犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

秋の犬の散歩~散歩の時間帯や散歩時間の目安とは?~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

は、気温も気候も落ち着きを取り戻す、非常に過ごしやすい季節であり
何はなくとも、紅葉狩りや散歩に出かけたくなる方も多いですよね。

特に、の「散歩」は、心身の健康管理において、重要な習慣の1つ―
まさに、秋こそ愛犬と健康的な散歩がしたくなるものです。

そんな愛犬との散歩において、秋という季節だからこそ
ぜひ気を付けておきたいポイントが存在するのを、ご存知でしょうか?

 

 

今回は、秋の犬の散歩を実践する上で、気を付けるべきことについて
3つのテーマに分けながら、ご紹介していきます!

散歩に行く時間帯や、散歩時間の長さをはじめ、秋の散歩について
知っておきたいことをまとめてみたので、より楽しく快適に
犬との散歩ができるよう、ぜひ最後までチェックしてみましょう。

 

 

秋の犬の散歩に適した時間帯とは?

秋の犬の散歩~散歩の時間帯や散歩時間の目安とは?~

 

 

初めに、秋の犬の散歩において、ぜひ押さえておきたい
ベストな時間帯をお伝えしていきます。

秋は、平均気温も下がり始める時期であり
人間にとっては、非常に過ごしやすい季節の1つ。

 

 

ゆえに、犬の散歩もまた、どの時間帯に行っても問題ないのでは
と考える方も多くいらっしゃいますが、そんな秋のシーズンあっても
犬の散歩においては、ある程度、その時間帯に気を付ける必要があります!

その理由としては、秋であっても尚、1年を通して考えると
日差し自体は、まだ強い状態が続いている季節であるからです。

日差しが強いということは、地面が熱せられている
ということでもあるので、人間の体感では涼しいと感じていても
犬にとっては、まだまだ暑いと感じてしまうこともあります。

 

 

特に、犬は身体が小さく、地面に近いこともあり
人間以上に、地面の熱や、そこからの反射熱を多く受けています。

そのため、たとえ気温が低い日であったとしても
その実際、犬は変わらず暑いと感じてしまうことも珍しくありません!

とりわけ、アスファルトやコンクリートの地面は
土の地面よりも、温度が高くなる傾向にあり、その熱の持続時間もまた
普通の道に比べると長いケースが多いもの。

 

 

これらの理由から、秋であっても、散歩に行く時間帯は
気を付けておきたい背景が、よく分かりますよね!

実際に犬の散歩に適した、明確な時間帯は決まっていませんが
正午から15時にかけてのお昼からお昼過ぎにかけては
最も日射量が多い時間帯になるため、必ず避けておきたいところ。

地面の温度は、夏と大差ないほどになってしまうこともあるので
日射が強くなってしまうこの時間帯の散歩を控えるようにつつ
生活リズムに合った時間帯の犬の散歩を心がけてみましょう!

 

 

秋の犬の散歩に適した散歩時間とは?

次に、秋の犬の散歩に適した、散歩時間の詳細について
その特徴をご紹介していきます。

犬に必要な散歩時間は、犬種や年齢、体格や体力の規模によって
実際にはそれぞれ異なるものですが、総合的に平均すると
約30分程度であるとされています。

 

 

夏場や冬場であれば、日照時間や外気温によって
散歩の時間帯や時間配分など、気にすべき部分も多くありますが
秋の気候では、散歩時間についてさほど気にする必要はありません。

気温も日差しの強さも、比較的落ち着いている秋は
少し長めに散歩をしても、犬が熱中症や脱水症状になるリスクは
そこまで高まらないので、のんびり散歩ができる季節であると言えます。

 

 

もちろん、極端な長時間の散歩をしてしまうと、犬のみならず
飼い主さんにとっても、心身の負担を増やしかねません。

あくまでも、散歩をしている時の、環境や状況を見つつ
愛犬の様子も確認しながら、実際に散歩する時間を決めるのが
無難であると言えるのではないでしょうか?

 

 

秋の犬の散歩をする上で気を付けることは?

秋の犬の散歩~散歩の時間帯や散歩時間の目安とは?~

 

 

ここまでは、秋のシーズンにおける、犬の散歩の
基本的な時間枠についてお伝えしてきました。

最後に、秋の犬の散歩について、ぜひ気を付けておきたい
ポイント
を、いくつかご紹介しておきましょう!

 

 

①花粉の存在

花粉と聞くと、春のイメージが強いところですが
実は意外に、秋も多くの花粉が飛散している季節になります!

そして、犬もまた、そんな花粉の存在によって
花粉症になることがあります。

 

 

花粉が多く飛散していることを知らず、いつも通りに散歩すると
目の充血や、皮膚の痒みといった症状を発症するリスクがあります。

そこで、犬が花粉症であると分かった時は、まず散歩の時間帯を
花粉の飛散量が少ない時間帯に移し、帰宅後は、身体に付着した花粉を
取り除いてあげることも忘れないようにしておきたいところ!

そうすることで、犬を花粉症の症状からある程度
守ってあげることができると言えます。

 

 

②虫に注意しておく

虫と聞くと、こちらもまた、秋よりも夏の方が、そのイメージに近いもの
ですが、実は虫の活動が最も活発になるのは、秋となっています。

秋は、蚊も多くなり、毛虫などの害虫も、春に負けず劣らず
非常に多く動き回るシーズンです!

 

 

中でも特に、毛虫は犬の身体に付着してしまうと
その部分から炎症を起こすことも珍しくありません。

地面に落ちている毛虫を踏んでしまうと、足の裏に炎症を起こすため
症状が酷い場合は、歩行困難になってしまうこともあります。

1匹たりとも虫のいない道を探すのは難しいですが
毛虫が多くいる道だけでも、なるべく散歩コースから外しましょう。

 

 

③熱中症に気を付ける

秋は、平均気温が夏よりも低くなりますが、それでも尚
犬にとっては、常に少々暑いと感じられる季節でもあります。

 

 

秋になったからといって、人間の感覚と同じように捉え
熱中症対策を怠ることだけは、ないようにしておきたいところ!

散歩時は、極力日陰を歩いたり、散歩の途中で、小休憩を挟むだけでも
熱中症のリスクは下げられるので、ぜひ実践してみましょう。

 

 

このように、秋の散歩1つをとっても、犬と一緒にいると
いくつかの注意点を意識する必要があることが分かります。

散歩の時には、これらを1つずつ意識しながら気を付けることで
少しでも、安心して散歩できるようになるのではないでしょうか?

 

 

秋の犬の散歩に適した時間帯や散歩時間のまとめ

は、他の季節に比べて、非常に犬の散歩に適している季節である
ということが、よく分かりますよね!

 

 

ですが、それでも尚、秋の犬の散歩において
気を付けなければならないことも、確かに存在します。

これらの点に気を付けることで、より一層
秋の犬の散歩が快適になるので、ぜひあなたも、この機会に
改めて犬の散歩について再確認してみてはいかがでしょうか?

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク