犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の犬種を10にグループ分け(JKC)【1G】牧羊犬・牧畜犬の基本情報!

JKC国際畜犬連盟によって公認されている344犬種の中の198犬種を登録しています。

そして、この登録された犬種生存目的形態
用途によって10のグループに分けています。
 

犬の犬種を10にグループ分け(JKC)【1G】牧羊犬・牧畜犬の基本情報!

 

 

1Gには牧羊犬・牧畜犬が登録されています。

牧羊犬・牧畜犬とは一体何なのでしょうか。

 

 

また、牧羊犬・牧畜犬にはどのような犬が登録されているのでしょうか。

今回は1Gに登録されている牧羊犬・牧畜犬について説明します。

 

 

 

 

【1G】牧羊犬・牧畜犬とは何か

牧羊犬・牧畜犬とは、牧場で放牧している羊などの家畜の群れを見張ったり、
誘導したりするように訓練された作業犬のことです。

他にも盗難や他の動物からの捕食を阻止する働きもします。

 

 

牧羊犬・牧畜犬は大昔から働いており、
紀元前4300年前地層からも牧羊犬・牧畜犬発見されています。

もともとは家畜見張るための役割を担っていましたが、
次第に家畜の群れを誘導する役割も担うようになりました。

 

 

役割の拡大に伴い牧羊犬・牧畜犬に選ばれる犬も機敏な犬種になるようになりました。

牧羊犬・牧畜犬は最初、ペットとして飼われることはなく、
牧羊・牧畜での働きがほとんどでしたが、近年ではペットとして飼われることも多くなっています。

では、牧羊犬・牧畜犬に登録されている犬種にはどのようながいるのでしょうか。

 

 

【1G】牧羊犬・牧畜犬に登録されている犬種

1グループに登録されている牧羊犬・牧畜犬に登録されている犬種は30種あります。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークウェルシュ・コーギー・カーディガン
牧羊犬・牧畜犬の中でも比較的知名度く、知っている人も多い犬種です。

 

 

また、オールド・イングリッシュ・シープドッグなどのシープドッグ
牧羊犬・牧畜犬として有名です。

 

 

シープドッグ多くの毛で体が覆われており、
一見、牧羊犬・牧畜犬とは思えませんが、高い知能屈強な肉体を持っているため、
ヨーロッパ牧羊犬代表とも言われている犬種になっています。

 

 

他にもボーダー・コリーなどやオーストラリアン・シェパードなども
牧羊犬・牧畜犬に含まれています。

このように様々な犬種牧羊犬・牧畜犬に登録されていますが、
牧羊犬・牧畜犬に登録されているにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

【1G】牧羊犬・牧畜犬の特徴

牧羊犬・牧畜犬に選ばれている犬種には特徴があります。

牧羊犬・牧畜犬は家畜の見張りや誘導が主な仕事なため高い知能が必要です。

 

 

なので、牧羊犬・牧畜犬に選ばれている犬種はどの犬種高い知能を持っています。

また、など他の動物から家畜を守らなければならないため、強靭な肉体も必要です。

 

 

他にも家畜の群れを誘導する際に機敏に動かなければいけないため、
活発な性格の犬種牧羊犬・牧畜犬に選ばれています。

牧羊犬・牧畜犬役割により使い分けがされます。

 

 

他の動物から家畜守ったり
家畜監視したりする役割を担う牧羊犬・牧畜犬には大型犬が選ばれます。

家畜の群れを誘導する役割を担う牧羊犬・牧畜犬中型犬小型犬が選ばれます。

 

 

このように役割によって牧羊犬牧畜犬は使い分けられていますが、
近年では安全の管理技術向上してきているため、
このような使い分けがされることがなくなっています。

 

 

このような牧羊犬・牧畜犬の役割の変化が原因で、
現在では牧羊犬・牧畜犬として飼われてきた犬種ペットとして
飼われることが多くなっています。

日本でもシープドッグコーギーなどは人気があります。

 

 

 

 

【1G】牧羊犬・牧畜犬のまとめ

犬の犬種を10にグループ分け(JKC)【1G】牧羊犬・牧畜犬の基本情報!

 

 

JKC1G牧羊犬・牧畜犬を登録しています。

牧羊犬・牧畜犬はずっと昔から牧羊、牧畜で使われています。

 

 

牧羊犬・牧畜犬に登録されている犬種には日本でも有名ペットとして
飼われているコーギーシープドッグのほかに、
シェパードコリーといった犬種もいます。

 

 

これらの牧羊犬・牧畜犬に登録されている犬の特徴として、
高い知能を持っているということと、強靭な肉体を持っていること、
活発であることなどが挙げられます。

 

 

また他にも、毛が長い犬種多いというような特徴もあります。

このような特徴が必要なのは家畜の群れを誘導する必要があり、
家畜らなければならないからです。

 

 

なので、家畜を守るための牧羊犬・牧畜犬家畜の群れを誘導する
牧羊犬・牧畜犬必要な能力によって役割が分けられています。

ですが、近年ではこのような役割分担をすることもなくなりました。

 

 

その理由は安全管理技術向上してきたところにあります。

これまでは、牧羊犬・牧畜犬が担っていた仕事を機械に任せたり、
周囲の環境が変わったりしたので、
牧羊犬牧畜犬役割分担して家畜を守る必要がなくなったのです。

 

 

このような時代変化の背景があり、今では牧羊犬・牧畜犬として飼われていた
ペットとして飼われることも少なくはありません。

 

 

日本でも、外国で牧羊犬・牧畜犬として飼われていた犬種
ペットとして飼っている人は多くいます。

日本ではコーギーシープドッグといった犬種ペットとして人気になっています。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル