犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬のしつけはいつから始めるの?どうやってしつけるの?

生まれたばかりの子犬飼い始めた時に考えなければならないのが、
いつからしつけを始めるかということです。

 

 

あまり早くしつけを始めても覚えないのではないか、
しかし、遅すぎるのもまずいのではないかと
いろいろ考えて悩んでしまう飼い主も多いのではないでしょうか。

 

 

では、いったいしつけ開始するのはいつからがいいのか、
また、子犬に対してはどのようなしつけ方がいいのかについて説明していきます。
 

犬のしつけはいつから始めるの?どうやってしつけるの?

 

 

 

 

子犬のしつけを始めるのはいつから?

子犬のしつけ時期は悩みどころですが、できるだけ早いうちから行うようにしましょう。

成熟スピード人間とは比較にならないぐらい早いです。

 

 

なので、できるだけ早めしつけめなければすぐに大きくなってしまい、
しつけが大変になってしまいます。

 

 

子犬の内からきちんとしつけをすることによって
大きくなってからしつけをするよりも早く覚え、しつけをする飼い主も楽になります。

人間と同じように子供の時期の方が物わかりが良く
しつけの内容も早い段階理解することができます。

 

 

しかし、生後間もなくのまだくことさえできない状態で、
様々なしつけをしても効果はあまりありません。

 

 

なので、生まれたばかりの子犬には名前を呼んで
子犬自身名前を理解させるところからめるくらいでちょうどいいです。

 

 

子犬のしつけ方について

しつけ子犬名前を理解させるところから始まります。

 

 

まれたばかりのころから名前を呼んでいると自然子犬も覚えますが、
まれてから少し時間が経った子犬を飼う場合は名前えさせなければなりません。

名前えさせ方は子犬に向かって何度も反応するまで名前を呼ぶというのが一般的です。

 

 

名前えさせる際に
名前んで反応したら褒めてあげることも忘れないようにしましょう。

 

 

褒めてあげることでしつけ内容定着まります。

名前を呼んだときに子犬が近くに寄って来るようになれば名前を憶えたと考えて問題ありません。

 

 

名前を憶えたら今度は基本的なことをしつけていきます。

具体的には「待て」「お座り」などの行動です。

「待て」「お座り」などの行動を大人になってから憶えさせようとしても時間がかかってしまいます。

 

 

なので、子犬の内からきちんと覚えるようしつけ必要があります。

これらの基本的な行動に付け加えて、
人を噛まないようにさせるのも忘れないようにしつけなければなりません。

 

 

子犬の時の噛み癖は問題ないですが、
大人になってからの噛み癖は人に怪我を負わせる原因になります。

 

 

なので、噛み癖も早いうちからやめるようしつけなければなりません。

このように子犬時期しつけておいた方がよい行動はたくさんあります。

このような理由からもしつけはなるべく早いうちから始める方が良いのです。

 

 

子犬をしつけるときの注意点

子犬は大人のと比べて睡眠時間を多くとる必要があります。

なので、しつけをする際にはあまり根を詰め過ぎず子犬の体調にしながら行う必要があります。

 

 

また、新しい環境に来たばかりの子犬の場合は周囲の環境に対してくのストレスを感じてしまいます。

なので、もしも子犬が新しい環境にストレスを感じていると思ったら、
しつけを始めるよりも先に環境へなれるようにしてあげてください。

 

 

も人間と同じでストレスが原因病気になることがあります。

子犬の時期に病気になってしまうと大変なので、
しつけを始めるタイミングはよく考えてから決めるようにしましょう。

 

 

しつけを終えて子犬休ませる場合には子犬寝るのをじっと見ないようにしましょう。

子犬人の視線などになれていなく、
人に見られているとゆっくりと休めない場合があります。

 

 

なので、子犬しつけるときに気を付けなければならないことは、
子犬の体調をきちんと管理してあげて、
ストレスなどにより体調さないようにしてあげることです。

子犬の時期しつけ大切なことですが、何事もゆとりを持って行うことが肝心です。

 

 

 

 

子犬のしつけを始める時期としつけ方のまとめ

犬のしつけはいつから始めるの?どうやってしつけるの?

 

 

子犬しつけを始めるのはいつからがいいかと悩む方も多いですが、
できるだけ早めから始めるのがベストです。

 

 

子犬の内に基本的しつけを終わらせておくことで大人になってからの
問題行動心配もなくなります。

 

 

しかし、気を付けなければならないのがしつけを急ぎ過ぎないということです。

確かに、しつけをする時期は早い方がいいですが、
しつけを始めるときにはきちんと子犬の体調を見てからにしてあげましょう。

 

 

子犬周囲の環境から受けるストレスは人が考えているよりもとても大きなものです。

なので、子犬周囲の環境れたかなどをきちんと見定めてからしつけ始めるようにしましょう。

しつけ焦らずじっくりとやることが近道になっています。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル