犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の毛並みがパサパサする理由~毛並み・毛艶が悪い原因~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

を飼っていると、時折、犬を撫でた時や触れた際、犬の毛並みが悪いな
と感じたことがある飼い主さんは、多いのではないでしょうか?

意外にも犬の毛並みは、人が考える以上に、色々な原因によって
そのコンディションが、常に変化していきます。

 

 

では、犬の毛並みや毛艶が悪い原因には、そもそもどのようなものがあるのか
犬を飼う上で、やはり気になるところではありますよね!

そこで今回は、この犬の毛にフォーカスした
毛並み・毛艶が悪い原因について、3つのポイントに分けながら
それぞれの特徴を、お伝えしていきます。

 

 

犬の毛並みがパサパサになる原因はタンパク質?

犬の毛並みがパサパサする理由~毛並み・毛艶が悪い原因~

 

 

犬の毛並みの悪さを代表する特徴になっているのが
毛のパサパサ感やパサつきであると言えますよね!

毛がパサパサになっているだけで、見た目の印象も落ちてしまい
不健康なイメージを与えかねません。

 

 

ではなぜ、犬の毛並みは、このようにパサパサになってしまうのか
気になるその原因は、ずばり、タンパク質にあります。

タンパク質は、犬の体毛を作るのに、重要な役割を果たしており
それらが減少することで、体毛が円滑に作られなくなり
結果として、毛並みがパサつき始めるということ。

その大事な要素である、タンパク質を増やす、主な方法としては
シンプルに、食事を高タンパクな物に変えてみることが挙げられます!

 

 

ドッグフードの中には、通常よりもタンパク質が多く含まれるものも
販売されているので、これらのドッグフードを食べさせてあげることで
減少したタンパク質を増やしつつ、毛並みのパサつきも改善できます

また、よりこだわるのであれば、植物性のタンパク質よりも
動物性のタンパク質が入っているドッグフードを選びたいところ!

犬は本来、肉食であるため、植物性よりも動物性のタンパク質の方が
体に馴染みやすく、毛並み改善の効果も、植物性以上に高いと言えます。

 

 

毛並みに影響するのはタンパク質とビタミン?

犬の毛並みには、タンパク質が大きく関係していると分かりましたが
実はそれ以外に、ビタミンもまた、犬の毛並みに大きな影響を与えます。

一般的に、ビタミンは多くの種類があり、どのビタミンが
犬の毛並みに関係するのか、容易に判断できないことも多いもの!

 

 

ここでは、その部分にフォーカスしながら、どのようなビタミン
重要になるのかについて、説明していきましょう。

犬の毛並みに最も良い影響を与えるのは、ビタミンAやビタミンEといった
ビタミンの中でも、比較的主要なものであると言えます。

ビタミンは、皮膚の健康を保つ上で、非常に重要であり、犬の体内で
ビタミン量が不足すると、皮膚が不健康になり、犬の毛並みや毛艶にも
悪い影響を与えてしまうというケースは、珍しくありません。

 

 

実際に、犬へビタミンを摂取させる方法としては、大きく分けて
「ドッグフード」と「サプリメント」の2つの手段が挙げられます。

以下のポイントに分けながら、それぞれの背景を
この場でチェックしておきましょう!

 

 

①ドッグフード

ビタミンが多めに配合されているドッグフードを与えるのは
非常にメジャーな健康管理の方法の1つであると言えます。

昨今は、犬の健康向上に意識を向けたドッグフードも多く
健康的な栄養素が豊富なものも多数存在するので、それらの中から
特にビタミンが多いものを選べば、犬のビタミン不足の改善に繋がります。

 

 

②サプリメント

サプリメントと聞くと、どうしても人間的な要素で捉えがちですが
実は犬用のサプリメントも存在しています。

犬用のサプリメントは、専門店でのみ販売されるため、手に入れるのが
少し困難な場合もありますが、より効果的な方法なので、犬の毛並みが悪い
と感じた時は、限定的に使ってみることも、検討してみましょう。

 

 

犬の毛並みや毛艶が悪い原因をしっかりと調べる

犬の毛並みがパサパサする理由~毛並み・毛艶が悪い原因~

 

 

ここまでの内容で、特に栄養面や健康面が、犬の毛並みに
大きく影響を与えることが、よく分かりましたよね。

実際にそうした場面に遭遇した時に、何が毛並みや毛艶に悪いのか
という原因を、まずは見極められるようにしておきたいところ。

 

 

根本的な原因が改善されない以上、独自で食事を改善しても
その効果は必ず見込めるとは限りませんし
場合によっては、別の悪影響を生じさせかねません。

日常生活の中で、犬の毛並みが悪くなってしまう原因を調べ
そこから改善していくことで、本当の意味での
毛並み・毛艶の良さを手に入れられるということ!

 

 

一目で分かる犬の毛並みを観察することは、大事な愛犬の
健康状態を知るためにも、必要不可欠なアクションです。

艶が無くなる原因と、毛並みが改善される対処方法を押さえて
ぜひあなたも、愛犬との充実した時間を増やしていきましょう!

 

 

犬の毛並み・毛艶が悪い原因のまとめ

このように、犬の毛並みが悪かったり、毛艶が無くなってしまう
その主な原因は、慢性的な栄養不足によるものであると分かりました。

毛並みは特に、タンパク質やビタミンが大きく関係しており
日頃の食事の中に、それらがきちんと含まれているかどうか
十分な量を摂取できているかどうか、日々確認しておきましょう。

 

 

またこの他、毛並みを良くするための、定期的なブラッシングや
シャンプーも、一定の効果が見られます。

ブラッシングは、毛のほつれを無くす他、血行促進や
付着したゴミを取るなど、犬の毛に良い影響が多いので
毛並みを改善する際は、食事に加え、これらも並行してみましょう!

もちろん、運動不足も、犬の毛並みには悪影響を与えるので
日頃から適度な運動もきちんと行わせておきたいところ。

 

 

以上の点に気を付けることで、犬の毛並みがパサパサであったり
毛艶が悪い状態を、少しずつ改善できます。

最終的には、毛並みだけでなく、健康にも良い影響を与えるので
あなたも、愛犬の毛並みが悪いと感じる場合は
ぜひこれらの改善策を、取ってみてはいかがでしょうか?

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク