犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬が低い声で吠える時はどんな気持ちなの?高い声で吠える時は?

犬の吠えるのを聞いていると吠え方に違いがあることが分かります。

低い声で吠えることがあれば高い声で吠えることもあります。

 

 

この吠え方の違いは何を表しているのでしょうか。

犬の吠え方で分かる犬の気持ちについて説明していきます。
 

犬が低い声で吠える時はどんな気持ちなの?高い声で吠える時は?

 

 

 

 

犬の吠え方には種類がある

犬の吠え方には種類があり、この吠え方の種類の違いによって犬の気持ちが変わってきます。

低い声で吠えるときと高い声で吠えるときは犬が伝えたい気持ちは違います。

 

 

では、低い声で吠えるときにはどのような気持ちなのでしょうか。

犬が低い声で吠えるとき、犬は警戒している状態にあります。

低い声で吠えることにより相手を威嚇すると同時に戦う意思があることを主張しています。

 

 

自分から敵対している時にも低い声で吠えますが、
知らない相手が近づいてきたときにも低い声で吠えて自分の存在をアピールし、
これ以上近づくなという意思を示しています。

 

 

この低い声で吠えるのは野生の犬だけでなく、
飼い犬も同じように低い声で吠えることがあります。

 

 

飼い犬の場合、家に知らない人が訪れた時などに低い声で吠えることがあります。

なので、犬が低い声で吠えている時には不用意に近づかないようにしなければなりません。

 

 

そして、犬が高い声で吠えるときには歓迎の意思を示しています。

例えば、家によく知っている人が来たときに高い声で吠えます。

 

 

飼い主が家に帰ると
犬が高い声で吠えながらお出迎えをするという光景を見たことがあると思います。

 

 

これは、家に帰ってきた飼い主に対して喜びを表しているのです。

このように犬の吠えるときの声の高さで犬の感情を知ることが出来ます。

 

 

声の高さ以外でも犬の気持ちを知ることができる

このように犬の吠えるときの声の高低差で犬の気持ちを知ることができます。

しかし、犬の気持ちを知る方法は吠えるときの声の高低差だけではありません。

ほかの様々な部分でも犬の感情を知ることができます。

 

 

犬の吠える時間の長さも犬の気持ちを表しています。

うなり声を長時間出している場合には威嚇の意思表示をしています。

うなっている犬は少し機嫌が悪そうに見えます。

 

 

しかし、うなり方によっては機嫌がいい場合もあるので
一概にうなっているだけで威嚇をしているわけではありません。

 

 

しかし、長時間うなり声を上げ続けている場合には
犬は相手を威嚇しているので気を付けるようにしましょう。

 

 

他にも犬が遠吠えのように高い声で吠えている時には不安を表しています。

野生の犬が遠吠えをしている時には仲間とのコミュニケーションを取っています。

 

 

吠える回数も犬の気持ちを知るうえでの判断材料になります。

吠える回数が多ければそれだけ犬が興奮していることを表しています。

吠える回数が少なければ犬の興奮度はそこまで高くないということです。

 

 

このように、犬の吠えるときの声の高低差だけでなく、
吠える時間の長さ吠える回数によっても犬の気持ちを知ることが出来ます。

 

 

犬が吠える時とうなる時の違い

犬は状況によって吠える時うなる時がありますが、この違いはなんなのでしょうか。

犬が吠える時には周りに相手がいます。

この相手に自分の感情を伝えるために犬は吠えます。

 

 

また、周囲に状況を伝えるために吠えることもあります。

基本的には相手に状況を伝えるため、外敵が来たことを仲間に知らせる時や、
飼い主に挨拶をするときなどに吠えます。

 

 

それに対して、うなる時は目の前に外敵が存在します。

外敵への攻撃姿勢を示すために犬はうなります。

 

 

なので、犬がうなっている時には近づくことはできません。

犬が吠える時とうなる時の違いは犬の気持ちの違いでもあります。

 

 

しっかり理解することにより、
犬とのコミュニケーションをより適切に取ることが出来るようになります。

 

 

 

 

犬が低い声で吠える時、高い声で吠える時の気持ちのまとめ

犬が低い声で吠える時はどんな気持ちなの?高い声で吠える時は?

 

 

犬が吠える時の声の高さで犬の気持ちを知ることができます。

犬が低い声で吠える時には相手を威嚇しています。

 

 

また、威嚇まではいかないまでも周囲に対して警戒している場合などに
低い声で吠えることがあります。

 

 

犬が高い声で吠える場合には低い声で吠える時とは打って変わって、
喜び歓迎の気持ちを表しています。

自分が信頼している相手が近くに来た時などに高い声で吠える傾向にあります。

 

 

このように犬の吠え方で犬の気持ちが分かるのですが、
吠える時の声の高さだけでなく吠える時間の長さ吠える回数
犬の気持ちを知る為の材料になります。

 

 

犬の吠え方は気持ちによって少しずつ違います。

この違いをきちんと理解することができれば犬が何を考えているのかを知ることができます。

犬は言葉で自分の気持ちを伝えることはできません。

 

 

しかし、吠えることや行動によって自分の気持ちを相手に伝えようとします。

なので、犬の些細なしぐさや吠え方の違い、
犬がどのような行動をしているのかなどをじっくりと観察して、犬の気持ちが分かるようになりましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル