犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬にも反抗期はあるの?反抗期の時期は?いつまで続くの?

人間は思春期になると反抗期になってしまいます。

それと同じようににも反抗期があります。

 

 

これまではきちんということを聞いていたのに急にいうことを聞かなくなった
思ったらそれは反抗期の証拠です。

では、はいつから反抗期になり、いつまで反抗期が続くのでしょうか。

 

 

また、反抗期にはどのような特徴があるのでしょうか。

犬の反抗期について説明していきます。
 

犬にも反抗期はあるの?反抗期の時期は?いつまで続くの?

 

 

 

 

犬の反抗期の特徴

犬の反抗期にはいくつかの特徴があります。

その特徴を知ることで、反抗期なのかどうかを知ることができます。

反抗期の特徴一つとして、しつけた内容をしなくなるというものがあります。

 

 

これは、例えばお座りを急にしなくなったり、呼んでも来なくなったりと
今まで当たり前のようにできていたことをしなくなるというものです。

 

 

この反抗期の時期になると他にも特徴が現れます。

落ち着きがなくなるというのも反抗期の特徴です。

いつもはおとなしくしているが急に落ち着きをなくしがしくなったら反抗期の可能性があります。

 

 

他にも、子供に吠えるようになったり、
マーキングをするようになったりし始めたら反抗期になっている可能性があります。

 

 

反抗期の時期になると、普段はしないような行動をするようになります。

反抗期に普段はしないような行動をする理由として、
犬の本能部分強くなることが原因だとされています。

 

 

犬の反抗期はいつから始まりいつまで続く?

反抗期が始まる時期終わる時期が大きさによって変わります。

小型犬の方反抗期入る時期が早く大型犬の場合反抗期に入る時期が遅いです。

 

 

反抗期に入った犬の反抗期がいつまで続くのかはによってもがあります。

小型犬の場合大体半年程度反抗期が続き、大型犬の場合一年程度反抗期が続きます。

 

 

しかし、この数値はあくまで目安であり、
反抗期が一年以上続くもいれば数か月で終わる犬もいます。

犬の反抗期個体差がとても大きいです。

 

 

反抗期反抗の程度も同様に差があります。

なので、反抗期一律ではないということを知っておくようにしましょう。

 

 

犬の反抗期の時期に気を付けること

反抗期に入った飼い主に対する態度が大きく変わってしまいます。

しかし、反抗期に入ったに対して飼い主は狼狽しないようにしなければなりません。

飼い主狼狽した態度を見た犬は自分の方が立場が上である勘違いしてしまいます。

 

 

そうすると反抗期わった後の行動にも影響を与えてしまいます。

なので、犬が反抗期に入って、態度が変わったからといって狼狽しないようにしましょう。

反抗期の時期には飼い主だけでなくにもストレスまってしまいます。

 

 

なので、ストレスを解消する方法を考えなければなりません。

例えば、散歩が好きなら散歩時間を長くしたり、
走るのが好きならランニングができる場所に定期的れて行ってあげたりすれば
効率の良いストレスの解消になります。

 

 

このように好きなことをさせてあげることでストレスはある程度解消することが出来ます。

反抗期が終わるとしつけをし直すようにしましょう。

反抗期に入ってしまうと信頼関係れてしまいます。

 

 

なので、反抗期で崩れてしまった信頼関係結びなおすという意味でもしつけをし直すようにしましょう。

また、反抗期に入る前にきちんとしつけをしておくことも重要です。

反抗期前にきちんとしつけをしておくことで飼い主との信頼関係
きちんと結べるようになり、反抗期中態度もある程度抑えることができます。

 

 

しかし、どうしても反抗期対応んでしまうこともあります。

そのような場合にはドッグトレーナー相談してみるとよいでしょう。

 

 

ドッグトレーナー相談し、きちんとした対応の仕方を教えてもらうことで、
反抗期犬の問題行動らしたり、なくしたりすることができます。

 

 

 

 

犬の反抗期の時期といつまで続くのかのまとめ

犬にも反抗期はあるの?反抗期の時期は?いつまで続くの?

 

 

にも人間と同様に反抗期があります。

反抗期になると落ち着きがなくなったり、普段はしないような行動をするようになったります。

 

 

反抗期小型犬大型犬期間が変わります。

小型犬反抗期の方が期間は短く大型犬の方が期間は長くなっています。

反抗期に入る時期個体差があります。

 

 

なので、明確にいつから反抗期に入り、いつまで続くということは犬によって違います。

また、反抗期に入った時に気を付けなければならないこともあります。

 

 

それが、ストレス解消してあげることです。

反抗期時期になるとストレスまってしまいます。

なので、好きなことをさせてあげることにより定期的ストレス解消してあげるようにしましょう。

 

 

また、反抗期に入る前にしつけをしておくようにしましょう。

反抗期に入る前にしつけをきちんと終わらせておくことで、
反抗期に入ってからの態度少し落ち着くようになります。

なので、しつけはできるだけ早く始めて、反抗期に備えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル