犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の視力が低下したと感じたら!その原因と考えられる病気は?

が年を取ってくると目の焦点が合っていないと感じることや、
どこを見ているのかわからないと感じたことはないでしょうか。

このような兆候がある場合、犬の視力が低下していると考えることができます。

 

 

はもともと視力があまりよくないため、
一度視力が低下してしまうと途端に目が見えなくなってしまいます。

今回は犬の視力低下の原因について説明していきます。
 

犬の視力が低下したと感じたら!その原因と考えられる病気は?

 

 

 

 

犬の視力が低下してしまう原因

犬の視力が低下してしまう原因はいくつかげられます。

犬の視力低下原因はほとんどが病気となっています。

 

 

加齢による目の衰えからくる視力低下もありますが、加齢による衰えの場合
視力低下がゆっくりと起こるので、犬の行動が急に不自然になることもなく、
あまり問題はありません。

 

 

しかし、病気が原因の場合は急に視力が低下するため、犬の行動異変が起こります。

犬の視力低下させる病気で最も発症しやすいものが緑内障です。

 

 

緑内障先天的なものと後天的なものがあり、明確な予防法のない病気です。

緑内障になってしまうと目に強烈な痛みが出てしまうため、瞼が痙攣してしまいます。

 

 

また、緑内障病気であるにもかかわらず、
その強烈痛みから食欲の低下嘔吐などの症状併発してしまいます。

緑内障放置してしまうと最悪の場合、失明する場合もあります。

 

 

なので、緑内障になった場合には早急治療を行わなければなりません。

緑内障の他にも白内障原因視力が低下することがあります。

 

 

白内障緑内障のように痛みを伴うことがないので、
発症しているかどうかが分かりにくい病気です。

白内障になった場合、視力が急激に低下する場合ゆっくりと低下する場合があり、
進行度によって様々です。

 

 

白内障発症する原因加齢によるものがほとんどなので、
がある程度の年齢に差し掛かったら白内障になっているかどうかの確認をするようにしましょう。

 

 

犬の視力が低下しているか調べる方法

犬の視力は様々なことが原因低下します。

視力低下原因が病気である場合にはすぐに病院で治療しなければ
失明する恐れもあるので、犬の視力が低下しているか定期的に調べる必要があります。

 

 

犬の視力が低下している場合には行動れます。

目の前にあるにぶつかるようになった場合には視力が低下している可能性があります。

犬の視力が低下しているかもしれないと思った場合には
犬の目の前げてみてください。

 

 

げたものを犬が目で追った場合には
そのものを目でとらえているということになりますが、もし無反応だったり、
げたものが地面落ちてから気づいたりした場合には視力が低下しています。

 

 

また、犬の瞳孔を確認する方法もあります。

明るい所暗い所瞳孔伸縮具合を見て、伸縮の度合いが少ない場合
をうまく認識できていないことになります。

 

 

このような症状が出た場合には病院に行き、診察してもらうようにしましょう。

犬は視力が低下しても嗅覚聴覚視覚うため、
飼い主が少し見たくらいでは視力が低下しているのかの判断をすることがとても難しいです。

 

 

なので、視力低下定期的に行い、
きちんと見えているのか確認するようにしましょう。

 

 

犬の視力が低下した時に飼い主が気を付けること

犬の視力低下した原因加齢である場合には対処法はありませんが、
もしも病気原因視力が低下している場合にはすぐに病院に行って治療をしてもらうようにしましょう。

 

 

病気治すことで低下していた視力が元に戻ることがあります。

病気原因視力が低下しているならに何らかの異常がでます。

 

 

その異常をきちんと見極め、少しでも早く病院に連れて行ってあげるようにしましょう。

目の病気はどれだけ早く治療ができるかによってその後の視力にも大きな変化が生じます。

 

 

犬の視力加齢によって低下してきた場合には飼い主はなるべくそばにいてあげるようにしましょう。

見えなくなることはにとっても大きなストレスになります。

 

 

飼い主がそばにいることで安心することが出来るのでストレス
減少させることにがります。

 

 

また、家具の配置をなるべく変えないようにすることで
にぶつかるリスクを軽減することができます。

はある程度家具の配置えているので、
視力が低下しても家具にぶつからないように歩くことができます。

 

 

しかし、家具の位置変わっているとぶつかってしまう場合があるので、
犬の視力低下し始めたと感じたらなるべく家具を動かさないようにしましょう。

 

 

 

 

犬の視力が低下した原因と考えられる病気のまとめ

犬の視力が低下したと感じたら!その原因と考えられる病気は?

 

 

犬の視力低下原因は大きく分けて、病気によるものと加齢によるものがあります。

加齢による視力低下は必ず起こる為、防ぎようがありませんが、
病気が原因視力低下はきちんと治療することで改善することができます。

 

 

が出す視力低下サイン見逃さないようにして、
犬の視力低下していると感じたらすぐに病院治療するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル