犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の夜鳴き・遠吠えを止めさせる効果的なしつけ方法とは?

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

を飼っていると、夜鳴きや遠吠えをしてしまった
という経験を抱える飼い主さんは、少なくないですよね!

実際問題、犬の夜鳴きや遠吠えは、飼い主としても
率直にうるさいと思ってしまうので、近所の人にしてみても
やはり迷惑になってしまうもの。

 

 

ゆえに、どうにかこれらの癖を止めさせようと
あらゆる方法を試みる飼い主さんも多くいらっしゃいます。

では、犬の夜鳴きや遠吠えは、どのようにして止めさせるべきなのか
犬を飼っている方であれば、1度は気になるポイントですよね。

そこで今回は、犬の夜鳴きや遠吠えにまつわる
その原因と、止めさせるための効果的なしつけの方法について
順を追って詳しく説明していきます!

 

 

犬の夜鳴きの原因

犬の夜鳴き・遠吠えを止めさせる効果的なしつけ方法とは?

 

 

そもそも、なぜ犬は夜鳴きをしてしまうのか―
もちろんそこには、必ず理由があります。

以下、3つの特徴に分けながら、それぞれの原因に
フォーカスしてみましょう。

 

 

①運動不足

犬が夜鳴きをしてしまう、大きな原因の1つとしては
運動不足の状態であることが考えられます。

 

 

犬は、それぞれの個体において、1日に必要な運動量が決まっており
その運動量をこなさなければ、運動不足に陥りやすい生きものです。

犬にとって運動不足は、非常に重大な問題であり、運動不足が続くと
ストレスや肥満の原因にもなりかねないため
本能的なその対策や解消の手段として、犬は夜鳴きをします。

 

 

②睡眠不足

また、①の運動不足によって、きちんと疲れることができず
かえって、夜の寝つきが悪くなり、その落ち着かなさによって
夜鳴きをしてしまうことがあります。

 

 

老犬の場合、こうした体内時計の狂いが引き金となって
認知症を発症し、それが原因で、さらに夜鳴きをしてしまう
というケースも、決して珍しくありません。

人間同様、犬もまた、年を重ねるほどに、本来の時間感覚が薄れ始め
夜になっても鳴き続けるので、夜鳴きや睡眠不足が増えてきた
という状況であれば、日中の運動量を再確認してみましょう。

 

 

③寂しさ

子犬の時期に限って言えば、遠吠えと夜鳴きの間のような
鳴き方・吠え方をする犬も、たしかにいます。

 

 

このケースにおいては、基本的に、犬が寂しさを表現している
と考えられることが多いため、飼い主さんの姿を探しているなど
昼夜を問わない遠吠えに近い鳴き方も、珍しくありません。

この場合は、何よりも、飼い主さんとのコミュニケーションを
求めていることがほとんどなので、日中の運動時は、しっかりと
相手をしてあげながら、夜はゆっくり眠れるように導いてあげましょう。

 

 

このように、犬の夜鳴きには種類があり
それぞれに違った理由があります。

また、犬の年齢によっても、夜鳴きの原因が変わるので
なぜ犬が夜鳴きをしているのか、という部分を
改めて知っておく必要がある、と言えますよね!

 

 

犬の遠吠えの原因

では次に、犬の「遠吠え」について、その行為の裏には
どのような原因があるのでしょうか?

こちらも、3つの原因と、それぞれの特徴に分けて
その背景をお伝えしていきましょう!

 

 

①コミュニケーション

犬の遠吠えには、周囲の犬とのコミュニケーション
としての役割があるため、周囲の犬が遠吠えを始めると
連鎖的に遠吠えをする、という性質を持っています。

 

 

②音への反応

犬は、他の犬の遠吠えを含め、犬の遠吠えに似た周波数
音に対しても、遠吠えで反応することがあります。

 

 

テレビの音やサイレンの音、インターホンの音に対して
犬が遠吠えをするのは、この周波数が犬の遠吠えに
非常に似ているから、と言っても過言ではありません。

人間には聞こえない音でも、犬の聴力では聞き取れるので
何も聞こえないにも関わらず、犬が遠吠えをしてしまう
なんてケースは、決して珍しくないと言えます。

 

 

③ストレス発散

犬の遠吠えには、ストレスを発散する効果もあるとされているので
不満や緊張などといったストレスを、犬が溜めている時にも
比較的、高頻度で遠吠えを行うことがあります。

 

 

このように、犬の遠吠えにもまた、種類があり
それぞれに原因がある、ということが、よく分かりますよね。

遠吠えに限らず、寂しさが原因で、愛犬が夜鳴きをする
という時は、コミュニケーションを増やすだけでも
それらを限りなく止めさせられることもあります。

そのため、夜鳴きに関して言えば、犬の性格次第ではあるものの
おおよその場合は、飼い主が少し注意するだけで、止めさせられます。

 

 

犬の夜鳴き・遠吠えを止めさせる方法

犬の夜鳴き・遠吠えを止めさせる効果的なしつけ方法とは?

 

 

犬の夜鳴きや、遠吠えを止めさせるためには
犬がなぜ、そうするのかを知る必要がありますよね。

だからこそ、それぞれの原因や理由に合わせたしつけの方法も
その時々に応じて、変えるようにしましょう!

 

 

犬の夜鳴きの原因が、運動不足である場合は
日中の運動量を増やすことで、ある程度、止めさせられます。

認知症が原因である場合は、時間感覚を取り戻す目的から
こちらも同じく、日中の外出を意識的に取り入れつつ
犬の体内時計を、徐々に修正してあげましょう。

 

 

このように、犬の夜鳴きや遠吠えを止めさせるのは
簡単なようで、実際は難しい部分も少なくありません。

なぜなら、犬の遠吠えには、本能に関する部分が多いため
犬の感情を表している点からも、実際に遠吠えを止めさせるのは
非常に難易度の高いことであると言えるからです。

ゆえに、犬の遠吠えを止めさせるためには
きちんとしつけをするよりも、犬が遠吠えをしている
原因を取り除くことに、重点を置いてみましょう。

 

 

犬の遠吠えの原因を取り除くことで
段階的に、その回数を減らすことができます。

犬の遠吠えは、一気になくすことを目指すのではなく
根気強く、1つずつ対処していく必要があるということです。

 

 

犬の夜鳴き・遠吠えを止めさせるしつけ方法のまとめ

ここまでご紹介してきた通り、犬の夜鳴きや遠吠えには
必ずと言っていいほど、原因があることが分かりますよね!

夜鳴きや遠吠えを止めさせるためには、そもそもなぜ
その行動を取るのか、という部分を知らなければなりません。

 

 

夜鳴きや遠吠えは、その原因となるものを
出来る限り取り除くことで、段階的にではありますが
たしかに減らせるものであると言えます。

ですが、相手は言葉が通じない犬―
なぜ夜鳴きや遠吠えをしているのか、ということは
なかなか分かりにくいことが多いのも事実です。

だからこそ、焦らずに、ゆっくりと原因を調べることが
重要なキーポイントになってきます。

 

 

犬の夜鳴きや遠吠えは、その原因の多くが、犬と飼い主との
コミュニケーション不足によるケースからくるとされています。

ゆえに、単純に触れ合う回数を増やすだけでも
これらを止められる可能性が高まると言えます。

犬の夜鳴きや遠吠えにおいて、その原因がわからない時は
まずコミュニケーションを増やしてみてはいかがでしょうか?

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク