔吐と
様子を見て対応を判断すべき嘔吐に分けられ、色や状態によって
ある程度、原因を判別できることが分かりました!

すぐに対応すべき嘔吐の場合は、病院で適切な治療を施す
必要があるものの、もう一方の嘔吐である場合
様子を見ながら自力で対応できる可能性もあります。

 

 

とはいえ、犬が嘔吐してしまう背景には
必ずそれぞれに原因があります。

犬は、単に食べ物が口に合わなかっただけでも
嘔吐する可能性があるので、愛犬が嘔吐したからといって
毎度慌てる必要は無いと言えますよね。

 

 

なぜ犬が嘔吐したのか、という原因を考えながら、愛犬の様子を
しっかり観察し、結果として、病院へ行く必要があると
判断した場合は、きちんと検査を受けさせてあげましょう。

もちろん、原因が分からない時や、1人で対応しきれない場合は
ひとまず病院で診察を受けるのも、1つの方法なので
不安が大きい方は、その都度相談してみてはいかがでしょうか?

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク