犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

夏の犬の散歩~散歩の時間帯や散歩時間の目安とは?~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

を飼う際、「散歩」をすることは、健康向上やストレス発散のために
非常に重要な習慣の1つであると言えますよね!

だからこそ、愛犬の散歩は、定期的に連れて行くべきところですが
こと、夏場の散歩は、犬・人の両者にとって、非常に大変なもの―

 

 

こちらの記事では、そんな夏の犬の散歩という場面にこそ
ぜひ気を付けておきたいポイントを中心に、ご紹介しています。

今回は、夏の散歩について、それに適した時間帯や
散歩時間の長さを中心に、3つのテーマを説明をしていきましょう!

 

 

夏の犬の散歩に適した時間帯とは?

夏の犬の散歩~散歩の時間帯や散歩時間の目安とは?~

 

 

初めに、夏場における犬の散歩の時間帯について
最も犬に負担がかからない時間をお伝えしていきます。

夏場の犬の散歩は、考えるだけでもストレスを感じてしまうほど
そのハードルが高くなりがちですが、端的に結論だけを見ると
散歩に適した時間としては、早朝が挙げられます!

 

 

夏の早朝は、日射も強くなく、気温も上がりきっていないので
犬のみならず、人間にとっても、散歩に向いている時間である
と言えるのではないでしょうか?

また、日射が少ない分、地面のアスファルトやコンクリートも
熱しきらず、犬が歩くのにも、比較的快適な時間帯となっています。

 

 

明確な時間帯としては、日が昇り出す5時から6時頃ですが
飼い主さんによっては、朝の支度が忙しく
早朝の犬の散歩ができない、なんて方もいらっしゃいますよね!

その場合は、安全面に配慮しながら、夜の時間帯に
散歩させてあげることも、視野に入れてみましょう。

夜の22時以降になると、気温も落ち着いており
地面の熱も冷めている時間帯なので
早朝と同じく、比較的快適に散歩できると言えます。

 

 

ただし、同じ夜でも、19時や20時などの早い時間帯では
まだ暑さが残っており、地面も熱を持っている状態になるので
この時間帯は、なるべく避けておきたいところ!

このように、夏に犬の散歩をする場合は
何よりもまず、気温が高くなく、地面の熱が低い時間帯を狙うのが
飼い主さんも犬も、快適に散歩するためのポイントになります。

 

 

夏の犬の散歩のに適した散歩時間とは?

では次に、夏の犬の散歩時に、ぜひ押さえておきたい
基本的な散歩時間の程度について、お伝えしていきます。

本来、犬の散歩時間の目安としては
平均約30分程度と考えられていますが、夏場の散歩に限っては
この平均時間よりも、短めの時間に設定するのが無難です。

 

 

たとえ、先にお伝えした通り、早朝や夜など
比較的気温が下がっている時間帯での散歩であるとしても
夏は根本的に他の季節よりも暑く、平均気温が高い状態にあります。

そのため、昼よりも気温が低いからといって
長い時間散歩をさせてしまうと、犬の身体には、常に人間以上の
心身への負担がかかってしまうことになりかねません!

 

 

ゆえに、1度の散歩時間は、20分程度を限度としておき
その日の気温や気候に応じて、時間も前後させてみましょう。

一度の散歩時間を短くする代わりに、散歩を朝と夜の2回に分ける
などの方法も、1つのスタイルになるので
ぜひあなたも、あらゆる散歩の形を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

夏の犬の散歩をする上で気を付けることは?

夏の犬の散歩~散歩の時間帯や散歩時間の目安とは?~

 

 

ここまでは、夏場の犬の散歩における
基本的な時間の振り幅についてお伝えしてきました。

最後に、夏の犬の散歩における、気を付けておきたい
いくつかの注意点をご紹介しておきましょう。

 

 

①地面の温度を確認しておく

夏の地面は、日射熱の影響で非常に熱を持っているため
気温自体はさほど高くない日でも、地面は常に熱くなっている
ということも珍しくありません。

ゆえに、地面が何度くらいの温度になっているのか
という部分は、常に確認しておくようにしましょう!

 

 

人間は、外出時に靴を履くので、地面の温度はあまり気になりませんが
犬などの生きものは、常に地面の上を裸足で歩きます。

特に、ダックスフントなど、足が短く、身体と地面との距離が近い犬種は
地面の反射熱によるダメージが、他の犬よりも多くなるもの!

地面が熱くなっていると、体温管理に必要な肉球に
火傷をしてしまう可能性もあるので、夏場の犬の散歩においては
地面の温度への意識を欠かさないようにしておきましょう。

 

 

②こまめな水分補給を行う

犬は、体温調節のために、常に人間よりも体内にある水分
多く使う傾向があります。

そのため、散歩の時間は短くとも、その外出によって
確実に体内の水分を消費しています。

 

 

ゆえに、人間同様、夏場においては他の季節以上に
水分補給をしっかりと行う必要があります!

先にご紹介したような、足の短い犬種や、体の小さい犬種に対しては
特に、脱水症状や熱中症に気を使う必要があるため
水分補給を怠ると、より一層、これらのリスクが高まります。

 

 

万が一、散歩中に脱水症状や熱中症などの症状が見られる時には
即座に散歩を切り上げ、水や冷やしたタオルで身体を冷やしましょう。

その際、同時にきちんと水分を取らせることも重要になりますが
身体を冷やして、水分補給を行っても尚、症状が改善されない場合は
迷わずに病院へ連れて行ってあげてくださいね。

 

 

以上のような点に気を付けて、散歩をすることで
夏であっても、比較的快適な散歩に近づけられるもの。

昨今の夏の暑さは、人間でも非常にストレスを感じるため
ぜひ愛犬に対しても、その負荷を減らす努力を、怠らないようにしましょう!

 

 

夏の犬の散歩に適した時間帯や散歩時間のまとめ

夏の犬の散歩では、いろいろな点に気を付けなければならない
ということが、よく分かりましたよね。

散歩に行く時間帯や、散歩をする時間など、犬との散歩を実践する上で
必ず気を付けておきたいことは、非常にたくさんあります。

特に、昨今の夏の暑さは、犬にとって、人間以上に
非常に体に負担のかかるものなので、散歩の時間や長さは
極力、犬に負担がかかりにくい時間帯や長さを意識したいところ!

 

 

そして、散歩をした後には、犬も人も、必ず水分を取り
脱水症状・熱中症を防ぐことも、必須の行動です。

大切な愛犬との夏の散歩を、より有意義なものにするために
ぜひあなたも、これらのポイントをしっかり押さえておいてくださいね。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク