犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の犬種を10にグループ分け(JKC)【2G】使役犬の基本情報!

世界にはとても多くの犬種が存在します。

そんなたくさんいる犬種の中で198犬種JKCは登録しており、
その登録している198犬種10のグループに分けています。
 

犬の犬種を10にグループ分け(JKC)【2G】使役犬の基本情報!

 

 

グループの分け方犬種の形態や用途基準にしています。

2グループには使役犬がグループ分けされています。

この2グループに分類されている使役犬の基本的な情報について説明します。

 

 

 

 

【2G】使役犬とはなにか

使役犬とは人間の特定用途のために利用される犬のことです。

使役犬という呼び方の他にも職業犬という呼び方をされることもあります。

使役犬の主な仕事として猟犬軍用犬として働きます。

 

 

警察犬使役犬に含まれます。
使役犬仕事は多岐にわたり、盲導犬セラピードッグ地雷探知犬使役犬です。

使役犬になる為には訓練をする必要があるので、
警察犬盲導犬専用訓練施設訓練を積みます。

 

 

訓練施設には使役犬を弔うための慰霊碑が作られている場合があり、
そのような場所では定期的慰霊祭が行われています。

 

 

【2G】使役犬に分類されている犬種

JKC2グループに分類されている使役犬には33犬種が登録されています。

登録されている犬種の中には日本原産地である土佐犬も含まれています。

 

 

土佐犬用途は主に番犬として用いられており、
歴史上では闘犬として用いられていたこともあります。

 

 

また、原産地ドイツであるドーベルマン使役犬に登録されています。

ドーベルマンは非常に優秀な警備犬なので、幅広く使用されており、
正式に警察犬として認められています。

 

 

他にもセント・バーナード使役犬に登録されています。

セント・バーナードスイス原産地であり、救助犬の代表とされています。

 

 

また、現在では護衛犬としても利用されています。

これらの犬種の他にも、エストレラ・マウンテン・ドッグなどの
マウンテン・ドッグやジャイアント・シュナウザーなどの犬種
この2グループの使役犬に分類されています。

 

 

ドゴ・アルヘンティーノは用途が他の犬種と少し違い、
大型獣猟犬として利用されています。

このように使役犬は良く知られている犬種からあまり知られていない犬種まで様々います。

 

 

また、使役犬の仕事も多く、いろいろな場所活躍しています。

このような使役犬にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

【2G】使役犬の特徴について

使役犬に登録されている犬種には使役犬として働くうえで様々な特徴を持っています。

例えば警察犬になる犬種においを嗅ぎ分けなければならないため
嗅覚が他の犬種より発達しています。

 

 

また、追跡行動などもするため足が速いです

このような特徴を持っている犬種訓練することにより警察犬になることができます。

救助犬の場合は、おぼれた人を救助するために水泳能力必要です。

なので、他の犬種よりも水泳が上手であるという特徴があります。

 

 

また、足場の悪い場所探索する必要もある為、
他の犬種よりも強い足を持っている特徴があります。

介助犬に選ばれている犬種には性格が温厚であるという特徴があります。

介助犬の場合介助する人によって必要な能力が異なります。

 

 

なので、介助犬になる犬種には様々な特徴があります。

このように、使役犬仕事によって持っている特徴なります。

 

 

このような様々な特徴を持っている犬種をきちんと訓練することにより
使役犬として働くことが出来るようになります。

 

 

 

 

【2G】使役犬のまとめ

犬の犬種を10にグループ分け(JKC)【2G】使役犬の基本情報!

 

 

犬は長年、人間の生活を支えてきました。

特にこの使役犬に分類されている犬種は現在でもとても重要な役割を果たしています。

 

 

使役犬には30種以上犬種が登録されています。

シェパード土佐犬といった日本人にもなじみのある犬種
エストレラ・マウンテン・ドッグのようにあまり知られていない犬種もいます。

 

 
使役犬人間特定用途のために利用されます。

警察犬盲導犬介助犬などが使役犬仕事としてあります。

 

 

このような仕事をするうえで使役犬はとても大変な訓練を受けます。

警察犬盲導犬になるための訓練を受ける訓練施設があり、
そこで訓練の課程クリアすることで使役犬として働くことができるようになります。

この訓練の段階で脱落するもたくさんいます。

 

 

使役犬に分類されている犬種には様々な特徴があります。

その特徴仕事によって異なります

泳ぐ必要がある場合は水泳能力他の犬種より高いという特徴がある犬種が選ばれます。

 

 

警察犬の場合には嗅覚が優れている必要があるので
他の犬種よりも鼻がよいという特徴があります。

このようにさまざまな特徴がある犬種使役犬に登録されており、
JKCの10のグループ分けでは33犬種2グループ使役犬分類されています。

 

 

使役犬ペットとは違う形人間生活を支えており、
現在でも使役犬必要としている人は多く存在します。

 

 

人間と犬の関わり方はただのパートナーとしてだけでなく、
使役犬のように様々な形を取っています。

なので、これからの社会生活の中でも使役犬は人間生活を支えていくことになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル