犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬の遠吠えについて~遠吠えをする意味やその理由をご紹介~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

を飼っていると、愛犬が遠吠えをしてしまう
という飼い主さんは、意外にも少なくないところですよね。

飼い主さんとしてはもちろん、周辺や近隣の住民としても
時に騒音問題に発展してしまう、犬の遠吠え―

 

 

では、そもそもなぜ、犬が遠吠えをしてしまうのか
不思議に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、この犬の遠吠えにフォーカスしつつ
その意味や理由に加え、気になる対策方法についても
ご紹介していくので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

犬が遠吠えをする意味

犬の遠吠えについて~遠吠えをする意味やその理由をご紹介~

 

 

そもそも、犬の遠吠えには、特定の種類があり
それぞれに異なる意味を持っています。

こちらでは、遠吠えの意味を、以下4つに分けて
ご紹介していきましょう!

 

 

①コミュニケーション

犬の遠吠えの中で、最も多いケースであるのが
他の犬とのコミュニケーションを目的とした遠吠えであり
遠くにいる犬との、意思疎通を図っていると言えます。

 

 

②居場所の伝達

本能的な側面から、自分の居場所を周りの犬に知らせる
という意味でも、犬が遠吠えをするのは、極自然なことです。

この種の遠吠えには、狼と同じく、自分の縄張りを守る
という、原始的な効果もあります。

 

 

③ストレス発散

また、犬は一定以上のストレスが溜まり始めると
それらを発散させるための遠吠えをする傾向があります。

人間も、大きな声を出して、ストレス発散するように、犬も同じく
大きく吠えて、ストレス発散している、と言っても過言ではありません。

 

 

④寂しさ

③のストレス発散に近い意味合いになりますが
犬は、寂しい時にも、遠吠えをすることがあります。

この遠吠えは、群れからはぐれた犬ほど、よくする吠え方でもあり
飼い主がいない時などに、この吠え方をするのが、一般的な行動です。

 

 

このように、犬の遠吠えには、いろいろな意味がある
ということが分かりましたよね!

ではなぜ、犬はこうしたメッセージを、「遠吠え」というアクションで
表現してくるのか、この部分についても、確認していきましょう。

 

 

犬が遠吠えをする理由

なぜ、犬が遠吠えをするのか、非常に気になるところですが、厳密に言えば
2021年現在において、意外にも、その原因や理由は、明確に解明されていません

しかし、犬が遠吠えをする、という事象自体は
古く昔から続いていることです。

 

 

長い年月の中で培われてきた、1つの意思表示である
という観点から、犬は遠吠えによって
自分の気持ちを表している、という背景が見えてきます。

単純に、嬉しい時、悲しい時、ストレスを感じている時など
それぞれの場面において、感情を表す遠吠えは
現代においても、犬の習性として、決して珍しい光景ではありません。

 

 

また、犬は人間よりも、格段に聴力が優れているため
遠くの音に反応して、遠吠えをすることもあります。

この事実からも、犬の遠吠えは元々、遠くにいる犬との
意思疎通を目的としたものであったことが伺えます。

これらの背景に、あらゆる要素が加わり続けた結果、犬は遠吠えを通じて
感情を表すようになった、と考えられています。

 

 

犬が遠吠えをするのをやめさせる方法

犬の遠吠えについて~遠吠えをする意味やその理由をご紹介~

 

 

ここまでの内容は、犬の遠吠えにまつわる、様々な意味や
その犬の気持ちを理解するためのいくつかのポイントをお伝えしてきました。

ですが実際問題、犬を飼う場合においては
遠吠えを放置しておくと、近所迷惑にもなりかねないので
基本的には、犬の遠吠えをやめさせる必要がでてきます。

 

 

では、犬の遠吠えは、どのようにやめさるべきであるのか
犬の飼い主さんであれば、気になるところですよね。

遠吠えの原因は、「コミュニケーション」と「ストレスの発散」の
大きく2つに分けられるので、以下それぞれに焦点を当てながら
実際にそれぞれの手順を確認してみましょう!

 

 

①コミュニケーションの場合

コミュニケーションの手段として、愛犬が遠吠えをする場合は
何よりもまず、飼い主さんが接する時間を増やしてあげることが
最も効果的な対策方法であると言えます。

犬と飼い主のコミュニケーション時間が長くなるほど、必然的に
犬の寂しさが軽減され、遠吠えの回数も減らせるので、まずは
愛犬がいつ寂しさを感じるのか、しっかりとくみ取ってみましょう。

 

 

②ストレス発散の場合

愛犬がストレス発散を目的として遠吠えを続ける場合は
犬がストレスを受け難い環境を作ることが、重要になります。

犬はストレスに弱い生きものであり、少しの環境の変化からも
遠吠えの原因に繋がりかねないので、なるべく
犬がストレスを受けない環境作りを、心がけてみましょう。

 

 

遠吠えは、犬の本能的な側面が強いため、本来
それらをやめさせようとしても、結果が出づらく
非常に困難を極める場面も多いもの―

ですが、犬の遠吠えをやめさせるためにも、まずは
これら2つの根本的な原因を知り、実践しながら、それらを取り除き
改善することが、飼い主さんにできる、愛犬へのアクションです。

 

 

もちろん、犬によっては、すぐに遠吠えが治まる
という場合もありますが、基本的には無理をし過ぎず
少しずつ、遠吠えの頻度を減らすことを意識しておきたいところ。

効果の表れ方にも、個体差があることをしっかり認識した上で
愛犬と接しつつ、飼い主さんもまた、諦めることなく
楽しみながら、しっかりとしつけていくことが大切です。

 

 

犬の遠吠えをする意味や理由のまとめ

ここまでご紹介してきた通り、犬が遠吠えをする背景には
たしかにきちんとした意味、理由があることが分かりました!

それぞれの意図を知ることで、愛犬に遠吠えを止めさせる
ことにもつながっていくと言えるのではないでしょうか?

 

 

そんな犬の遠吠えですが、犬の祖先・狼の時代から
野生の世界で行われてきたものである、ということを除いては
現代においても、その厳密な意味については、解明されていません

とはいえ、犬の遠吠えには、本能的要素が大きく関係するため
遠吠えを確実に止めさせるには、やはり大きな労力が必要です。

犬の中には、全く遠吠えをしない個体もおり
遠吠えそのものにもまた、個体差があります。

 

 

犬の遠吠えを止めさせる場合には、まず第一に
なぜ犬が遠吠えをしているのかを理解し、その原因を無くす
という流れが、とても重要になってきます。

だからこそ、犬の遠吠えを止めさせるためには
きちんと犬と向き合い、愛犬がなぜ遠吠えをしているのか
という情報を、意識してキャッチしてみましょう!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク