犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の毛並み・毛艶を良くするお手入れ方法についてご紹介!

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

犬を飼っていると、ふと意識してみた時に、犬の毛並みが悪いな
と感じた経験がある飼い主さんは、少なくないですよね。

実際に愛犬の毛並みが悪くなっていても、なぜそうなったのか
どのようにすれば、毛並みを良くすることができるのかなど
根本的な部分がわからない人は、意外にも多いもの―

 

 

そこで今回は、犬の毛並みや毛艶を良くするための
基本的なお手入れ方法に、焦点を当ててみました!

気になる原因からお手入れ方法はもちろんのこと
日頃から気を付けておきたい部分も、ご紹介していくので
ぜひあなたも、最後までチェックしてみてくださいね。

 

 

犬の毛並みや毛艶が悪くなってしまう原因

犬の毛並み・毛艶を良くするお手入れ方法についてご紹介!

 

 

犬の毛並みや毛艶は、栄養や皮膚の状態に大きく左右されるものですが
特に、皮膚は人間よりも複雑な構造をしているため
皮膚の影響が、毛並みの様子の変化に、大きく出てしまうと言えます。

ゆえに、犬の皮膚の状態を良くすれば、結果として
毛並みや毛艶も改善できるということ。

 

 

皮膚の状態を良くするためには、何よりもまず
基本的な栄養バランスを、改善する必要があります。

犬の食事に、タンパク質の量が少ない場合
皮膚や毛を上手に作れなくなり、そのままでは
毛並みが悪化してしまいかねません。

 

 

だからこそ、犬の食事には、よりタンパク質が多めに入っている
ドッグフードを選んでおきたいところ!

このように、食事内容を少しずつ変えてみるだけでも
犬の毛並みを改善できることが、分かりましたよね。

 

 

犬の毛並みや毛艶を良くするお手入れ方法

では次に、そんな犬の毛並み・毛艶に関する、押さえておきたい
基本的なお手入れ方法についても、ご紹介していきます。

犬の毛並みを良くするためにも、人間と同じく、毛そのものを
常に清潔に保っておく必要があるので
定期的なシャンプーは、欠かさずに行いましょう。

 

 

シャンプーは、日常生活の中で付着してしまった埃や汚れを落とせる
だけでなく、犬の体内の血液循環を良くする働きもあります。

血液循環が良くなれば、毛並みが良くなるだけでなく
全体の健康にも良い影響が出るので、こうした背景からも
ぜひ、シャンプーは定期的に行うようにしましょう!

 

 

また、犬の身体の表面は、基本的にアルカリ性でできているので
犬をシャンプーする際は、必ず犬用の洗剤を使用します。

人間の肌は弱アルカリ性なので、人間用のシャンプーを使うと
犬の皮膚に大きなダメージを与えかねないため
犬には人間用のシャンプーを使用しないでおきたいところ。

 

 

ただし、あまりにシャンプーを行い過ぎると、犬の肌を乾燥から防ぐ
必要な油分なども、一緒に洗い流されてしまうため
犬のシャンプーの頻度は、月に1回程度を目安にしましょう。

皮膚に悪影響を与えないためにも、犬のシャンプーの回数は
あまり多くし過ぎないよう意識しておくことにも、大切なポイントです!

 

 

犬の毛並みを良くするために気を付けること

犬の毛並み・毛艶を良くするお手入れ方法についてご紹介!

 

 

犬の毛並みを良くするために、食事のバランスや皮膚を清潔に保つことなど
重要なポイントはいくつかありますが、それらに加えて
ぜひ気を付けておきたいポイントであるのが、「ストレス」です。

犬は、大きなストレスを受けると、自律神経が乱れてしまい
それが身体に対する負担を大きくしてしまうので、結果として
犬の皮膚にも影響が出て、毛並みが悪化してしまいかねません。

 

 

また、ノミやダニといった寄生虫も、犬の毛並みに影響を与える
原因の1つで、これらが寄生してしまうと、皮膚が炎症を起こします。

1度炎症を起こしてしまうと、フケなども発生しやすくなるため
より一層、皮膚の状態が悪くなってしまうので
犬に寄生虫が寄生している場合は、なるべく早く取り除きましょう。

 

 

また、その時点で犬の皮膚が炎症を起こしてしまっている場合
それを放置していると、その周辺の皮膚にも悪影響が出かねないので
すぐに病院へ行き、適切な処置を受けさせてくださいね。

この他、皮膚病以外の病気の原因にもなってしまう場合もあるので
単なる炎症でも油断せず、きちんと獣医に診察してもらいましょう!

 

 

犬の毛並み・毛艶を良くするお手入れ方法のまとめ

犬の毛並みや毛艶を良くするためには、皮膚が清潔に保たれ
良質な被毛が整い易い状態が必須なので、その効果を発揮する意味でも
定期的なシャンプーが、非常に重要であることが分かりました。

ただし、人間の頭皮と同じく、犬のシャンプーも、過度にすると
皮膚の乾燥の原因になるので、回数には気を付けたいところ!

 

 

また、犬の毛並みのコンディションには、食事による栄養バランス
実に大切であり、特に、タンパク質が不足すると、皮膚や被毛の生成に必要な
栄養素が足りず、正常な皮膚や被毛を作れなくなります。

万が一、愛犬の食事にタンパク質が足りないと感じた場合は
ドッグフードを見直してみるのも、1つの対応策であると言えます。

 

 

この他、精神的なストレスや、ノミ・ダニといった寄生虫
犬の毛並みに影響を与えるので、愛犬がストレスフルな状態でないか
犬にノミやダニが寄生していないか、という部分も確認したいところ―

皮膚の病気を放置すると、他の病気の原因になりかねないので
ノミやダニが原因で、犬の皮膚が炎症を起こす場合は、迷わず病院で
獣医に診察してもらい、必要に応じて、適切な処置を行いましょう。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク