犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬が遠吠えしない理由とは~遠吠えしない犬も存在する?~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

遠吠えをするのは、良く知られている行動の1つですが
実は、犬の中には遠吠えをしない犬種も存在するのを
あなたはご存知でしょうか?

大型犬でも小型犬でも、その犬種次第では
そもそも遠吠えをしないというのは、不思議な感覚もありますよね。

 

 

ではなぜ、犬は犬種によって、遠吠えをする犬としない犬に
分かれているのでしょうか?

今回は、そんな犬の遠吠えにまつわる、ぜひ知っておきたい
理由や犬種と合わせて、そのしつけ方法まで、ご紹介していきます!

 

 

犬が遠吠えをする理由

犬が遠吠えしない理由とは~遠吠えしない犬も存在する?~

 

 

そもそも犬は、なぜ遠吠えをするのか
その背景について、まずはお伝えしていきましょう。

犬は、様々なタイミングで遠吠えをしますが
それぞれのタイミングによって、その理由は異なります

 

 

例えば、近くから他の犬の遠吠えが聞こえてくると
遠吠えをしますが、これは他の犬との連絡を取っている
と考えるのが妥当であると言えます。

犬は本来、遠吠えで遠くにいる仲間との意思疎通を図っていたため
遠吠え自体が、本能的な部分によって引き起こされるもの。

犬自体が品種改良されていても、本能的な行動を起こすことがあり
これは他の犬の遠吠えだけでなく、救急車やパトカーなどの
サイレンの音にも同じことが言えます。

 

 

サイレンの音は、周波数が犬の遠吠えと近いため
勘違いをして遠吠えをしてしまうことも珍しくありません。

他にも、日常生活におけるストレス量が、人間に比べると
非常に多くなる犬は、ストレスの発散として、遠吠えを行う
という見解もあるほど、その効果が認められています。

そのため、生活の中でのストレスを発散する、手段の一つとして
遠吠えをすることがあります。

 

 

また、これらの理由のある遠吠えとは別に、「理由のない遠吠え
をするパターンもあります。

理由のない遠吠えとしては、主に、癖で遠吠えをしてしまう場合と
認知症が原因で遠吠えをしている場合の、2つのケースがあります。

認知症が原因で遠吠えをしている時には、他の症状が伴うことが多いので
認知症による遠吠えは、比較的容易に識別できるようになっています。

 

 

このように、犬の遠吠えには、いくつかの種類があり
それぞれに理由が異なっていることが分かりますよね。

気になる理由や、当てはまる様子があるかどうか
あなたもぜひチェックしてみましょう!

 

 

遠吠えをしない犬

次に、犬の中でも、遠吠えをする犬としない犬の違いについて
ご紹介していきます。

先述した通り、犬が遠吠えをするのは、本能や習性といった
生まれつきのものに大きく左右されることがほとんどです。

 

 

そのため、昔から存在する犬種や、それに近い犬種は
比較的遠吠えをしやすいとされています。

その一方で、品種改良が繰り返し行われている
原種とは大きく隔たりがある犬種の場合は
遠吠えをする可能性が低くなっているということ。

もちろん、犬の遠吠えには、犬種のみならず、個体差もあるため
一概には全ての犬種に当てはまる、とは断言できません
こうした基準は限りなく、多くの犬種に該当すると言えます。

 

 

品種改良が多く行われていて、原種とは大きく異なる犬種であっても
遠吠えをすることもありますし、昔から存在する犬種であっても
遠吠えをしない犬が存在するのも事実です。

あくまでも、犬種によって遠吠えをしやすい犬種と
遠吠えをしにくい犬種に分かれる、ということを認識しておきましょう。

 

 

犬の遠吠えを止めさせる方法

犬が遠吠えしない理由とは~遠吠えしない犬も存在する?~

 

 

では最後に、犬が頻繁に遠吠えをしてしまう場合には
どのように止めればよいのか、という部分を掘り下げておきましょう。

犬の遠吠えは、本能的な側面が大きいので、無理に止めようとしても
一筋縄でいかないケースがほとんどです。

 

 

そこで重要になってくるのポイントであるのが
そもそも犬が遠吠えをしない状況を作る、ということです。

犬の遠吠えの原因が、日頃のストレスである場合は
根本的に、なるべくストレスを与えない環境づくりを実践することが
遠吠えを抑える上で重要になってきます。

また、他の犬とのコミュニケーションを目的とする場合には
玩具などを使って、犬の意識を逸らしてみましょう。

 

 

このように、犬が遠吠えをしてしまう原因から
犬を遠ざける
ことによって、遠吠えを減らすように心がけることが
非常に重要なアクションになってきます。

完全に遠吠えをしないようしつける、ということは
難しいところですが、これらの方法を用いれば、ある程度は
遠吠えの頻度を抑えられるのではないでしょうか?

 

 

犬の遠吠えにまつわるまとめ

このように、は様々な状況において遠吠えをしますが
その中でも、遠吠えをしない犬が存在することがよく分かりました。

犬種や品種改良の有無によって、犬が遠吠えをするか否かは
大きくその影響を受けます。

 

 

昔から存在する犬種の場合、オオカミ的な本能を多く残しているので
意思疎通の手段として、遠吠えを使うことは珍しくありません。

一方で、品種改良を何度もされている、愛玩犬などの犬種の場合
そうした側面が小さくなるため、遠吠えも少なくなります。

また、犬種差のみならず、個体差でもその違いが生じるので
原種は必ず遠吠えをするわけでもなければ、品種改良が多い犬種だから
絶対に遠吠えをしない、というわけでもありません。

 

 

遠吠えは、しつけによってある程度は抑えられますが
実際に、完全に遠吠えを止めるのは非常に困難なことです。

ゆえに、本能的な部分が大きく作用する遠吠えを
やめないから、といって犬を叱ることは避けたいところ!

不用意に叱ることで、犬にとって大きなストレスになり
それが原因で、かえって遠吠えさせることにもつながるので
なるべく落ち着いた状態でしつけを始めてみてくださいね。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク