犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の年齢のギネス記録をご紹介!こんなに長生きできるの?

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

犬の平均寿命について、あなたはどれくらいご存知でしょうか―
犬種や病気の有無によっても異なりますが、大型犬よりも小型犬の方が
平均寿命は長い、というのは良く知られていますよね。

ですが、その実際、犬の平均寿命には、上記2つの情報以外にも
あらゆる要因が関係していると言えます。

 

 

もちろん、犬の中には平均寿命以上に生きる個体も多いですが
その中でも、さらに長く生きている犬がいるということ。

そこで今回は、犬の年齢ギネス記録を持っている
ご長寿犬について、気になる特徴をご紹介していきましょう!

 

 

犬の年齢のギネス記録

犬の年齢のギネス記録をご紹介!こんなに長生きできるの?

 

 

2021年現在、犬の年齢に関するギネス記録としては
多くの犬が登録されていますが、中でも、世界最高齢の記録を持つ犬は
どのような個体であるのか、気になるところですよね。

ずばり、世界最高齢のギネス記録を保持しているのは
イギリスで育てられた、ラブラドール・レトリバーです!

 

 

ラブラドール・レトリバーの平均寿命は、10年から14年ですが
こちらの犬の年齢は、「29歳と193日」となっています。

この事実から考えると、世界最高齢のラブラドール・レトリバーは
平均寿命の2倍以上も生きていることになります!

ラブラドール・レトリバーは、大型犬に分類されているので
この29歳という年齢を、人間に換算した場合、約200歳以上という
驚異の年齢であることが分かりますよね。

 

 

これらのギネス記録には、日本で飼育された犬も9位に登録されており
こちらの年齢は「26歳と248日」で、同じく平均寿命の約2倍の年月を
生きていることが分かります。

さらに、ギネス記録にこそ登録されていないものの
長寿犬という括りで世界を見渡すと、オーストラリア出身で30歳の
マギー君」もまた、有名であると言えます。

このように、平均寿命よりも長く生きる犬は、たしかに多く存在しますが
では一体なぜ、これほどまでに長く生きられるのでしょうか?

 

 

犬が長生きするための秘訣

そもそも、犬を長生きさせるために必要なことは、人間同様犬においても
いくつかのポイントがありますが、今回は、以下3つのポイントに分けて
それぞれの詳細をチェックしていきましょう

犬が長生きするための3つのポイント

  • ①食事
  • ②適度な運動
  • ③日常生活

 

 

①食事

かつての犬の食事は、人間と同じものを与えていましたが
2021年現在では、人間の食べ物を犬に与えることで、犬自身の健康に
害をもたらすケースが増え、推奨されなくなりました。

 

 

このように考えられ始めた理由として、人間の食事は犬にとって
塩分量などが多く、全体的に味が濃いことが挙げられます。

犬は、必要な栄養素が犬種毎に異なるので、人の食事を与えても
十分に栄養を摂取できなかったり、不要な栄養素を過剰に摂りかねないので
人間と犬の食事内容は分けるべきである、とされるようになりました。

また、犬の栄養に関する研究も進んでおり、ドッグフード自体も
日々進化しているので、犬の身体に合わせて作られた、犬用の食べ物
与えてあげるように心がけておきましょう。

 

 

②適度な運動

犬にはそれぞれに適切な運動量があり、その運動を適度に行わせることも
犬の長寿を実現する上では、非常に重要であると言えます。

 

 

犬は運動により、ストレスを解消する側面もあるので、その意味でも
適度な運動は、犬の身体の健康に加え、心の健康にも効果をもたらします。

犬に必要な運動量は、犬種や大型犬・小型犬によっても異なるので
必要な運動量については、事前に調べるようにしましょう。

 

 

③日常生活

また、食事や運動量だけでなく、日常生活の中でも
いろいろなことに気を付けてあげたいところ。

怪我をしないように気を付けたり、定期的に健康診断に行く
というのも、犬の長生きに繋がってきくるので
ぜひ意識的に、これらの取り組みを実践してみましょう。

 

 

犬種ごとの平均寿命について

犬の年齢のギネス記録をご紹介!こんなに長生きできるの?

 

 

では最後に、犬の中でも、平均寿命が長い犬種
どの犬種であるのかについて、ご紹介していきましょう!

 

 

最も平均寿命が長い犬種とされているのが
小型犬のイタリアン・グレイハウンドです。

イタリアン・グレイハウンドは、日本では知名度の低い犬種ですが
世界的には有名な犬種の1つであり、平均寿命が15歳と
犬の中で唯一、平均寿命が15歳を越えている犬種となっています。

 

 

また、2番目に平均寿命が長い犬種として
ミニチュア・ダックスフントトイ・プードルの2種類が挙げられ
これらの犬種の平均寿命は、14.7歳となっています。

これらの種類は、日本でも人気の犬種であり
飼育しているという家庭も、多いのではないでしょうか?

 

 

この他、4位には、日本が原産国である、柴犬が入っており
平均寿命は14.5歳とされています。

ちなみに柴犬は、中型犬の中で、最も平均寿命が長い犬種
となっているのが、1つの特徴であると言えます。

 

 

犬の年齢のギネス記録にまつわるまとめ

ここまで、の中でも、最高齢のギネス記録を保持している
ご長寿犬についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

犬は育て方によって、その寿命が大きく変わってくる
非常に繊細な生きものであると言えます。

 

 

犬の平均寿命は、概ね10歳から14歳ですが、ギネス記録に登録されている
ご長寿犬の場合、平均寿命の約2倍の年数を生きている
なんてことは、決して珍しくないことが、よく分かりますよね。

だからこそ、愛犬を長生きさせてあげるためにも
重要なポイントと言えるのが、食事や運動、生活習慣などであり
これらに気を付けて飼育するだけでも、平均寿命は格段に伸びます。

 

 

犬種の中では、トイプードルやミニチュアダックスフントなどが
日本でも常に人気が高く、平均寿命も長いとされていますが、どの犬種でも
きちんと育てれば、平均寿命以上に長生きする可能性は、十分にあります。

なるべくは、犬のことを考えながら育ててあげつつ
少しでも長い間、一緒に暮らしていけるように
飼い主さんも楽しみながら、日々の生活を振り返ってみましょう。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク