犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬のテンションが低い!テンションが突然下がる原因は?

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

と言えば、基本的にハイテンションなイメージがある
という方は少なくないですよね。

ですが、犬も一種の生きものなので、時には
テンションが異常に低くなってしまうこともあります。

 

 

では、このように犬のテンションが急激に下がるのには
どのような理由があるのか、気になるところですよね!

そこで今回は、犬のテンション突然下がる原因について
その特徴や理由を、紐解いていきましょう。

 

 

テンションの低い犬とは?

犬のテンションが低い!テンションが突然下がる原因は?

 

 

そもそも、人間同様、犬もまた、その種類や性格によって
通常時のテンションが異なるもの―

日頃のテンションが低い場合、その多くは
元の性格が落ち着いている犬種であると分かります。

 

 

いつものんびりしていたり、寝ている時間が長かったりと
このような性格の犬種であれば、毎日の手間はかかりにくいものの
飼い主さんとしては、少し心配にもなりますよね。

穏やかな性格や、大人しい犬種である場合は、特に問題ありませんが
裏を返せば、いつも元気な犬が、突然テンションが低くなってしまうと
飼い主さんもまた、困惑してしまいかねません。

 

 

ではなぜ、このようにハイテンションな状態が多い犬に限って
突然、そのテンションが下がってしまうのでしょうか?

気になる根本的な原因について、紐解きながら
その対処方法まで、しっかり確認していきましょう!

 

 

犬のテンションが突然下がる原因

いつも元気な犬のテンションが、突如下がってしまうのには
いくつかの原因が考えられますが、その中でも特に
その割合が高い傾向にあるのは、「病気」によるものです。

病気に罹ると、たとえ元気な犬であっても、その状態では
いつも通りのテンションを維持することが困難になります。

 

 

そんな犬の病気にもまた、いろいろな種類がありますが
病状の大小を問わず、どのような病気に罹っていたとしても
犬のテンションが下がってしまうのは、自然なこと。

だからこそ、病気が原因で、犬のテンションが下がってしまった
という場合には、なるべく早い段階での治療が大切になります。

 

 

もちろん、犬の中には、病気で下がってしまったテンションが
治療後も簡単には治らない、あるいは戻らないこともあります。

こうしたケースに陥った場合は、病み上がりによる時間薬か
そもそも病気以外が原因である場合の2つのパターンが考えられます。

 

 

では、病気以外が原因である場合
どのような時に犬のテンションが下がるのでしょうか?

ずばり、病気に加えて、その割合が高まるのは
外的損傷などの「怪我」であると言えます。

思うように動けない状態や、痛みを感じている状態であれば
病気に罹るのと同じように、ストレスを感じ
なかなかテンションが上がらなくなる、ということ。

 

 

また、犬の精神状況や、メンタル状況など、心の面に問題がある場合も
病気や怪我同様に、テンションの低さが垣間見える原因の1つです。

犬は、人間よりも繊細であるがゆえ、多くの事象から
ストレスを受けてしまう傾向にあるので、それらが原因となって
犬のテンションに影響が出ていることも、十分に考えられます。

この他、生活環境の変化や、飼い主との関係の変化もまた
飼い主さんが考えている以上に、犬への負担が大きいものになります。

 

 

こうした背景から、怪我や病気以外の原因で
犬のテンションが低下している場合は、ストレス値が高い状態である
という可能性を、きちんと視野に入れておきたいところ!

ストレスが原因である場合、そのまま放置しておくと
病気や悪習慣など、さらなる大きな問題を引き起こす原因にも
なりかねないので、それぞれに適応した対処をする必要があります。

では最後に、そんな犬のストレスを軽減させるための
気になる方法を、確認していきましょう。

 

 

犬のストレスを取り除きテンションを戻す

犬のテンションが低い!テンションが突然下がる原因は?

 

 

ストレスが原因で、テンションが下がっている場合は
犬からそのストレスを取り除いてあげることで
テンションを戻せる可能性があります。

では、ストレスを取り除くためには
どのようなことを、すべきであるか、飼い主さんであれば
ぜひ知っておきたいところ。

 

 

まず、ストレスを取り除く上で、最も重要なことは
ストレスの「原因を知ること」です。

犬が、そもそも何に対して、ストレスを受けているのか
という部分を知らなければ、それらを取り除くどころか
対処の仕方によっては、さらなる負担を強いる結果になりかねません

 

 

犬はストレスを受けやすい生きものであるため
よく調べると、ストレスの原因が1つだけではなかった
といったケースも、決して珍しくありません。

これらのストレスを、まずは知り、そして1つずつ減らしながら
取り除くことで、徐々にテンションも元に戻せるということ!

ぜひあなたも、こうした背景と対処方法を押さえた上で
犬のテンションを取り戻せるよう、日頃から愛犬の様子を
観察してみてはいかがでしょうか?

 

 

犬のテンションが突然下がる原因のまとめ

ここまでご紹介してきた通り、犬を飼育していると
愛犬のテンションが低いと感じる場面は
意外にも、少なくないことが分かります。

元からテンションが低い犬の場合は
さほど気にならないところですが、普段はテンションが高い犬の場合
突然そのテンションが下がると、飼い主側は心配になるもの。

 

 

このように犬のテンションが突然下がってしまう原因としては
病気や怪我、その他の要因など、あらゆる可能性が挙げられます。

ゆえに、飼い主さんは、いざそうした場面に遭遇した際に
なぜ犬のテンションが下がっているのかを考えながら
その原因を取り除いてあげることが大切になります。

それにより、犬のテンションを元通り近づけてあげられ
状況次第では、普段通りのテンションに戻せるということ。

 

 

特に、ストレスが原因である場合は、外見で判断できないため
原因解明まで時間を要する場合もありますが
きちんと愛犬を見てあげることで、その原因を見極められます。

だからこそ、犬のテンションが突然下がってしまった場合には
まず、犬のテンションが下がっている原因を調べましょう。

その上で、テンションが下がっている原因に合わせた対処を行えば
よりスムースに、愛犬のテンションを取り戻せるので
ぜひあなたも、その部分に着目してみましょう!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク