犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

犬が無駄吠えをする原因は何?対策や直し方はあるの?

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

犬の飼育をしていると、愛犬が急に吠え出す
というシチュエーションに陥る、という飼い主さんは
決して少なくないですよね!

犬が突如吠えてしまう行為は、「無駄吠え」とも呼ばれており
あまり良い印象を与えないものともされています。

この無駄吠えが極端に増えると、飼い主側としても
なんとか止めさせたいと考えてしまうところではないでしょうか?

 

 

ですが、犬の無駄吠えにおいては、そもそもの原因を知らなければ
一筋縄では治せない習慣である、と言っても過言ではありません。

今回は、このような犬の無駄吠えについて、気になるその原因と
覚えておきたい対策や直し方を中心に、ご説明していきましょう!

 

 

犬が無駄吠えをしてしまう原因とは

犬が無駄吠えをする原因は何?対策や直し方はあるの?

 

 

犬が急に吠えだしてしまう「無駄吠え」ですが
その原因を知る上で、まず何よりも、そこにはどのような意味があり
実際に犬は、何を伝えているのか、知っておきたいところ。

犬側のメッセージを、しっかりと理解するためにも、以下の3つから
無駄吠えの原因をチェックし、それらを無くすヒントにしてみましょう!

 

 

犬の無駄吠えの特徴① 要求吠え

これは、犬が自分の要求を、飼い主に呑ませるために行う
非常にメジャーな無駄吠えの種類であり、主に空腹時や遊びたい時など
ストレスが原因になった吠え方であると言えます。

 

 

犬の無駄吠えの特徴② 音に反応した無駄吠え

こちらは、インターホンやサイレンなど、日常生活での音
聞こえることに起因する、無駄吠えの一種です。

音に反応するがゆえの、無駄吠えではありますが
実際のところ、犬種や性格によっては、全く吠えない犬もいます。

 

 

犬の無駄吠えの特徴③ 警戒心による無駄吠え

知らない人に対する不安もまた、無駄吠えを引き起こす原因の1つで
いわゆる警戒心を抱いている時ほど、この吠え方をします。

 

 

以上が、大きく3つに分けた、犬による無駄吠えの種類ですが
同じ無駄吠えでも、異なる原因が存在することが、よく分かりますよね。

では次に、これらの無駄吠えにおける、それぞれの対策・直し方
同時に確認してみましょう!

 

 

犬の無駄吠えの対策と直し方

先にお伝えした、それぞれの無駄吠えに対する
主な対策と直し方には、実際どのようなものがあるのでしょうか?

こちらも同じく、各特徴に分けながら
その方法をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

無駄吠えの対策と直し方① 要求吠え

要求吠えに対しての、一般的な対策や直し方としは
あくまでも一貫して、スルーし続けてみることが挙げられます。

 

 

要求吠えに一度答えてしまうと、犬は自分の要求を通せるものと考え
事あるごとに、無駄吠えをしてしまいかねません。

犬が要求吠えをしていても、あえて答えず、スルーしておくことで
犬はそれらに意味がないと気づき、徐々に要求吠えをしなくなります。

 

 

無駄吠えの対策と直し方② 音に反応した無駄吠え

音に対して無駄吠えをしてしまう場合の特徴として
何よりも、基本的な部分で、音に慣れていない背景が挙げられます。

インターホンや車のエンジン音などは、日頃から何度も聞かせて
なるべく早い段階で、慣れさせてあげましょう。

 

 

そしてその際、音が聞こえても吠えなかった時には
きちんとご褒美をあげたり、愛犬を褒めてあげることで
よりスムース且つ、効果的に、対策を講じることができます!

普段の来客が少ないなど、インターホンの音に慣れる環境が整いにくい
という場合は、飼い主さんでわざと、インターホンを鳴らし
意識的に、犬がインターホンの音を聴く回数を、増やしてみましょう。

 

 

無駄吠えの対策と直し方③ 警戒心による無駄吠え

人に対して無駄吠えをする犬は、そもそも人に限らず
生きものへの恐怖心・警戒心が強い証拠であると言えます。

 

 

この場合は、あえて普段から、いろいろな人に触れ合わせて
犬の不安や緊張を、少しずつ取り除いてあげましょう。

人だけではなく、他の生きものとの触れ合いの機会を与えることで
過剰な縄張り意識も改善されるので、他の犬が近寄ることへの
無駄吠えもまた、少しずつ減らせると言えます。

 

 

このように、犬の無駄吠えには、あらゆる原因に対応する
それぞれに合った、対策や直し方が必要であるということ!

では最後に、そんな無駄吠えを、なるべくさせないようにする
しつけ」のあり方についても、ご紹介しておきましょう。

 

 

犬の無駄吠えのしつけをするうえで大切なこと

犬が無駄吠えをする原因は何?対策や直し方はあるの?

 

 

犬の無駄吠えを、根本的に直す上で、非常に重要であるのが
そもそもの「しつけ」に目を向け、根気強く対策を行うことです。

犬の無駄吠えを抑制するために、その原因や特徴
あるいは、様々な対策や直し方を紹介してきましたが
いずれの方法も、即座に効果が出るわけではありません

 

 

お伝えした対策方法はもちろんのこと
基本的に、良い癖も悪い癖も、犬を飼うということ自体
長期に渡る毎日のしつけから、少しずつ改善されていくもの。

これは、無駄吠え以外にも、他の全ての習慣・しつけに言えるので
少しのしつけで改善されなかったから、といって
無暗に愛犬を叱る、なんてことがないようにしましょう!

 

 

さらに、改善までに必要な期間もまた
犬種や、犬の性格・年齢によって大きく異なります

どのような犬であっても、まずは何より、長期間で継続させること―
これにより、あらゆる癖や習慣が
着実に改善していく、と言えるのではないでしょうか?

 

 

犬が無駄吠えをする原因と対策や直し方のまとめ

このように、犬は色々なタイミングで
無駄吠えをしてしまうことが、よく分かりましたよね!

犬の無駄吠えにも種類があり、その根本原因によっては
無駄吠えをするタイミングも異なります。

 

 

なぜ犬が無駄吠えをしてしまうか、という部分については
第一に、犬をよく観察することで特定できるものとされています。

犬の無駄吠えを改善するためには、犬がなぜ吠えているのかを
飼い主さんが理解した上で、その改善策を取る必要があるということ―

 

 

それぞれに合った改善方法で、より効果的に
無駄吠えを無くすことができます。

また、犬の無駄吠えを無くすためには、犬種にもよりますが
時として、長期間の時間を要する場合もあります。

このような時も、無駄吠えが治らないから、といって
くれぐれも、犬を叱ることはしないようにしましょう!

 

 

叱ることでストレスをかけてしまい、かえって
無駄吠えが長びいてしまうことも珍しくありません。

だからこそ、無駄吠えを抑えられた際は
その姿をしっかりと褒めてあげてくださいね。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月17日17:00~9月22日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月22日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク