犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の散歩方法を紹介~適した時間・距離・回数とは?

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

自宅でを飼育していると、必ず行わなければならないことが
沢山思い浮かべられますよね。

その中でも、定期的に「散歩」に連れて行くことは
重要度の高い、大切な習慣であると言えるのではないでしょうか?

 

 

ですが、実際に犬を飼育している飼い主さんであっても
犬の散歩に適した時間や距離、正確な回数などの、細かな部分まで
徹底していくことは、非常に困難な試みでもあります。

今回は、そのような犬の散歩に関して
気になる基本的な方法や詳細を、ご紹介していきますので
ぜひ最後まで、チェックしてみてくださいね!

 

 

犬の散歩に適した時間や距離とは?

犬の散歩方法を紹介~適した時間・距離・回数とは?

 

 

初めに、犬の散歩における、基本的な時間や距離について
その詳細をチェックしていきましょう。

 

 

①散歩に適した時間

犬には、適した散歩の時間があり、犬種や年齢によって
それぞれに異なりますが、全体的な平均では、約30分程度です。

 

 

基本的には、大型犬且つ若い年齢の犬であるほど
小型犬且つ老犬よりも、散歩の時間が多めに設定されています。

大型犬は前後1時間、小型犬は前後30分が
1日に必要な運動時間の基本になるので、それぞれの性格も踏まえ
ボール遊びなどの運動も挟みながら、散歩時間を調節してみましょう!

 

 

②散歩に適した距離

犬の散歩に適した距離もまた、時間同様、犬種や体格により
前後させるべきポイントの1つです。

 

 

小型犬の子どもであれば、自宅の中で動き回ったり
家の周りを1周するだけでも、相当の歩行距離を確保できますが
大型犬になるほど、その距離を伸ばしておきたいところ。

また、年齢や個体差に加え、居住環境や持病の有無によっても
運動量を変える必要があり、大型犬であっても、季節や時間帯に応じて
ルートを変更してみるのも、大切な取り組みであると言えます。

 

 

これらのポイントを見ていくことで、時間と距離によって
犬の散歩そのものの質が、大きく変わってくることが分かりますよね!

ぜひあなたも、改めて自分と愛犬の状況を振り返りつつ
健康的な散歩の在り方を、再確認してみましょう。

 

 

犬に適した散歩の回数とは?

では次に、犬の散歩に適した回数について
考慮しておくべきポイントを、ご紹介していきます。

お伝えした通り、犬の散歩は、健康管理において
定期的に行う必要がありますが、その指標の1つになるのが
運動量」であると言えます。

 

 

犬に必要な運動量は、前述した通り、基本的には
犬の年齢・大きさなどによって、異なるケースが多いもの。

これらの条件を踏まえて、どの程度の運動量が必要になるのか
ということに焦点を当てて、散歩の回数を考えてみましょう。

 

 

若い大型犬の場合、より多くの運動量が必要になるため
1度の散歩だけでは、運動不足に陥ることも珍しくありません。

そのような時は、まさに、散歩そのものの回数を
増やしてみる必要が出てきます。

 

 

一方で、犬によっては基礎体力が少なく
長時間の散歩ができない犬種が存在するのも事実です。

そのような犬の場合は、むしろ、1度の散歩時間を短縮し
回数を増やす、という方法も、検討してみましょう。

また、夏場は気温が高く、地面が熱くなることから
長時間の散歩は、犬に負担がかかってしまうこともあるため
この場合もまた、時間を縮めて回数を増やす方法が有効です。

 

 

このように、犬の散歩の回数もまた、犬の状態や周りの環境に応じて
臨機応変に変えていく必要があることが分かりますよね。

散歩の回数にも目を向けることで
ある程度、運動量の振り幅を持たせられるので
ぜひこれらも同時に、確認してみてはいかがでしょうか?

 

 

犬を散歩させる上で気を付けることは?

犬の散歩方法を紹介~適した時間・距離・回数とは?

 

 

最後に、犬を散歩させる上で、ぜひ気を付けておきたいポイント
この機会に改めて、チェックしていきましょう!

3つのテーマに分けてお伝えしていくので
ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。

 

 

①散歩に慣れてもらう

散歩に不慣れな犬に対しては、初めから長時間の散歩をするのではなく
時間をかけて回数を増やしながら、徐々に散歩に慣らしていきます。

特に子犬は、アスファルトやレンガの上を歩き慣れていないため
少しの散歩でも、足に疲労が溜まりやすいので、その場合は
通常よりも散歩の時間を短縮し、犬への負担を減らしましょう!

 

 

②丁寧なリード選びを心がける

犬を散歩させる際に必要なリードですが、このリードが
きちんと愛犬に合っているのかということも、必ず確認したいところ。

リードの太さや重さ、材質など、昨今は様々な種類が販売されており
犬によっては、材質や重さが合わず、炎症を起こすこともあるので
愛犬にリードを付ける時は、必ず丁寧なリード選びを心がけましょう!

 

 

③排せつ物の処理を徹底する

飼い主の義務として、当然の条件の1つですが
犬を散歩させている時の排せつ物は、きちんと処理しましょう。

 

 

犬の排せつ物をそのままにしておくと、周囲の迷惑にもなり
場合によっては、不要なトラブルの原因にもなりかねません!

大便は処理する飼い主さんも多いですが
小便の場合でも、その部分に水をかけるだけで、十分な処理になるので
極力、小便もきちんと処理するよう努めましょう。

 

 

このように、犬を散歩させるためには
いくつかの注意点が挙げられるものの、こちらでご紹介した部分は
あくまでも、基本中の基本と呼べる内容であると言えます。

環境や犬種によって、その条件や必須項目は、多少前後するため
まずは、これらの点に気を付けるようにしましょう!

 

 

犬の散歩に適した時間・距離・回数のまとめ

ここまでご紹介してきましたが、犬の種類によって
散歩に適した距離や時間、回数というものが
根本的に異なることが、よく分かりますよね!

自分の飼育している犬の、種類や大きさ、年齢などを参考に
散歩に適した距離や時間、回数を模索してみましょう。

 

 

犬に散歩をさせることは、運動による体調管理に加えて
ストレス発散などの、精神的な安定を維持する役割も担っています。

散歩のコースを決めて、1年中同じ場所を歩いてもらうよりも
定期的にルートを変更したり、いろいろな場所を散歩させることで
犬にとっても、良い刺激になると言えますよね。

 

 

犬の散歩は、ただ単に毎日行えば良い、という単純なものではなく
必要な時間や距離、回数というものが、確かに存在します。

犬を散歩させる時には、あらゆる角度に気を配りながら
愛犬にとって、どのような散歩がベストであるのかという部分を
常に意識して考えるようにしましょう!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク