犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬にお留守番させる時、電気は付ける?それとも消した方がいい?

犬にお留守番をさせる時に電気は付けておいた方がいいのか、
ということで悩んだことはないでしょうか。

 

 

午前中やお昼頃などの明るい時間帯にお留守番をさせるときにはあまり気にしないことですが、
夕方や夜になって暗い時に犬にお留守番をさせる時には、
電気をつけるべきかどうかで悩んでしまうこともあると思います。
 

犬にお留守番させる時、電気は付ける?それとも消した方がいい?

 

 

今回はそのような悩みについて、
犬にお留守番をさせる時に電気をつけておく方がよいのかということを説明していきます。

 

 

 

 

犬にお留守番をさせる時に電気を付けた方がいいのか

基本的に犬がお留守番をしている時に電気は付けなくても良いと考えられています。

なぜ、犬のお留守番中に電気を付ける必要がないのかについて説明していきます。

 

 

まず、一つに犬はお留守番をしている時のほとんどの時間を
寝て過ごしているからという理由が挙げられます。

 

 

ほとんどの時間を寝て過ごしているため、電気をつけておく必要があまりないのです。

また、二つ目に犬は夜間視力が人間よりもずっと優れているということが挙げられます。

 

 

夜間視力は、犬が暗い中でどの程度の視力があるかということを表しているのですが、
犬はこの夜間視力が人間よりも何倍も優れているため、
たとえ電気がついていない状況で暗くなったとしても、ものが見えなくて困るということがないのです。

そのため、犬にお留守番をさせている時にわざわざ電気を付けておく必要はないのです。

 

 

犬のお留守番中の電気は消しておくべき?

前述した通り、犬はお留守番中のほとんどの時間を寝ている、
また、夜間視力が優れているためわざわざ電気を付ける必要はないのですが、
では、犬にお留守番をさせている時に電気は消しておいた方が良いのでしょうか。

 

 

犬は環境の変化に対してとても敏感な動物であるということができます。

そのため、無理にいつもと違う状況を作り出すことによって、
むしろ犬に対して大きなストレスを与えてしまう原因にもなりかねません。

 

 

なので、もし、いつも犬にお留守番をさせている時に電気を付けているのであれば、
これからも電気をつけておく方が良いですし、お留守番をさせる時に電気を消している場合
そのまま電気を消すようにしておく方が犬にとっては安心できるのです。

 

 

なので、犬にお留守番をさせる時に必要なことは、電気をつけておくか消しておくかということではなく、
どれだけいつも通りの環境を維持できるか重要なことになってくるのです。

 

 

犬お留守番中のストレスの軽減方法

犬は環境が変化してしまうとストレスを感じてしまう動物です。

そのため、いつも電気が付いていたのに急に電気をつけなくなったり、
その逆になったりしてしまうだけでもストレスを感じてしまいます。

 

 

では、犬がお留守番をする時に感じるストレス軽減させるには
どのようなことに注意をすればよいのでしょうか。

 

 

まず、方法の一つとして、
お留守番をさせる前にたくさん遊んで犬にある程度の疲労感を与えておくということが挙げられます。

 

 

こうすることで、犬はお留守番をしている時に睡眠をとる時間が通常より長くなり、
お留守番をすることにより受けるストレスも軽減させることができます。

 

 

また、ストレスを軽減させる方法の一つとして、
お気に入りのおもちゃを用意しておくという方法もあります。

 

 

お気に入りのおもちゃを一つでも用意しておけば、犬がストレスを感じた時におもちゃで遊ぶことにより、
ストレスを軽減させることができます。

 

 

他にも、方法としてお留守番をさせる時に犬に対して何も言わずに
気づかれないようにこっそり外出をするということも挙げられます。

 

 

犬に気づかれないようにこっそりと外出をすることで、
犬は飼い主の不在に対して抱く不安感を減少させることができます。

 

 

そうすることで、犬の受けるストレスも比例して軽減させることができます。

犬は少しの環境の変化でもストレスを受けてしまいます。

 

 

そのため、お留守番をするだけであっても
個体によっては想像を絶するようなストレスを受けることもあります。

 

 

なので、飼い主は犬にお留守番をさせる時になるべく犬にストレスを与えないように
注意する必要があります。

そうすることで、結果的に犬にとっても飼い主にとってもいい方向に働いていきます。

 

 

 

 

犬にお留守番させる時、電気は付けるか消した方がいいかのまとめ

犬にお留守番させる時、電気は付ける?それとも消した方がいい?

 

 

犬にお留守番をさせる時には
電気を付けた方がいいやつけない方がいいといったことはあまり関係ありません。

犬にお留守番をさせる時に重要なことは犬が慣れている環境を変えないことです。

 

 

なので、これまで犬にお留守番をさせる時に電気を消していたので
あればそのまま消すようにした方がいいですし、
電気を付けてお留守番をさせていたのならこれからも電気をつけたままにしておいた方がいいのです。

 

 

また、電気だけでなく、いろいろな方法を取ることにより、
犬が受けるストレスを軽減させることができます。

 

 

犬がストレスを受けないようにするにはどうすればよいかということをきちんと考えて、
お留守番の準備をしてあげるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル