犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬が飼い主の顔を舐める理由は愛情表現なの?

犬が飼い主の顔を舐めるというようなことが良くあると思います。

実は、この犬が飼い主の顔を舐めるという行動には理由があるのです。
 

犬が飼い主の顔を舐める理由は愛情表現なの?

 

 

今回は、この犬が飼い主の顔を舐めるという行動について、
どのような理由があってしている行動なのかということを説明していきます。

 

 

また、犬は飼い主のことを舐める場所によっても行動の意味が変わってきます。

そのような舐める場所による違いについても説明していきます。

 

 

 

 

犬が飼い主の口元を舐める時の気持ち

犬が口元を舐める時には飼い主に対する敬意を表しています。

犬は自分よりも立場が上の個体に対して、口元を舐めて挨拶をするという習慣があります。

 

 

このように飼い主の口元を舐めることによって、
自分が飼い主よりも下の立場にいるということを間接的に表現しているのです。

 

 

また、口元を舐める時には飼い主に対する敬意を表しているほかにも、
空腹を訴えている場合もあります。

 

 

子犬は母犬の口元を舐めることによって自分の空腹を母犬に知らせます。

この習慣が残っている犬の場合、飼い主の口元を舐めることによって、
自身の空腹を知らせている可能性があります。

 

 

犬が飼い主の口元を舐めるのには上記のような理由がありますが、
基本的には飼い主に対する愛情表現をしています。

 

 

また、口元以外にも顔の様々な部分を犬が舐めることがあります。

といった部分を舐めることがありますが、
これらの部分を舐める時にも基本的には飼い主に対する愛情を表しています。

 

 

しかし、場合によっては愛情表現をしているから舐めているわけではないこともあります。

鼻や耳といった人間の身体の部位はなどの分泌が原因で少し酸味のある味がします。

 

 

犬がその味を気に入った場合
これらの部分を頻繁に舐めてくるということも可能性としては十分にあります。

 

 

犬が飼い主の手を舐める時の気持ち

犬は飼い主の口元を舐めることも多いですが、口元以外にも手を舐めるということも多くあります。

では、犬がこのように飼い主の手を舐める時にはどのような感情を表現しているのでしょうか。

 

 

まず、犬が飼い主の身体を舐める時には何らかの感情を表しています。

そして、手を舐めるという行動をとる時には、
飼い主に対して一緒に遊んでほしいという感情を表現しています。

 

 

飼い主が犬と遊ぶ際に最も多く用いるのがとなっています。

犬を撫でる際やボールなどで遊ぶ際にも飼い主は手を用います。

 

 

そのため、そのような遊びに用いられる手を舐めることで一緒に遊ぶことを促しているのです。

なので、犬が手を舐めてくるというようなことがある場合には、
きちんと遊んであげるようにしましょう

 

 

犬が飼い主の足を舐める時の気持ち

犬は飼い主の顔や手といった場所を舐める以外にも
飼い主の足を舐めたりする場合もあります。

 

 

犬が飼い主の足を舐めるのはどのような時なのでしょうか。

人間の足は汗をかく機会も多くあり、
靴下や靴を履くことで他の身体の部位よりも強いにおいを発することが多くなっています。

 

 

そのため、犬はその強いにおいに惹かれて飼い主の足を舐めることがあります。

犬は塩分を好む性質を持っています。

 

 

そのため、人間の汗などにも強い興味を示すことがあります。

この飼い主の足を舐めるという行為も人間のに含まれている塩分を好むが故の行動なのです。

 

 

なので、犬が足以外にも汗をかきやすい身体の部位を頻繁に舐めてくる場合には、
癖になってしまうこともあるので、
あまりに頻繁に行うようであればやめさせる必要があります。

 

 

 

 

犬が飼い主の顔を舐める理由のまとめ

犬が飼い主の顔を舐める理由は愛情表現なの?

 

 

このように犬が飼い主の身体の色々なところを舐めるのには、
舐める場所によってそれぞれ理由があります。

 

 

しかし、犬が飼い主の身体のどの部位を舐めていたとしても、
基本的には犬から飼い主に対する愛情表現であるということができます。

 

 

舐める頻度も飼い主とどれだけ関わり合いを持っているかで大きく変わってきます。

なので、犬が飼い主のことを頻繁に舐めてくるようになった場合には、
少し犬との関わり方を考えてみる必要があるかもしれません。

 

 

犬が孤独や寂しさを感じることが少なくなれば、次第に飼い主を舐める回数も少なくなってきます。

飼い主を舐める回数が多いということはそれだけ飼い主にかまって欲しい
考えている証拠でもあります。

 

 

犬の中には、ただ単に何かを舐めることが好きなだけの個体も存在します。

そのような場合にはしつけをすることでものを舐める癖を取り除く必要があります。

 

 

このように、犬が飼い主を舐めるといった行動だけでも
犬がどのようなことを考えているのかなどいろいろなことを知ることができます。

 

 

犬がどのように思っており、何をしてほしいと感じているのかを知る為の手段の一つとして、
犬が飼い主を舐めるという行動を分析してみるようにしましょう。

そうすることで、犬と飼い主との信頼関係をよりよいものにすることにもつながってきます。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル