犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬が目をそらす理由や意味は?嫌われている可能性はある?

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

と一緒に過ごしていると、急に愛犬が目をそらしてきた
という経験を持つ飼い主さんは、多いのではないでしょうか?

大事な愛犬から、不意に目をそらされると、人間の感覚としては
嫌われているのではないか、と不安になることもありますよね。

 

 

では、犬が飼い主から目をそらすの仕草には
どのような意味があるのでしょうか?

そこで今回は、犬が飼い主から目をそらす理由について
その背景をご説明していきます!

 

 

犬が目をそらす理由

犬が目をそらす理由や意味は?嫌われている可能性はある?

 

 

そもそも、犬が目をそらすのには、どのような理由があるのか―
そこにある、きちんとした意味を、初めに掘り下げておきましょう。

 

 

犬を飼い始めたばかりの飼い主さんとしては
愛犬から目をそらされると、嫌われているのではないか
なんて考えてしまう方も少なくありませんよね。

残念に感じるポイントではありますが、実は意外にも
犬が飼い主から目をそらすのは、悪い事ではありません!

 

 

犬が目をそらすのは、「相手が自分よりも立場が上である
ということを、愛犬自身が認識している証拠です。

犬の世界において、目を合わせてそらさないことは
相手に対して、「戦う意思」を表しています。

ゆえに、わざと相手から目をそらすことで
自分は敵意がない」ことを、相手に知らせていると言えます。

 

 

こうした理由から考えると、犬が目をそらすことは
何も悪い事ではなく、適度な上下関係が結べているです。

また、犬にとって目をそらすことは、余計な争いを避ける意味合いも
含んでいるので、目をそらすことによって、自他の興奮を抑制し
喧嘩や争いに発展しないよう、意識しているとも言えます!

 

 

犬が目をそらさない時には注意が必要

犬が飼い主さんから目をそらすのは、主従関係が結べている証―
ですが一方で、飼い主さんから目をそらさない犬の場合
そこにはどのような関係性があるのでしょうか?

ずばり、犬が目をそらさない、ということは
相手に対する敵対感情が原因である、と言えます。

 

 

これは、犬に限らず、猫や猿なども同じですが、見慣れない人や生きもの
あるいは物に対する、警戒心や闘争心によるケースが非常に多いです。

犬が飼い主から目をそらさない場合、その犬は飼い主さんのことを
自分と同等、もしくは自分よりも立場が下である
と考えている可能性も、決して否定できません

これを放置していると、犬の暴走や、わがままにも繋がりかねないので
この場合は、愛犬のためにも、きちんと主従関係を結び直しましょう。

 

 

このように、目をそらすかそらさないかによって
主従関係が分かるのは、犬だけではありません。

ただし、その相手が子犬の場合、飼い主の目をじっと見つめて
そらさないこともありますが、これは、主従関係の概念など
ほとんど理解できていないことが原因です。

成長と共に、目をそらすようになってくるので
必要以上に気にせず、普段通りのしつけを実践しておきましょう。

 

 

犬が目をそらす色々な理由

犬が目をそらす理由や意味は?嫌われている可能性はある?

 

 

では最後に、犬が目をそらす行為において
飼い主との主従関係が、きちんと結べている上で起こる
それ以外の理由を、それぞれチェックしておきます。

以下2つの例が、その典型にもなっているので
ぜひこちらも押さえた上で、愛犬の様子を見てみましょう!

 

 

犬が目をそらす理由① 音に反応している

飼い主といる時に、何かしらの音が聞こえた時に
犬はその方向を向くため、目をそらすことがあります。

犬は人間よりも聴力が発達しており、遠くのわずかな物音にも
反応することがあるので、その俊敏さによって
「急に目をそらした」と捉えてしまうケースが多いと言えます。

 

 

犬が目をそらす理由② 恐怖心・緊張を抱えている

飼い主さんに怒られる時や、危険を察知している時も
犬は過剰に目をそらす傾向があります。

この場合は、怖いと思うものに対して近づこうとしない
本能的な部分によるものとも言えるのではないでしょうか?

 

 

このように、犬はいろいろな場面
飼い主から目をそらすことがあります。

ゆえに、犬に目をそらされたからといって
犬に嫌われているわけではないことを理解しておき
その都度、原因や理由にフォーカスしてみましょう!

 

 

犬が目をそらす理由と意味のまとめ

このように、犬は様々な場面で目をそらす
ということが、よく分かりましたよね。

特に、自分よりも立場が上だと感じる相手に対しては
基本的に目を合わせようとしません。

 

 

また、比較的温厚な性格の犬であるほど
本能的に、目を合わせて争うことを避けるため
他の動物や人間と、なるべく目をそらそうとします。

一方、犬が飼い主から目をそらさない場合は
飼い主が自分よりも低い立場の存在である
と考えている可能性があることも、覚えておきましょう。

この状態を放置しておくと、愛犬が暴れたり、飼い主に噛み付く
原因になりかねないので、こうした傾向が見られる場合は
なるべく早い段階で、対処しておきたいところ!

 

 

もちろん、飼い主のことを自分よりも上の立場であると
考えていない時であっても、犬は目をそらすことがあります。

犬は物音に敏感で、小さな物音でも、音のした方向を向く
というのは珍しくないため、その場合は、目をそらしたというよりも
視線の先が変わった、というスタンスで捉えておきたいところ。

 

 

また、極度の緊張状態にある場合においても
犬は目を合わせようとしません。

これは、飼い主さんが、自分の知らないものを持っている時や
知らない人と会話している際に、自ら近づこうとしないのも
同じ理由によるものであると言えます。

 

 

このように、犬が飼い主から目をそらすのには
様々な理由があるため、犬がなぜ目をそらすのか
という部分を、良く考えてみたいところ!

また、犬が飼い主さんから目をそらさない場合は
必要に応じて、しつけなどで改善しておきましょう。

犬がどこを見ているのか、なぜ目をそらすのかなど
あらゆる角度から意識して過ごすことで、犬との関係性を見つめ直し
生活をより良いものにできると言えるのではないでしょうか?

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク