犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の散歩のしつけ方法~散歩中に多いトラブルとは?~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

の飼育をしていると、必ずしなければならないことが
数多く挙げられますが、その中でも、特に重要度の高い習慣であるのが
散歩」であると言えるのではないでしょうか?

散歩は、犬の運動不足を解消するだけでなく
犬自身のストレス解消や、病気の予防につながる、大切な習慣の1つです。

 

 

このように、散歩1つが、犬にとって非常に大切な役割を担っていますが
そんな犬の散歩において、肝心になる「しつけ方法」には
一体どのようなものがあるのか、気になるところですよね!

また、犬の散歩をしている時に、起こりやすいトラブルには
どのようなものがあるのか、という部分も、ぜひ押さえておきたいもの。

今回は、このような犬のしつけと散歩に関する内容について
気になる部分を順番に、ご紹介していきますので
ぜひあなたも、最後までチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

犬の散歩のしつけ方法とは?

犬の散歩のしつけ方法~散歩中に多いトラブルとは?~

 

 

初めに、犬の散歩のしつけをする時の基本的な方法
ご紹介していきましょう。

犬を飼う際、一番最初にしつけなければならないのが
リーダーウォーク」であると言えます。

 

 

リーダーウォークは、愛犬と飼い主が、一定の距離をもって
寄り添いながら歩くことを指します。

愛犬を、不慮の事故から守る上で、飼い主が最初にしつけるべき
非常に重要度の高いリーダーウォーク―

そのリーダーウォークができていない場合、愛犬が事件や事故に
巻き込まれるリスクのみならず、飼い主側にとっても
トラブルの原因を生みかねず、周囲に迷惑をかける可能性もあります。

 

 

そうした意味でも、重要なしつけであるリーダーウォークですが
一体、どのようにそのしつけをするのか、気になるところですよね。

結論からお伝えすると、犬のリーダーウォークのしつけは
なるべく早い時期から始めるのが無難です!

 

 

リーダーウォークの完成までに、必ずすべきことの1つは
室内での訓練であり、これをクリアした先に
屋外でのしつけへの道が開かれると言っても過言ではありません。

最初から外に出て、リーダーウォーのしつけをすると
犬が突飛な行動をとった時、飼い主側が対応できない
なんて可能性は、決して否定できません

ゆえに、最初は室内で慣らしてから、外でのしつけをする
この流れを必ず守るようにしましょう。

 

 

リーダーウォークのしつけを、始めたばかりの犬の場合
リードを引っ張ってしまうことが多いもの。

なので、最初はご褒美と罰を使い分けながら
リードを引っ張らないようにさせる必要があります。

このトレーニングによって、犬も学習するので
本能的に、罰がある行動を選ばなくなり
ご褒美のある行動を選ぶ癖がつくと言えます。

 

 

また、そんなリーダーウォークの訓練時にも
注意しなければならないのは、飼い主側が勢い余って
リードを引っ張りすぎないということ!

犬が勝手に行動しようとすると、ついリードを引っ張ってしまう
なんて飼い主さんも少なくありません。

リードを引っ張る行為は、犬との信頼関係を壊す可能性があり
犬の身体的な苦痛を与える原因にもなってしまいます。

 

 

人間同様、犬もまた、苦痛やストレスを感じる生きものなので
そうしたストレスを減らすためにも、まずは室内で
ある程度リーダーウォークをこなしてから、外での訓練を行いたいもの。

外での訓練やトレーニングであっても、基本的には
室内で行う内容とは大差無いので、愛犬との絆を育む気持ちで
まずはしつけの基本であるリーダーウォークをマスターしてみましょう!

 

 

犬の散歩中に多いトラブルとは?

では次に、犬と散歩をしている時に遭遇する
様々なトラブルについて、チェックしていきましょう。

犬の散歩では、飼い主がイメージしなかった意外な角度から
予期せぬトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

 

 

①害虫

例えば、散歩中、愛犬の身体に、ミノやダニが寄生してしまう
というシチュエーションは、想像以上に頻発しています。

特にノミ・ダニは、犬の健康を脅かす存在でもあるので
これらの寄生が判明したら、すぐに取り除きましょう!

 

 

②他の生きものへの関心

自分以外の大型犬や小型犬、あるいは猫などといった
他の生きものとの出会い1つでも、犬は興奮してしまうことがあります。

1度興奮してしまうと、普段はしない行動をとってしまう
という犬も少なくないので、その場合は、愛犬をその場から離し
落ち着かせてあげましょう。

 

 

これら以外にも、犬と散歩をしていると、いろいろなトラブルに
巻き込まれることがあります。

それぞれのトラブルに巻き込まれた際は
1つずつ冷静に対処できるよう、常に情報収集をしておきましょう!

 

 

犬を散歩させるうえで気を付けることは?

犬の散歩のしつけ方法~散歩中に多いトラブルとは?~

 

 

最後に、犬を散歩させる際に、気を付けるべきこと
最低限知っておきたいマナーとして、ご紹介していきます。

愛犬がトラブルに巻き込まれ、被害側に陥る可能性と同様
場合によっては、自分の愛犬が原因で、周囲に迷惑をかけてしまった
というケースも、決して珍しい話ではありません

 

 

①リードを着用させる

大前提として、どれだけきちんとしつけができていても
犬を散歩させる際は、必ずリードを使用しましょう。

性格が大人しく、しつけもできているから
リードをしなくても問題ない、と考える方も多いところですが
実際は、リードを付けていない犬に、不安を抱く人もいます。

 

 

②排せつ物の処理方法を知っておく

公園などでも、看板に記載されていることが非常に多い
「犬のフン」に関する、扱い方も、きちんと理解して
自力で処理できるようにしておきたいところ。

 

 

散歩中の犬の排せつ物は、あくまでも生理現象であり
仕方のない事ですが、愛犬がしたフンは、飼い主側が責任をもって
きちんと処理するのが原則です。

また、大便の他、犬が電柱などにマーキングすることがありますが
こちらも処理すべき行為の1つになるので、愛犬がマーキングをしたら
きちんと水をかけて消しましょう。

 

 

これらの行動は、愛犬を散歩させる上で
飼い主が知っておくべき、最低限の基本マナーとなります。

ぜひあなたも、こうした内容をきちんと認識した上で
愛犬との有意義な散歩をしてみましょう!

 

 

犬の散歩のしつけと散歩中のトラブルのまとめ

犬の散歩―そのしつけをする上で、最初に教えなければならないのは
やはり、リーダーウォークであることが、よく分かりますよね。

基本的なリーダーウォークをできるようになるまでは
人通りの多い道や場所を控えるのが無難であると言えます。

 

 

犬を散歩させていると、トラブルに巻き込まれることもありますが
だからこそ、適切な対処ができるよう、事前知識を付けておきたいもの!

大切な愛犬と一緒に、より有意義な散歩を実現できるよう
ぜひこちらの記事を、参考にしてみてはいかがでしょうか?

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク