犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬が飼い主を識別する方法は?視覚?それとも嗅覚?

犬は飼い主が家に帰るとすぐに駆け寄ってきます。

しかし、もしもそれが知らない人だった場合は全然近づこうともしません。

犬はどうやって正確に飼い主識別しているのでしょうか。

 

 

何らかの方法を使って飼い主を識別しているわけですが、
いったいどのような感覚を使って飼い主を識別しているのでしょう。

犬の飼い主識別方法について説明していきます。
 

犬が飼い主を識別する方法は?視覚?それとも嗅覚?

 

 

 

 

犬は嗅覚を使って飼い主を識別している?

犬の嗅覚は人間の嗅覚と比べようがないほどに優れています

その嗅覚の良さは人間の数十倍とも数百倍とも言われています。

 

 

それほどまでに優れた嗅覚を使って犬は飼い主を識別しています。

人間は一人ひとり微妙に異なったにおいを持っています。

そのにおいの差は普通の人間では識別することが出来ないほどの差です。

 

 

しかし、犬の優れた嗅覚はその微妙な差を認識することができ、
その差で飼い主と別の人を識別しています

 

 

犬の飼い主が家に入る前から玄関で待っている、という光景を見たことがあると思います。

これも嗅覚を使って家に入る前から飼い主の存在を認識しているのです。

 

 

このように犬の嗅覚はとても優れており、
この優れた嗅覚を使って飼い主や知り合いを識別しています。

 

 

ですが、犬は嗅覚だけで飼い主を識別しているわけではありません。

犬にももちろん人間と同じように五感が存在します。

嗅覚以外の感覚を使って飼い主を識別することもあります。

 

 

犬は視覚を使って飼い主を識別することがある

犬の嗅覚はとても優れていて、飼い主を認識する際にとても重要な役割を果たしています。

しかし、嗅覚と同時に視覚も使って認識を行っています。

 

 

人間は進化の過程で視力が発達しましたが、犬は視力の代わりに嗅覚が発達しました。

犬の視力は人間の半分以下しかありません。

 

 

さらに色彩判別能力も人間より低く、
犬に見えていると人間に見えている色では違いが生じます

 

 

このように犬の視力は人間に比べると大きく劣りますが、
しかし、それでも人間の顔を認識することはできます。

ペットとして飼われている犬は野生の犬よりも人の顔を識別する能力が高いとされています。

 

 

人間と一緒に過ごす時間が長い犬
次第に飼い主の表情などを認識する能力が高くなったのです。

 

 

また、現代社会は様々なにおいにあふれています。

このようにさまざまなにおいが存在する社会では
嗅覚だけでは正確な判断をすることが出来ない場合があります。

 

 

なので、飼い主を認識するために嗅覚の補助として視覚も使うようになっていきました。

犬の視覚は加齢とともに衰えていきます

 

 

加齢で嗅覚聴覚も衰えるのですが、犬の視覚はあまり発達していないため、
その衰えが顕著に表れます。

 

 

加齢で飼い主の認識までに時間がかかるようになるのも
視覚が飼い主を識別するための大事な感覚の1つであることの裏付けになっています。

 

 

犬は飼い主を識別するために視覚や嗅覚以外の感覚も使っている?

犬が飼い主を識別する際にもっとも使用される感覚は嗅覚です。

その嗅覚を補助するような目的で視覚も使われています。

 

 

しかし、犬には嗅覚の他にも発達している感覚があります。

その感覚が聴覚です。

 

 

犬の聴覚は人間の聴覚よりも発達しており、人間よりも高音認識することが可能です。

犬の聴覚がここまで優れているのには理由があります。

野生の犬は獲物を捕らえる際に小さな鳴き声を聞きとらなければなりません。

 

 

このような鳴き声の小さな動物を捕らえるために犬の聴覚は発達しています。

犬はこの発達した聴覚を使って人間の声を識別します。

 

 

また、犬の聴覚は人間の声だけでなく、足音息遣いも識別できるようになっています。

なので、犬は声を聴かなくても足音だけで飼い主を識別することが出来ます。

 

 

犬が飼い主を識別するために使っているのは視覚嗅覚だけでなく、
聴覚も含まれているのです。

 

 

 

 

犬が飼い主を識別する方法のまとめ

犬が飼い主を識別する方法は?視覚?それとも嗅覚?

 

 

犬は飼い主のことを素早く認識します。

犬が飼い主であると識別している方法にはいくつかあり、それが視覚聴覚嗅覚です。

 

 

犬は人間に比べ聴覚嗅覚が優れています。

聴覚は人間より数十倍優れており、
嗅覚に至っては人間と比べることが出来ないほどに優れています。

 

 

この優れた感覚を使って飼い主のことを識別しています。

また、犬は視覚があまり発達しておらず、色の判別もあまり上手にできませんが、
それでも飼い主を識別するための判断材料の一つとして視覚を使っています。

 

 

これらの犬の感覚は加齢とともに衰えてきます

衰えると飼い主を識別することに支障がでます。

 

 

年を取った犬が飼い主を識別するのに時間がかかるのはこの感覚の衰えが原因です。

犬は視覚が発達していないため
飼い主の表情を読み取ることはできないと考えている人は多いです。

 

 

ですが、犬は飼い主の識別視覚でも行っており、もちろん表情もある程度読み取ることが可能です。

そして、表情を理解する能力も持っているので犬と接するときはあまり怖い顔をしないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル