犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の毛色が変わった?~病気の可能性と毛色が変わる原因~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

を飼っていると、自分の愛犬をふと意識して見た時
以前に比べて毛色が変わったように思うことはないでしょうか?

長く犬を飼っている場合は、毛色の変化にも
機敏に気付きそうですが、飼い始めて数年の頃であれば
その微妙な変化に、なかなか気付けない飼い主さんは多いもの。

 

 

このように、犬の毛は、意外にも様々な要因により
少しづつではありますが、確かに変色してしまうことがあります。

そこで今回は、犬の毛色が変わってしまう、主な原因について
病気の可能性も含めながら、ご紹介していきましょう。

 

 

犬の毛色が変わる原因

犬の毛色が変わった?~病気の可能性と毛色が変わる原因~

 

 

長期に渡って、犬の毛色を観察していると
少しずつ変色している場合がありますが、もちろん
犬の中には、成長の過程で、毛色が変わる個体もいます。

しかし、犬の毛色が変化するのは、成長によるものに限らず
それ以外の原因・要因が伴うケースも存在します。

 

 

では、犬の毛色が変わる原因には、どのような理由があるのか―
以下3つの主な原因にフォーカスしてみたので
それぞれの内容を、ぜひチェックしておきましょう。

犬の毛色が変化する3つの主な原因

  • ①老化
  • ②ストレス
  • ③栄養不足

 

 

①老化

一つ目の原因は、老化によるもので
犬も人間と同じように、年を取ることで、毛の色が少しずつ薄くなります。

この、老化による毛色の変化は、いくつかの原因の中で
最も多い理由であると言えます。

 

 

②ストレス

犬の毛の色が薄くなる理由としては
ストレスによる影響も、1つの原因になっています。

犬は、ストレスに対して、非常に敏感な生きものであり
それによって、毛色にも影響が出てしまうので、ストレスが原因であると
分かっている場合には、それらを取り除くことで、毛色を元に戻せます。

 

 

③栄養不足

また、栄養不足が原因で、毛色が薄くなるというケースも、
決して珍しくありません。

栄養不足になると、毛色が薄くなるだけでなく
体調にも変化が現れかねないので、この場合においては
なるべく早い段階で、適切に対処する必要があります。

 

 

毛色が変わるのは病気が原因?

ここまでの毛色の変化は、全身の毛に現れる症状でしたが
病気が原因で毛色が変わる場合、全身の毛には変化が現れません。

病気が原因である場合、その多くが、体の一部分の毛色だけ変化する
という、特徴的な症状が起こりやすいと言えます。

 

 

では、犬の毛色が変化する症状においては、そもそも
どのような病気の可能性が挙げられるのでしょうか?

犬の毛色が変化するのは、主に皮膚の病気になっている時ですは
皮膚病の場合、一部分だけが変色するので、一見しただけでも
比較的、判断しやすい病気の1つとなっています。

皮膚病には、この毛色の変化の他にも、肌自体に異常が出ていたり
何らかの変化がある場合も多いので、判別しやすいのではないでしょうか?

 

 

また、皮膚の病気で毛色が変化していることが判明した場合は
病院できちんと診察をしてもらい、薬を処方してもらいましょう。

皮膚病は、放置しておいても治るケースがありますが
昨今は、そのままにしていても治らない病気が増えているので
皮膚病が分かった時は、なるべく早めに治療を受けさせてくださいね。

 

 

犬の毛が濃くなる要因とは?

犬の毛色が変わった?~病気の可能性と毛色が変わる原因~

 

 

犬の毛色の変化は、薄くなるだけでなく、状況次第では
反対に毛色が濃くなることもあります。

では、どのような時に、犬の毛色は濃くなってしまうのか
最後にこの部分も、合わせてチェックしておきましょう。

 

 

犬の毛色が濃くなる主な要因としては、前述した栄養不足が改善され
栄養状態が全体的に良くなっている証であると言えます。

これまでの栄養状態が悪く、毛色が薄くなっている状態で
少しずつ栄養バランスが改善されることで、毛色が濃くなります。

犬の餌を変えたり、食事の量を調整した後、毛色が濃くなった場合は
これまでよりも、犬の栄養バランスが改善していると考えられます。

 

 

一方で、餌や食事量を変えた後に、犬の毛色が薄くなってしまった
という場合は、栄養バランスが悪化したと考えられるので
前述した通り、それらを改善する必要があります。

毛色が濃くなったのか、薄くなったのかを知るためには
愛犬の本来の毛色を、事前に把握しておく必要があり、裏を返すと
それができていなければ、犬の毛色の変化に気づけません。

ゆえに、どのような状況にあっても、犬の健康状態を知るためには
犬のことをよく観察しておくようにしましょう。

 

 

犬の毛色による病気の可能性と毛色が変わる原因のまとめ

ここまで、犬の毛色の変化にまつわる、いくつかのパターンを
お伝えしてきましたが、いかがでしたか?

犬の毛色に関する、変化や状態という意味では
以下3つの原因が、主な理由であることが分かったので
ここで改めて、その特徴をおさらいしていきましょう。

 

 

①全身の毛色が薄くなる・・・ストレスや老化が原因であることが多く
老化の場合は、年齢に合わせて徐々に毛色が薄くなり、ストレスの場合は
一気に毛色が薄まることもあるので、その変化に注意しましょう。

②部分的に毛色が薄くなる・・・皮膚病等の病気が原因であることが多く
他の症状が併発することもあり、比較的判別しやすいので、薄まった毛の周囲に
他の異常を見つけた場合も、治療に漕ぎつけ易いと言えます。

③毛色が濃くなる・・・犬の健康状態が改善された状態であることも多いため
これまでの毛色の変化とは異なる症状です。

 

 

犬の健康状態を知る上でも、毛色の変化はとても重要な要素なので
きちんと毛色の変化を観察しましょう。

そして、毛色の変化に気づいた時には、なぜ毛色が変化したのかを考え
その原因に合わせて対処できるよう、日頃から意識してみてくださいね。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク