犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

しっぽの動きで分かる犬の気持ちとは?しっぽの動きは感情表現のサイン?

種類によって様々な長さのあるしっぽを持っています。

種類によってなどはことなりますが、
しっぽを使って感情表現をするという点においては共通しています。

なので、しっぽの動きがどんな感情を表しているかを知ることによって
人は犬の気持ちを知ることができます。
 

しっぽの動きで分かる犬の気持ちとは?しっぽの動きは感情表現のサイン?

 

 

これから、
犬がしっぽの動きによってどのような感情を表しているのかを説明していきます。

 

 

 

 

しっぽの動きから知ることのできる犬の気持ち

犬はしっぽの振り方によって様々な気持ちを表現しています。

よく見られるのが、犬がしっぽを素早く振っている姿です。

 

 

しっぽを素早く振っている時には興奮楽しみといったプラスの感情を表現しています。

しっぽ速く振られていれば
それだけ興奮楽しみといった感情が大きいことを表しています。

 

 

犬はしっぽで挨拶をすることもあります。

しっぽ小さく少しだけ振った場合には相手に対して挨拶をしています。

 

 

小さく少しだけしっぽを振るという行動親しい相手に対する挨拶だけでなく、
初めて会った相手に対しての挨拶にも用いられます。

基本的に、このしっぽの振り方を行った場合には相手に対しての敵対心はありません

 

 

しっぽの位置で知ることのできる犬の気持ち

は状況によってしっぽげたり、らしたりします。

このようなしっぽの位置でも犬の気持ちを知ることができます。

 

 

しっぽ上げている時には相手自分の優位を知らせています。

このようなしっぽ上げる行動犬同士喧嘩をしているときによく見られます。

しっぽを上げる理由緊張によりしっぽの筋肉が硬直しているからです。

 

 

また、自分の存在を大きく見せ、
相手より立場のことを示そうとするときにもしっぽ上げます

それに対して、しっぽ垂らしている時には相手に対する恐怖相手よりも
自分の立場が低いことを表しています。

 

 

犬同士喧嘩をしているときに
一方の犬がしっぽを股の間に入れているのを見ることができます。

その場合には、その喧嘩で負けてしまったことを表しています。

 

 

他にも体調が悪い時などにもしっぽ垂らしています

しっぽ垂らすのは基本的にはマイナスの感情を抱いている時です。

 

 

しっぽが短い場合は犬の気持ちがわからない?

しっぽの動きで分かる犬の気持ちとは?しっぽの動きは感情表現のサイン?

 

 

今までの話はしっぽが長く動きがわかりやすい犬であるということが前提でした。

しかし、最近ではしっぽの短い犬種も増えてきています。

 

 

では、しっぽが短い犬しっぽの動きから感情を読むことができないのでしょうか。

まず、しっぽが短い犬の方がしっぽの動きから感情を読むことは難しいです

ただし、無理な訳ではありません。

 

 

しっぽが短い犬しっぽが長い犬同様にしっぽの動き感情を表します。

興奮している時にはしっぽ振るし体調が悪い時にはしっぽ位置が下がります

 

 

しかし、しっぽの動きの幅が小さいため
注意深く観察しても正しい感情を読み取るのはとても大変です。

 

 

そして、それは犬も同じです。

しっぽが短い犬は相手の犬に対して自分の感情をきちんと表現できないため、
しっぽが長い犬よりも喧嘩をすることが多いです。

なので、外出や他の遊ばせる際には飼い主気を付けていなければなりません。

 

 

 

 

しっぽの動きで分かる犬の気持ちのまとめ

しっぽを使って様々な感情を表します。

しっぽの振り方しっぽの位置で表している感情大きく違っています

 

 

なので、犬の気持ちを知る手がかりとしてしっぽの動きに注目することも大切なことです。

しっぽが短い犬の場合、しっぽの動きから犬の気持ち理解するのはとても難しいです。

だから、飼い主はしっぽの動きをより意識的観察しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル