犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬が「ワンッ」と短く吠える時はどんな時?その時の気持ちとは?

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

犬の吠え方には、様々な種類やパターンがあることを
あなたはご存知でしょうか?

中でも、実際に犬を飼っている方の場合、「ワンッ」と短く鳴く吠え方
聞いたことがある、という方も少なくありません。

 

 

では、犬がこの短い吠え方をする際に、どのような気持ちや
状況であるのか、気になる部分ですよね。

今回は、そんな犬の「ワンッ」という短い吠え方について
知っておきたい理由や、特徴的な回数を踏まえながら
その背景を解説していきましょう!

 

 

犬がワンッと短く吠える理由

犬が「ワンッ」と短く吠える時はどんな時?その時の気持ちとは?

 

 

犬には様々な鳴き方がありますが、「ワンッ」と短く吠える時には
そもそもどのような理由があるのでしょうか?

まず、犬の吠え方は、本来長さで分かれるとされており
長く吠える時と短く吠える時とでは、犬の気持ちが異なります

 

 

短く「ワンッ」と吠える時の、犬の感情としては、意外にも
特に深い意味を持たない場合が多く、気軽なあいさつとしての吠え方
と考えるのが妥当であると言えます。

また、同じ短い吠え方でも、短く複数回、連続して吠える時には
違う意味を持っており、その際の意味合いとしては
主に、相手の注意を引こうとする意図があります。

飼い主に対して、何らかの要求をする時などに
この鳴き方をする傾向があります。

 

 

一方、犬が長く吠える時にも、同じように
あらゆる意味や目的が含まれていると言えます。

長い唸り声のように吠えている時には、相手に対する警戒心を表しており
威嚇して、相手を近づけないようにしようと、このような吠え方をします。

 

 

こうしてみると、犬の吠える時間や間隔で
犬の吠える理由が、正反対であることがわかりますよね。

では、そんな犬の吠え方には、吠える長さ以外に
どのような違いがみられるのか、その意味合いについても
合わせてチェックしていきましょう。

 

 

犬が高い声で吠えている時の犬の気持ち

ここでは、犬の吠え方の違いとして、吠える長さに続いて
声の高さを基準に、その気持ちや意味を確認していきます!

犬の鳴き声をよく聞いていると、鳴くタイミングによって
声の高さが少しずつ違っていることに気が付きますが、この声の高さにも
それぞれに意味があり、様々な気持ちを表現しています。

 

 

高い声で吠える場合

犬は高い声であるほど、興奮していることを表していることが多く
そこには、ほとんどマイナスの要素が無いと言えます。

 

 

とても嬉しくて興奮している、とても楽しくて興奮しているなど
プラスの興奮を表すことが多いため、感情の判断がしやすいと言えます。

飼い主さんが帰宅する際、愛犬が高い声で吠えながら
飼い主の元へ駆け寄ることがありますが、これは犬が飼い主に会えた
喜びを表している証であると言っても過言ではありません。

 

 

低い声で吠える場合

一方、犬が低い声で吠えている時には
基本的に、警戒心を表しているものと言えます。

犬は、警戒心や恐怖心を抱いている時ほど
低い吠え方になる傾向があるため、唸るような吠え方をしている時は
比較的すぐに気づけることが多いのも、1つの特徴です。

 

 

このように、犬が吠える時の、音の高さでも
何を考えているのか、どのような気持ちであるのか
という部分を理解できることが分かりました。

気になる反応や声に意識を向けつつ、最後は吠える回数についても
合わせて確認しておきましょう!

 

 

犬が吠える時の回数について

犬が「ワンッ」と短く吠える時はどんな時?その時の気持ちとは?

 

 

犬が吠える回数を通して、どのようなことを知れるのか
という部分についても、ぜひチェックしておたいところ。

連続して吠える時、断続的に吠える時と分けながら
それぞれの意味合いを紐解いていきます。

 

 

連続して短く吠える場合

犬が連続して短く吠える時は、興奮状態であることを表していると言え
基本的にはその回数が多いほど、興奮度が高いことの証明となります。

 

 

あまりに何度も吠え続ける時は、落ち着かせる必要がありますが
基本的にこの興奮は、敵に対する威嚇的な意味での興奮と
飼い主さんと遊ぶ時の楽しさからくる興奮の2種類に分かれます。

どちらの興奮であっても、放置してしまうと、飼い主さんや
敵とみなした対象に対して、攻撃を加えてしまう可能性があるので
犬が連続して吠える時には、まず興奮を和らげてあげましょう。

 

 

断続敵に吠える場合

犬によっては、断続的に吠える場合も珍しくありませんが
この状態の吠え方の犬としては、そこまでの興奮ではなくなっています。

興奮しているというよりは、むしろ興味を持っている
といった状況の時に、この断続的な吠え方が増えてきます。

 

 

このように、犬の吠え方や、吠える回数などによっても
実際に表される感情は異なってきます

飼い主さんの視点ではもちろん、愛犬の興奮ポイントを知って
まずはある程度、そのコントロールができるようにしてみましょう。

 

 

犬が「ワンッ」と短く吠える時のまとめ

犬の吠え方には、様々なケースがあり、その吠え方によって
あらゆる感情を訴えていることが、よく分かりますよね。

短く吠える時や、長く吠える時といったように
吠える時間によっても、犬の気持ちは異なってきます。

 

 

短く吠えている時には、特に何を思っているというよりも
なんとなく吠えている、というパターンが多く、とりあえず吠えて
自分の存在をアピールしているものと言えます。

犬を飼い始めた初期段階で、犬の吠え方の違いを理解する
というのは、実際のところ、難しい部分も大きいもの。

犬とたくさんコミュニケーションをとり、犬の気持ちを
少しでも理解できるようになることで、吠え方の違いによって
犬の考えや気持ちが少しずつ分かってくると言えます!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク