犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の年齢を人間に換算すると何歳?簡単な数え方をご紹介!

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

は基本的に、それぞれの犬種によって、その平均寿命が異なる
という事実を、あなたはご存知でしたか?

犬全体の平均寿命としては、10年から15年程度とされていますが
犬の年齢を人間の年齢に換算すると、どの程度の年齢になるのか
その実際、気になっている、という方も少なくありません。

 

 

そこで今回は、そんな犬の年齢を人間の年齢に換算する方法と
基本的な犬の年齢の簡単な数え方にフォーカスしてみました!

それぞれの特徴や、数え方のコツなど、いくつかのポイントに分けながら
お伝えしていくので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

 

犬の年齢を人間の年齢に換算する方法

犬の年齢を人間に換算すると何歳?簡単な数え方をご紹介!

 

 

犬は、大型犬、中型犬、小型犬と、それぞれの大きさで
年齢を換算する方法が異なります

この背景には、小型犬や中型犬の方が、大型犬よりも平均寿命が長いため
同じように換算できない、という前提があります。

 

 

そもそも犬は、年齢によって、年を取るスピードが異なるため
犬の1歳~2歳を、人間の年齢に換算すると
1年間でどのくらいになるのか、という数字自体が変わってきます。

小型犬や中型犬の場合、1歳~2歳頃に年を取るスピードが速く
徐々に年を重ねるスピードが、遅くなっていきます。

これに対して、大型犬の場合は、1~2歳は、比較的ゆっくりと
年を取りますが、年齢を重ねる毎に、年を取るスピードも速まる
という特徴があります。

 

 

これらの特徴を踏まえて、犬の年齢を人間の年齢に換算してみると
小型犬の1歳が人間の15歳、大型犬の1歳が人間の12歳と
それぞれが同等の年齢に対応していることになります。

犬の15歳を基準に考えると、小型犬の場合は人間で76歳ですが
大型犬の場合は110歳、という年齢になり得るということ。

この事実から、15歳を犬の平均寿命の基準として、人間の年齢で考えると
1年の間に、小型犬は5歳、大型犬は7歳から8歳程度
それぞれに年を取っていく、ということになりますよね。

 

 

人気が高い犬種の年齢換算

では、日本国内で特に飼育頭数の多い人気な犬種については
その年齢を人間に換算すると、どうなるのでしょうか?

 

 

例えば、2歳のミニチュア・ダックスフントの場合
人間の年齢に換算すると25歳であり、2歳以降では
1年毎に約4.5歳、年を取るとされています。

同じく、2歳のチワワで、人間の年齢に換算すると
25歳になるまでは同じですが、前者と異なる点としては
2歳以降、1年ごとに約5歳年を取るという部分です。

このように、ミニチュア・ダックスフントとチワワを比べてみると
人の年齢に換算する上で、1年間の年齢幅が異なることが分かりますよね。

 

 

これはつまり、チワワよりもミニチュア・ダックスフントの方が
寿命が少しだけ長い、ということの表れであると言えます。

2歳の柴犬の場合では、人間の年齢に換算すると21歳なので
2歳の時点では、ミニチュア・ダックスフントやチワワよりも若いですが
それ以降、1年で約5.5歳年を取るので、平均寿命では大差ありません

このように、主要な犬種にも、それぞれ人間の年齢に換算した時点では
その年齢の違いが、明確に存在することが、よく分かりますよね!

 

 

犬の年齢は歯を見ても分かる?

犬の年齢を人間に換算すると何歳?簡単な数え方をご紹介!

 

 

また、犬の年齢は、歯を見ることによっても、ある程度
その予測が可能であることを、あなたはご存知でしたでしょうか?

その実際、人間でも、歯の生え方や抜け方で、一定の年齢が分かるのと
おおよそ同じ原理ですが、犬の場合で考えると
そこにはどのような歯があるのか、確認しておきましょう。

 

 

まず、犬の歯は、人間の歯よりも生えるスピードが速く
生後約2ヵ月で、乳歯がすべて生え揃い、そこから約半年後には
乳歯が永久歯に変わっていきます。

そして、生後1年あたりになると、永久歯が黄色に変色し始め
さらに5年も経つと、犬の永久歯にも歯石が目立つようになり
この時期を境に、歯周病など、歯の病気にも罹りやすくなります。

 

 

生後10年にもなると、もちろん歯が抜けることもあり
老化によって、永久歯が揃わなくなることも珍しくなくなります

このように、犬は年齢によって、歯の状態が大きく異なるので
歯の状態を見ることで、犬の年齢がどのくらいなのか、ある程度まで
判別できるようになると言えるのではないでしょうか?

 

 

犬の年齢を人間換算する際の簡単な数え方のまとめ

ここまでご紹介してきた内容から、犬の年齢
人間の年齢に換算できることが、よく分かりましたよね。

犬の年齢を人間の年齢に換算する上で、気を付けなければならないのは
大型犬よりも小型犬や中型犬の方が、平均寿命は長いことを押さえつつも
実際は、犬種や大きさによって、年齢換算の仕方が異なるという点です。

 

 

また、犬は生後年数によって人間の年齢への換算の仕方が異なるので
犬が1歳の時点では、人間の12歳や13歳だとしても
2歳になる時点で、30歳に換算される、なんてこともあります。

犬の年齢を、実際に人間の年齢に換算する際は
このような点にも、気を付ける必要があるということ―

しかし、犬全体の平均寿命では、大体10年から15年であるため
犬の年齢を人間に換算する際も、この平均寿命を基準にしておくことで
簡単に換算できるものと言えます。

 

 

この他、犬の歯の生え方は、年齢によって大きく異なり
犬がその時々の時点で、生後どのくらいなのかを知れるので
歯をしっかり確認することでも、犬の年齢はある程度予測できます

犬の歯の情報を基に、その年齢を推測し、そこで得た年齢情報を
さらに人間の年齢に換算することで、より正確性の高い判断ができるので
犬を飼っている方は、ぜひ一度、愛犬の年齢を換算してみましょう!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク