犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬がお留守番で感じるストレスを軽減するには?飼い主ができることは?

犬を飼っている家庭で、犬にお留守番をさせたことがない飼い主はいないのではないでしょうか。

どれだけ犬と一緒に過ごす時間を大切にしていたとしても、
犬にお留守番をさせなければならない時というものはあります。

しかし、犬にお留守番をさせることは犬にとってとても大きなストレスになってしまうのです。
 

犬がお留守番で感じるストレスを軽減するには?飼い主ができることは?

 

 

では、このようなお留守番ストレスにはどのように対処すればよいのでしょうか。

今回は、犬のお留守番によるストレスについて説明していきます。

 

 

 

 

犬はお留守番中にどれくらいストレスがたまるのか

犬はお留守番によって大きなストレスをためてしまいますが、
お留守番をする時間によってもたまるストレスというのは変化していきます。

 

 

お留守番の時間が長ければ長いほどストレスはたくさん溜まってしまうのです。

このようにお留守番の時間が長くなってしまうと、
犬は大きなストレスをためることとなり、結果としてストレスが行動として表れてしまうのです。

 

 

飼い主が外出から帰ってきた後に家の中を見ると、家の中が散らかっていたり
カーペットなどがぐちゃぐちゃになっていたりすることがあると思います。

 

 

これらの行動もお留守番のストレスからくるものなのです。

このようにストレス極限まで達してしまった場合、行動に出るだけでなく、
犬の体調にも変化を来してしまうこともあります。

 

 

ストレスを和らげるために自らの皮膚を舐めすぎて皮膚病になったり、
下痢になったり、嘔吐をしてしまったりといった症状が出る可能性があります。

 

 

中にはお留守番程度でそこまでひどい事にはならないと
考えている人もいるかもしれませんが、犬は人間が考えているよりも孤独を嫌う生き物なのです。

 

 

常に集団として行動をしてきた犬にとっては一匹でジッとしているということが
この上ない苦痛となってしまうのです。

なので、このような症状が出てきてしまうことも珍しくありません。

 

 

犬のお留守番のストレスを軽減させる方法

とはいっても、一日中犬と一緒にいるということも難しい事となっています。

では、どのようにすれば犬がお留守番で感じるストレスを軽減させることが出来るのでしょうか。

 

 

ストレスを軽減させる方法の一つとして、
飼育するペットの数を増やすという方法が挙げられます。

 

 

飼育するペットの数を増やすことにより、犬が孤独を感じることもなくなり、
お留守番をしている時に感じるストレスを軽減させることができます。

 

 

また、他にも犬にお留守番をさせる時にゲージなどに入れるという方法もあります。

この方法はただ単に犬がお留守番をしている時に暴れまわるのを防ぐだけでなく。

 

 

犬のストレスを軽減させることが出来るようになっています。

犬は広いスペースにいる時よりも狭いスペースにいる時の方が落ち着きやすいとされています。

 

 

なので、ゲージに入れることにより、
犬に与えるストレスを軽減させることが出来るわけです。

 

 

犬にお留守番をさせるうえで重要なこと

犬をお留守番させるうえで重要なことがあります。

それが、食事
トイレといった生きるために必要なものをきちんと用意してあげることです。

 

 

特に水や食事は用意していなければ、犬が衰弱してしまうこともあるので、
お留守番をさせる時間にかかわらずきちんと用意しておくようにしましょう。

 

 

また、お留守番させるときにトイレもきれいにしておいてあげるようにしましょう。

このような細かな点についてもきちんと準備をすることにより、
犬のお留守番中のストレスを軽減させることにもつながります。

 

 

もちろん、これらの水や食事、
トイレの用意をしているからといって長い時間お留守番をさせることは好ましくありません

 

 

お留守番の時間はどれだけ長くても半日程度までにしておくようにしましょう。

24時間以上お留守番をさせなければならない時には、
ペットのホテルなどを利用するというのもひとつの手です。

 

 

もちろん、知人に預けられる時にはそのようにするのもアリです。

少なくとも誰かの目で見られる状況にしておくようにしましょう。

 

 

そうしていなければ、
犬が急激な体調不良を起こした時に対応することが出来なくなってしまいます。

 

 

 

 

犬がお留守番で感じるストレスを軽減するために飼い主ができることのまとめ

犬がお留守番で感じるストレスを軽減するには?飼い主ができることは?

 

 

犬を飼っているとどうしても犬にお留守番をさせなければならないことはあります。

しかし、犬は人間が想像している以上にお留守番によって大きなストレスを受けてしまいます。

 

 

なので、できるだけストレスを軽減できるようにいろいろな工夫をしてみましょう。

また、犬にお留守番を長時間させなければならない時には、
ペットホテルなどを利用することも視野に入れるようにしましょう。

 

 

そうすることで飼い主は家で犬をお留守番させるときよりも安心することが出来ますし、
犬も家で孤独にお留守番をするよりも感じるストレスを軽減させることができます。

以上のような点に留意して犬をお留守番させるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル