犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬との主従関係を築くしつけのポイントとは?

飼い主の間の主従関係はとても大切なものです。

との間に主従関係をきちんと結べていないと、いろいろなトラブルの原因になってしまいます。

 

 

では、との主従関係を築くために必要なしつけにはどのようなものがあるのでしょうか。

また、しつけをする際に気を付けなければならないポイントは何があるのでしょうか。
 

犬との主従関係を築くしつけのポイントとは?

 

 

 

 

なぜきちんとした主従関係を築く必要があるのか

は他の動物と違い、主従関係をしっかり築くようにいわれます。

このようにとの間に主従関係を結ぶことが重要視されているのには理由があります。

 

 

その理由は他の動物よりもに出る機会が多いからです。

散歩に行ったり、
一緒に買い物に行ったりとさまざまな状況で外へ連れ出す機会があります。

つまり、それだけ多くの人とかかわる可能性があるのです。

 

 

このようにとかかわる機会が多いので、
必然的飼い主の言うことをきちんといてくれないとってしまいます。

 

 

きちんとした主従関係べていないと場合によっては散歩中人に襲いかかったり
飼い主の言うことを聞かず勝手に走り回ったりしてしまいます。

このような状況ぐためにも飼い主の間の主従関係はきちんとんでおく必要があるのです。

 

 

犬と主従関係を結ぶ際のポイント

主従関係ぶ際のポイントとして名前を呼んだときに飼い主の元へるか、
の体に触った際反抗的態度を取らないかなどが重要になってきます。

他にもいきなりみついたりひっかいたりしないかも重要なポイントになってきます。

 

 

ちゃんとした主従関係が結べている場合にはこのようなポイント
何の問題もなく通過することができますが、きちんとした主従関係が結べていない場合には
このようなポイント通過することができません。

 

 

これらのポイントとの関わりの中で、最低限できなければならないことなのです。

これができないととの暮らしの中で人をつけたり、
人に迷惑をかけたりなどの原因になってしまいます。

 

 

これらのポイントはあくまで通過点にすぎず、ここからさらに主従関係深めることにより、
との共同生活を楽しく、快適に過ごすことができます。

 

 

主従関係を築くしつけの方法

主従関係はただの上下関係ではありません。

自分より相手の方があらゆるにおいて上だと思わせることで、きちんとした主従関係結ぶことができます。

 

 

なので、がこの相手にならついていってもいいと思うような行動や
しつけをしなければなりません。

よって、暴力によるしつけ必要以上の恐怖心を与え、
返って飼い主わなくなってしまうので絶対にやってはいけません

 

 

主従関係結び方にはいくつか種類があります。

犬種犬の年齢によって効果が良く表れるしつけの仕方なってきます。

 

 

なので、ここではどの犬種のどの年齢にも効果があるしつけの方法説明します。

まず、やらなければならないことは必要以上犬を甘やかしてはいけないということです。

 

 

主従関係がうまく結べていない飼い主によくありがちな行動で、
えてきたら犬の欲するものを与えるというものがあります。

 

 

例えばご飯時間ではないのにご飯しがると与えたり、
散歩の時間ではないのに犬が散歩に行きたそうにすると連れて行ったりなどの行動がこれにあたります。

 

 

これらの行動主従関係ぶうえで最もやってはならない行動です。

これらの行動をすることで自分の方が立場だとえるようになるからです。

なので、主従関係ぶうえでの基本は時間を守らせることにあります。

 

 

ご飯時間散歩時間ゲージに入れる時間などをきちんと守らせ
それ以外の時間ではこれらの行動をしないようにしなければなりません。

また、が座っているソファーいすなどにが上がると注意することも必要です。

 

 

これらの行動一見単純効果がないように思われがちですが、
との主従関係を結ぶうえでとても重要になってきます。

つまりこれらの行動も立派なしつけ一部というわけです。

その上で、犬種年齢に合わせたしつけをすることで、より効果のあるしつけになります。

 

 

 

 

犬との主従関係を築くしつけのポイントまとめ

犬との主従関係を築くしつけのポイントとは?

 

 

との間に主従関係結ぶことはとても大切なことです。

主従関係がきちんとべていないと危害を加えたり、
トラブルを起こしたりする原因になってしまいます。

 

 

なので、犬との快適な共同生活を送るうえで主従関係はとても大切なものなのです。

との間に主従関係を結ぶ際に重要になってくるのが時間を守らせることです。

基本的なことですが、主従関係を知らせるうえでとても必要なことです。

 

 

また、しつけの際に暴力を振るわないようにしなければいけません。

暴力をふるうことで返ってきちんとした
主従関係を結ぶのが困難になってしまう原因になってしまう場合があるからです。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル