犬のしぐさや行動で分かる犬の気持ちを解説!効果的な犬のしつけ方法に関しても紹介!ドックフードやペット用品、ペット保険についても紹介!

ビーグルの基礎知識 性格や特徴・平均寿命は?

ビーグル原産国イギリスの嗅覚ハウンドとなっています。

JKCのグループ分けでは第6グループに分類されています。

このビーグルは古くから存在していた犬種であり、ウサギ狩りに用いられてきました。

 

 

現在では、ウサギ狩りを行うことも少なくなり、その代わりに、
家庭犬として飼えるように少しずつ品種改良がなされています。

 

 

このようなビーグルという犬種ですが、どのような性質を持っている犬種なのでしょうか。

今回はこのビーグルという犬種について、どのような性格をしているのか、どのような特徴を持っているのか、
平均寿命はどれくらいの長さあるのかという基礎知識を説明していきたいと思います。

基礎知識を知ることでビーグルのことをもっと理解してあげるようにしましょう。
 

ビーグルの基礎知識 性格や特徴・平均寿命は?

 

 

 

 

ビーグルの性格について

ビーグルはまず、とても活発な性格をしています。

もともとはウサギ狩りに用いられていた猟犬である為、
落ち着いてじっとしていることが苦手で、いつも活発に動き回っています。

 

 

また、飼い主に対してはとても甘えがちであるという性格も持っています。

なので、言い換えれば飼い主に依存しやすい犬種であるということができます。

 

 

このような性格をしているので、飼い犬といつも一緒に遊んでいたという飼い主には
とてもおすすめの犬種であるということができます。

 

 

他にも、とても社交的な性格をしているという性格もあります。

社交的な性格をしているので、人見知りをすることもなく、初対面の人に会っても、愛想良く振舞います。

このような、社交的な性格をしているので、警戒心は低くなっています。

 

 

そのため、ビーグルという犬種は番犬などには向かない犬種であるということができます。

ですが、家庭犬としてはとても飼育しやすい犬種に含まれるのではないでしょうか。

 

 

ビーグルの特徴について

ビーグルはとても小さな身体をしており、ハウンド種の中ではもっとも小さい犬種となっています。

しかし、このように身体はとても小さいのですが、筋肉質な体形をしており、
とてもスレンダーな体形をしているということが出来る犬種となっています。

 

 

このビーグルという犬種は、
世界的に人気なキャラクターであるスヌーピーのモデルとなっていることが有名な犬種です。

 

 

スヌーピーの様な被毛色を持っていることは少ないですが、
稀に、スヌーピーのように白色黒色被毛色をしている個体も生まれることがあります。

 

 

ビーグルの被毛は黒色と茶色、白色によって構成されています。

生まれたばかりの頃には全身黒色の被毛に覆われており、
そこから年月を重ねるごとに少しずつ、被毛の色も変化してくるようになっています。

 

 

ビーグルの平均寿命について

ビーグルの平均寿命は大体12年から15年程度となっています。

この平均寿命は、他の小型犬や中型犬と比べて、平均的な寿命の長さということができます。

 

 

寿命は飼育方法によっても大きく左右されます。

では、寿命を延ばし、少しでも長い期間元気で生活ができるようにするためには
どのようなことに気を付けて、飼育をすればよいのでしょうか。

 

 

まず、ビーグルが気を付けなければならないのは関節の病気です。

この関節の病気には椎間板ヘルニアなども含まれています。

 

 

ビーグルはもともと、ある程度の大きさがある犬種を無理やり小型化しているため、
関節が少し、弱くなってしまっています。

なので、あまり関節に負担がかからないようにしなければなりません。

 

 

関節に負担を掛けないようにする方法として、
肥満にならないように気を付けるということが挙げられます。

 

 

小型の犬種は、少し食べる量が増えるだけでも肥満になる可能性があるので、
食事量に気を付けるようにしましょう。

 

 
また、運動をさせる際に、関節に負担がかかる運動を控えさせるということも挙げられます。

高い所から飛んだり、
逆に高い所に飛んだりという行動はとても関節に負担のかかる行動となっています。

 

 

なので、高い所から飛んだりしないようにきちんとしつけをしておくようにしましょう。

そうすることで、関節にかかる負担を軽減させることができます。

 

 

他にも、ビーグルは白内障緑内障といった目の病気にかかりやすい性質をしています。

なので、目の病気には気を付けるようにしなければなりません。

 

 

白内障緑内障などの目の病気が発症している場合には、犬はものにぶつかりやすくなります。

なので、犬が何もない所で急にものにぶつかるようになったりした場合には、
目の病気にかかってないか確認するようにしましょう。

 

 

 

 

ビーグルの基礎知識 性格や特徴・平均寿命のまとめ

ビーグルの基礎知識 性格や特徴・平均寿命は?

 

 

ビーグルは嗅覚ハウンドの中で最も小さい犬種です。

とても活発な性格をしており、社交性もあるため、飼育しやすい犬種であるということができます。

 

 

ビーグルには、かかりやすい病気や気を付けなければならない病気があるので、
飼育をする際にはきちんと注意をしてあげるようにしましょう。

 

 

寿命はあまり短くない犬種なので、このような病気に気を付けることにより、
長い期間一緒にいることができます。

 

 

 

 

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

    None Found

 

 

楽天市場

サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

楽天トラベル