犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬が下痢で血便を出す時の原因と対処方法~犬の病気を知る~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

ある日突然、血便を出してしまった時―
飼い主さんとしては、やはり愛犬のことが心配にもなりますよね。

特に、単なる血便のみならず、下痢の状態で血便が出ている
ともなると、どのような対処をすべきか、という
基本的な部分も、冷静さを失っては、分からなくなりかねません。

 

 

そこで今回はこのように、ある時急に、犬が下痢の状態で
血便を出してしまった時について、紐解いていきます!

犬の血便や、下痢と血便の因果関係はもちろん
いざという時の、気になる対処方法も説明しているので
ぜひ最後までチェックしつつ、今後のヒントにしてみましょう。

 

 

犬が血便を出してしまう原因

犬が下痢で血便を出す時の原因と対処方法~犬の病気を知る~

 

 

犬が血便を出してしまう原因には、様々ありますが
主に内臓に原因があるケースが非常に多いと言えます。

胃や腸などの主要な臓器のみならず、食道や肺などに
原因がある場合、それらが分かり難いことも珍しくありません。

 

 

ゆえに、血便の根本的な原因を調べる上で重要になるのが
犬が出す、血便の状態であると言えます。

通常の便の上から血液が付着した状態の血便である場合は
小腸や大腸といった、肛門に近い内臓、あるいは肛門から
出血している可能性が高まります。

食中毒や大腸に腫瘍ができている場合は、便に付着する血液自体が
比較的新しい状態の血便であることが多いのも特徴の1つです。

 

 

対して、便に付着した血液が赤黒い、または血液が付着してから
時間が経った状態の血便は、食道や胃など、肛門から離れた
消化器官からの出血が原因であると考えられます。

このように、犬の血便の状態を確認することで、ある程度
どこから出血しているか、出血の原因は何なのかを予測できます。

 

 

犬の血便への対処方法

犬が血便を出してしまった時の対処方法は、血便の状態や
血便を出した時の、犬の状態によって異なります

しかし多くの場合、犬が血便を出している時は
内臓に何らかの異常が出ているので、犬の様子もまた
普段と異なっているケースが多いと言えます。

 

 

特に、食欲の減衰などが見られる場合には
なるべく早い段階で病院へ行き、治療を行う必要があります。

血便が下痢の状態で出ている時には、健康状態はもちろん
内臓機能も低下している可能性があるので、こちらも注意が必要です。

 

 

ゆえに、血便の改善や予防の際は、とりわけ
食事に気を付けておきたいところ!

獣医から食事についての指導を受けた場合は、それに従うべきですが
それ以外の場合でも、食事に意識を向けることで、症状を緩和し
血便を抑制できる可能性はあります。

血便時は、なるべく多く水分を取らせる必要がありますが
便の状態によって、食事やドッグフードの硬さを変更したり
水分量を調整してみるなど、対応してみましょう。

 

 

また、胃や腸の環境を整えるために、乳酸菌を含む食べ物を与えることで
体の負担を減らしながら、血便も緩和させられる可能性があります。

注意点としては、基本的な部分ですが、犬の身体に合わない可能性があり
体調を崩す原因になるので、人用の食事ではなく、あくまでも
必ず犬用に販売されている食べ物を、与えてあげましょう!

 

 

犬の便から様々な身体情報を得る

犬が下痢で血便を出す時の原因と対処方法~犬の病気を知る~

 

 

以上のことから、犬の血便の状況を確認することで
その原因を知れることが分かりましたよね!

ですが、この他にも、犬の便は様々なことを教えてくれる
重要な役割を担っていると言えます。

 

 

犬に栄養が足りているかどうか、食事の量は適切であるかどうか
健康状態に至るまで、様々な情報が犬の便から読み取れます。

なので、たとえ犬が血便をしていない場合であっても
愛犬の便の確認は、定期的に行うようにしましょう!

 

 

そして、犬の便がいつもと違うと感じた時には
なぜいつもと違うのか、その原因を見つけ出し、適切な対応で
それらを改善するよう心がけておきたいところ。

それにより、犬の健康状態を維持できるので
より健康的な、愛犬の長寿にも繋がると言えます。

 

 

犬が下痢で血便を出す時の原因と対処方法のまとめ

ここまで、犬の下痢と血便に関する、基本的な原因や対処方法を
まとめてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

犬が血便を出した時は、まず内臓に何らかの異常がある
と推測できるので、もしもの時は、適切な処置を行いたいところ。

 

 

飼い主さんと言えども、犬の内臓の異常は、直接治療できないので
血便の原因が不明な時や、自力ではどうしようもない場合は
迷わずに、病院で獣医に診察してもらいましょう。

一方、同じ血便でも、それが下痢で出てきた時や、血便が始まって以降
愛犬の様子が可笑しいと感じた時は、犬が大きく体調を崩している
可能性が高いので、躊躇わずに病院へ行ってみることが大切です。

 

 

また、犬が血便をしていない時であっても
とりわけ、食事には気を付けておきましょう。

特に水分不足は、腸内環境に悪影響を与えるだけでなく
犬の健康そのものを左右するので、どのような状況にあっても
最低限、水分だけは、なるべくたくさん取らせてあげましょう。

 

 

犬の便は、飼い主さんに対して色々なサインを示しており
日頃からそれらを観察・確認することで、愛犬の体調の変化にも
より機敏に気づけるようになります。

異常が見られた場合には、何が原因で便に異常があるのかを突き止め
活用できる機関を上手に活かすようにしましょう!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク