犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

春の犬の散歩~散歩の時間帯や散歩時間の目安とは?~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

は、気候に恵まれた季節の1つであり
人も生きものも、比較的穏やかで楽しい時間が過ごせるもの―

特に、の「散歩」は、健康管理やストレス軽減のためにも
1年を通して、非常に大切な習慣の1つとなっています。

まして、散歩のしやすい春の時期においては
愛犬の散歩について、特に考えることは無いと思われがちですが
実際には、ぜひ考慮しておきたいポイントがいくつか存在します!

 

 

こちらの記事では、そんな犬の散歩に関するお悩みのヒントを
3つのテーマに分けながら、ご紹介しています。

今回は、春の散歩について、それに適した時間帯や
散歩時間の長さをメインに、春の犬の散歩にまつわる
押さえておきたい基礎知識を、説明をしていきましょう!

 

 

春の犬の散歩に適した時間帯とは?

春の犬の散歩~散歩の時間帯や散歩時間の目安とは?~

 

 

初めに、春の犬の散歩に適した、基本的な時間帯について
その特徴をチェックしていきます。

春は、特に人が過ごしやすい気温が多く
いつ散歩に連れて行っても大丈夫なようにも考えられるもの。

 

 

しかし、人間にとっては散歩に適している気温であっても
犬にとって、それらが同じであるとは限りません

犬は、人間よりも地面に近い所にいるため、人間以上に
地面からの熱の影響を受けやすいのが、最大の違いであると言えます。

さらに、こだわりの強い飼い主さんでない限り
人のように、靴や靴下なども履いていない犬がほとんどであるため
地面の温度が、犬の体感温度にとって、とても重要な要素になります。

 

 

この部分を踏まえて考えると、「春だから」といって
地面の温度も快適な温度になっているとは限らないことが
よく分かりますよね!

人の背丈では、ちょうど良い気温であったとしても
こと地面の温度は、非常に熱くなっているのは、よくあること。

 

 

その上で、春に犬を散歩させる時間帯として、最も快適な時間としては
空からの日差しの割合が減少する、朝や夕方以降ということになります。

一方のお昼間は、日射量も多くなってしまうため
地面の温度も自然と高まる傾向にあります。

だからこそ、春のシーズンに愛犬と散歩する際は、時間帯と同時
ぜひ事前に、地面の温度も、併せて確認しておくようにしましょう!

 

 

春の犬の散歩に適した散歩時間とは?

では次に、春の犬の散歩に適した、気になる散歩時間について
その詳細を掘り下げてみましょう。

春という季節に、犬の散歩をする上で
その基本的な時間枠を決める際に重要になるのは
何と言っても、その日の気温と天候であると言えます!

 

 

昨今の気候変動の影響も相まって、日本の春であっても
気温が高い日には、夏同等の気温になることも珍しくありません。

万が一、そのような気温の日に、長時間の散歩をしてしまうと
人間以上に、犬にとっては非常に大きな負担になってしまいます!

ゆえに、犬を散歩に連れて行く際は、外気温がどれくらいであるか
ということをしっかりと確認してから、散歩を始めましょう。

 

 

また、気温と同時に注意する必要があるポイントになっているのが
その日の基本的な天候であると言えます。

天候が悪い日の場合、人間が感じている以上に
外気温が低くなっている可能性は、十分にあります!

 

 

一口に春といっても、天気が良ければ気温は上がり
若干雲の割合が増えて、天気が悪くなれば、それだけでも
気温は下がってしまうということ―

愛犬を散歩に連れて行く前には、ぜひ気温と天候の確認
事前にしっかりとしておくようにしましょう!

 

 

春の犬の散歩をする上で気を付けることは?

春の犬の散歩~散歩の時間帯や散歩時間の目安とは?~

 

 

ここまでは、春の犬の散歩に際した
基本的な時間に関する情報をお伝えしてきました。

最後に、春の犬の散歩時に、注意しなければならない点
いくつかのポイントに分けてご紹介していきましょう。

 

 

①水分補給をまめに行う

春といっても、犬にとっては少し暑く感じられる季節である
ということを、しっかりと理解してた上で大切になるのが
水分補給を適切にとるということ。

 

 

犬は、人間よりも寒さに強く、暑さに弱い生きものであるため
人間にとって、ベストな気温が多い春でも
犬にとっては少し暑いと感じられる日が多くあります。

そのようなシーズンだからこそ、人間の体感のみで
水分補給を怠ると、脱水症状や熱中症を引き起こすこともあり得るので
散歩の前後には、きちんと水分と取らせましょう!

 

 

②花粉の量に意識を向ける

花粉症と聞くと、人間の病気と考えられがちですが
意外にも、犬の花粉症は存在します!

人間の花粉症は、主に鼻炎症状が挙げられますが
犬の場合、その症状の多くが、皮膚に現れるとされています。

 

 

花粉症の重さには個体差があるものの、愛犬が花粉症の状態で
何も知らず、花粉が多い時間帯やタイミングに散歩に出ると
犬の身体に負担がかかってしまうことがあります。

なので、犬が花粉症になってしまっている時にはまず
花粉の飛散量を、事前に確認した上で、散歩時間にも気を付けながら
犬の散歩を行うようにしましょう。

 

 

③無暗に草むらや畑へ足を向けない

春は、あらゆる作物が育てられていることに加え
気候柄、雑草が増える季節でもあります。

そのため、人が管理している草むらや畑である場合
農薬が散布されていることも、決して少なくありません!

 

 

犬の身体に農薬が付着すると、炎症を起こす可能性がある他
それらが付着した草を、誤って口にすることで
体調不良を起こしたり、中毒症状を起こす危険性もあります。

ゆえに、農薬が散布されている可能性のある
草むらや畑には、極力近寄らないようにしておきましょう。

 

 

このように、春といっても、散歩をする時には
気を付けなければならないことがたくさんあります!

これらの点に注意しながら散歩することで、飼い主さんも愛犬も
共に安全を確保しつつ、安心して散歩できるのではないでしょうか?

 

 

春の犬の散歩に適した時間帯や散歩時間のまとめ

日本の春は気候が良く、犬の散歩にも適している季節である
と考える飼い主さんは多いですが、実際には、春の散歩にも
いろいろな点に気を付けなければなりません。

 

 

気温や散歩の時間をはじめ、あらゆるポイントがあるので
これらを改めてきちんと意識して、散歩させてあげたいところ!

犬にとっての不慮の事態を、未然に防ぐことで
より一層、春の犬の散歩そのものが、有意義なリフレッシュに
つながると言えるのではないでしょうか?

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク