犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬が散歩で歩かない原因~わががまや病気などの背景をご紹介~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

犬の散歩をしていると、急に歩かなくなってしまった
座り込んで動かなくなってしまった、というシチュエーションに
遭遇した経験がある飼い主さんは、少なくありません。

公園や自宅の敷地内であれば、落ち着いて対応できるものの
移動中や外出先など、飼い主である自分が不慣れな場所で
愛犬が突然足を止めてしまったら、どうすべきか悩みますよね。

 

 

では、犬が散歩中に歩かなくなってしまう、そもそもの原因には
一体どのような理由が挙げられるのでしょうか?

今回は、犬が散歩で歩かなくなる、主な原因と対処法について
その詳細をご紹介していきます!

 

 

犬が散歩中に歩かない原因

犬が散歩で歩かない原因~わががまや病気などの背景をご紹介~

 

 

犬が散歩中に歩かなくなってしまう、という状況に関しては
いくつかの原因が考えられます。

以下に3つの具体例を挙げてみるので
ぜひそれぞれの原因をチェックしてみてくださいね。

 

 

原因① 苦手なものがそばにある

愛犬にとって、苦手意識を持っているものが近くにある場合は
当然ですが、恐怖心から歩けなくなってしまいます。

この原因は、特に子犬に多くみられる傾向があり、警戒心が強い犬ほど
歩かなくなってしまうことが多々あると言えます。

 

 

原因② 犬自身のわがまま

愛犬自身が、散歩を面倒だと感じていたり、歩行で疲れている時などに
よく見られる原因ですが、人間の子ども同様、犬もまた
これらの原因で歩かなくなってしまうことは、珍しくありません。

ただしこの場合、一度犬のわがままを聞いて、散歩を止めたり
飼い主が抱きかかえてしまうと、犬としては、わがままが通用すると判断し
何度も同じ行動をとってしまうため、注意が必要です。

 

 

原因③ 怪我や病気

愛犬が、怪我や病気をしている場合もまた、物理的・精神的
歩きたがらない・歩けないケースは存在します。

病気が原因で歩かなくなってしまう犬としては、特に老犬が多いため
犬の様子を常に確認する必要があり、ここで無理やり散歩を続けてしまうと
犬の体調を悪化させ、信頼関係にひびを入れてしまう原因にもなります。

 

 

このように、犬が散歩で歩かない原因には
いくつかの種類があり、その原因によって、対処方法も異なります。

人間同様、犬もまた、あらゆる原因や背景が絡んで
歩きたくない・歩けないシチュエーションに陥ることがあるので
次にご紹介する対処方法をよく確認し、適切な対応を心がけましょう!

 

 

犬が散歩で歩かない時の対処法

では次に、前述した主な原因を基に、犬が散歩時に歩かなくなった時の
対処法についても、こちらで確認していきましょう。

同じく3つのパターンに分けながら解説していくので
合わせて全て、チェックしてみてくださいね。

 

 

対処方法① 苦手なものを遠ざける・ルートを変更する

愛犬にとって苦手なものが、散歩道にあると分かっている場合は
その苦手なものを取り除く、または散歩ルートそのものを変更する
という方法が挙げられます。

また、その苦手意識を持っている対象を克服させる
というのも、有効性の高い対処方法の1つであると言えます。

 

 

対処方法② リードでバランスを取る

愛犬自身のわがままが原因で、散歩中に歩かなくなってしまった
という時には、私用しているリードを
少しずつ引っ張りながら、歩行を促してみましょう。

 

 

犬側のわがままで歩かない状態から、飼い主さんが抱いて移動させるのは
残念ながら、決して良い対処法であるとは言えません

それによって、犬はわざと散歩で歩かなくなってしまい
逆効果にさえなりかねないので、どれだけ犬が歩きたがらないとしても
そこは少しずつ、自分で歩かせえあげるようにしましょう。

 

 

対処方法③ 様子を見て休憩・処置を取る

怪我や病気が原因で、犬が散歩で歩かない場合は
犬の様子を観察しながら、都度、適切な休憩や処置を行ってください。

犬自身での歩行が困難である場合には、飼い主さん側で
病院に連れて行ってあげましょう。

 

 

このように、犬が散歩で歩かない時の対処方法もまた
原因によって、様々異なります。

犬がなぜ散歩中に歩かなくなってしまったのか
という原因の部分を、しっかりと観察した上で、その原因に合った
適切な対処方法を取れるようにしておきたいところですよね!

 

 

犬が散歩で歩かないことをなくすために必要なこと

犬が散歩で歩かない原因~わががまや病気などの背景をご紹介~

 

 

最後に、犬が散歩で歩かない、という状況を、極力減らしていくために
ぜひ知っておきたい必要なことを、お伝えしておきましょう。

犬が散歩で歩かなくなる状態においては、病気が原因である場合を除いて
犬自身の散歩に対する関心が低い、という背景が見えてきます。

 

 

人間も同様、犬もまた、不慣れなことをするのに疲れますし
内容次第では、やりたくない、とさえ感じてしまうこともあります。

ゆえに、半ば本能とも言える、これらの考えを踏まえ、どのようにして
愛犬に散歩を楽しいと思わせられるかが、非常に大切なポイントです!

犬自身が、散歩自体に慣れ始めることで、散歩中のわがままなども
限りなく減らしていけるもの。

 

 

もちろん、最初はなかなか上手に散歩できない犬であっても
何度か散歩を繰り返すことで、上達していくので、過度な不安を抱えず
徐々に慣らしてあげることを、念頭に置いておきましょう!

犬が散歩で歩かない場面を無くすためにも、当然しつけは大切ですが
散歩そのものに慣れさせることも、非常に大切なので、愛犬が慣れるまでは
飼い主さんもまた、しっかりじっくり、散歩に連れて行ってあげましょう。

 

 

犬が散歩で歩かない原因のまとめ

犬の散歩をしていると、愛犬が突然歩かなくなってしまう
というケースは、意外にも珍しくありません。

ですがもちろん、そこにはきちんとした原因があるので
飼い主さんはまず、何よりも、なぜ歩かないのか
という理由をしっかりと観察してみることを心がけましょう!

 

 

そこにある原因によって、歩かなくなった時点での
対処法もまた、それぞれに異なってきます。

病気が原因で歩けない場合は、無理をさせられませんが
わがままが原因で歩かない場合は、自らの足で歩かせる必要があります。

少し見ただけでは、何が原因で犬が歩かないのかわかりにくいものの
日常的な犬の行動も考慮することで、その原因が少しずつ見えてきます。

 

 

犬は、繰り返すことで少しずつ行動を習慣化させるため
散歩という行為においてもまた、同じことが言えます。

散歩自体に慣れることで、わがままから散歩で歩かなくなってしまう
というハプニングも、段階的に減らすことができるもの!

子犬の時から、少しずつ散歩に慣らし、散歩中に歩かない
という選択肢を無くすことで、よりスムーズに
犬の散歩ができるようになるのではないでしょうか

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク